映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマを通して、もっと映画を好きになれるブログ

映画『千と千尋の神隠し』あらすじ&登場人物【ハクや坊、カオナシの声優は誰?】

  当サイトにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク

映画『千と千尋の神隠し』あらすじ&登場人物【ハクや坊、カオナシの声優は誰?】

宮崎駿 監督、こんしんのファンタジー!

歴代興行収入の記録をぬりかえ(公開当時)、アカデミー長編アニメ映画賞をも受賞した映画『千と千尋の神隠し』が、地上波テレビ放送されます。

 

この記事では、『千と千尋の神隠し』のあらすじと登場人物、声優についてご紹介します。

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』地上波放送(2024)はいつ? 英語タイトルの意味は?

『千と千尋の神隠し』は、2001年の日本のアニメ映画。

「不思議の町」に迷いこんだ少女が、元の世界に帰るために試練に立ち向かうファンタジーです。

映画『千と千尋の神隠し』概要
英語タイトル Spirited Away
上映時間 124分
監督

宮崎駿(みやざき はやお)

原作 宮崎駿
音楽

久石譲(ひさいし じょう)

主題歌 木村弓(きむら ゆみ)「いつも何度でも」
興行収入 304億円(2016年のリバイバル上映をふくめると、316億円)
声の出演 柊瑠美、入野自由、夏木マリ
映画 『千と千尋の神隠し』のテレビ放送は、2024年1月5日(金)。日本テレビ系列「金曜ロードショー」にて。
21:00 ~ 23:34

(出典:アンク@金曜ロードショー公式 on X)

 

英語タイトルは、『Spirited Away』

英語の「spirit」は名詞だと「精神」を意味しますが、動詞だと「~を誘拐する」という訳になります。

「spirit away」は熟語で「~を神隠しにする、~を連れ去る」を意味し、受動態「spirited away」になると「神隠しにあった」という意味となります。

映画『千と千尋の神隠し』あらすじ【10歳の少女が、八百万の神々が住む不思議な世界に迷いこむ】

 10歳の少女が迷いこんだのは、神々が住む不思議な世界

10歳の少女・千尋(声:柊瑠美)は、お父さんやお母さんと引越し先へ向かう途中、不思議なトンネルに迷いこんでしまいます。

 

千尋は街で出会った少年・ハク(声:入野自由)に

「すぐに元の世界に戻れ」

と言われます。そこは、八百万(やおよろず)の神々が住む、人間が足を踏み入れてはならない世界でした。

「八百万の神」とは?
八百万(やおよろず)とは、「とんでもなく数が多いこと」。八百万の神とは、「数多くの神さま」を意味します。
古来の日本では、山や空、川、海など自然のあらゆるところに神は宿る、と考えられていました。

 

ところが、両親はブタの姿に変えられ、元の世界へ通じる道も水のなかに沈み、千尋は戻れなくなってしまいます。

働かざる者、食うべからず!「油屋」で神々の背中を流す、千(せん)

行き場を失った千尋は、神々が集まる「油屋」(ゆや)を取りしきる湯婆婆(ゆばーば、声:夏木マリ)を訪ねます。

「仕事を持たない者は動物に変えられる」

と聞かされた千尋は、湯婆婆に雇ってくれるよう頼みこみます。千尋は契約のために名前を奪われ、新たに「千」(せん)という名前で「油屋」で働くことになります。

 

“人間である”という理由だけで千尋は「油屋」の従業員からバカにされ、悪臭のひどい客の相手をさせられます。それでも、頑張って働く千尋は、いつしか周りから認められるようになってゆきます。

 

ある日のこと。

「油屋」にカオナシという、影のような謎のいきものがやってきます。湯婆婆は危険を察知しますが、カオナシの来店を止められず・・・

 

【関連】『千と千尋の神隠し』を配信で見る方法はある?

www.entafukuzou.com

【ハクやカオナシの声優は誰?千尋の苗字は?】 『千と千尋の神隠し』登場人物&声優

(出典:ORICON NEWS on X)

 荻野 千尋(おぎの ちひろ)/千(せん)

声:柊 瑠美(ひいらぎ るみ)

10歳の少女。両親とともにニュータウンへ車で引っ越す途中、不思議なトンネルに迷いこんでしまう。神々の料理を食べた両親はブタに変えられ、千尋も帰れなくなってしまう。

湯婆婆と契約をかわし、名前を奪われる代わりに、「油屋」で働かせてもらうことになる。

ハク/ニギハヤミコハクヌシ

声:入野 自由(いりの みゆ)

千尋が不思議な街で出会う青年。

「油屋」で働いている。湯婆婆の弟子であり、みずからも魔法を使える。

 

ハクの声を担当したのは、声優の入野自由(いりの みゆ)さん。劇団ひまわり在籍時にハク役に抜擢され、その後も声優活動を続けています。2006年からは音楽活動もおこなっています。

(出典:TOWER RECORDS MUSIC on X)

湯婆婆(ゆばーば)

声:夏木 マリ

(出典:日テレ on X)

「油屋」を取りしきる魔女。変身したり、離れたところにある物体を動かしたり、さまざまな魔法を使う。ひとり息子の坊(ぼう)を、過保護なまでにかわいがっている。

坊(ぼう)

声:神木 隆之介(かみき りゅうのすけ)

(出典:アンク@金曜ロードショー公式 on X)

湯婆婆の息子で、大きな赤ちゃん。母親の湯婆婆のことを、「ばぁば」と呼んでいる。

 

坊の声を演じたのは、俳優の神木隆之介さん。

(出典:WOWOW総合 on X)

映画『ゴジラ-1.0』、朝ドラ『らんまん』など2023年も大活躍だった人気俳優です。

荻野 明夫(おぎの あきお)/お父さん

声:内藤 剛志(ないとう つよし)

荻野 悠子(おぎの ゆうこ)/お母さん

声:沢口 靖子(さわぐち やすこ)

釜爺(かまじい)

声:菅原 文太(すがわら ぶんた)

「油屋」のボイラー室を取りしきる、クモの姿をした老人。「油屋」で使われるお湯を沸かし、温度を調整している。

部下のススワタリに、石炭を運ばせている。

リン

声:玉井 夕海(たまい ゆうみ)

(出典:アンク@金曜ロードショー公式 on X)

「油屋」で下働きをしている少女。千(せん)の“教育係”となる。

青蛙(あおがえる)

声:我修院 達也(がしゅういん たつや)

「油屋」で下働きをしているカエル。がめつい性格で、砂金を貯めこんでいる。

父役(ちちやく)

声:上條 恒彦(かみじょう つねひこ)

「油屋」の従業員のまとめ役。

大柄で黄土色の服を着ており、緑色の烏帽子(えぼし)をかぶっている。

兄役(あにやく)

声:小野 武彦(おの たけひこ)

「油屋」で、父役のすぐ下のポジションにいる。

父役よりは長身で水色の服を着ており、茶色っぽい烏帽子(えぼし)をかぶっている。

番台蛙(ばんだいかえる)

声:大泉 洋(おおいずみ よう)

(出典:アンク@金曜ロードショー公式 on X)

「油屋」の番台(入口ちかくの見張り台)に座り、薬湯(やくとう)の札(ふだ)を従業員に渡す。

カオナシ

声:中村 彰男(なかむら あきお)

(出典:アンク@金曜ロードショー公式 on X)

黒い影のような体で、お面を付けたような姿をしている。言葉はしゃべれず、「ア」や「エ」といった音を、しぼり出すように発する。

 

カオナシの声を演じたのは、中村彰男さん。舞台俳優として活動していますが、『交響詩篇エウレカセブン』などアニメの声優を務めることもあります。

(出典:文学座公演公式X on X)

河の神(かわのかみ)

声:はやし・こば

泥が集まってできたような、強大な体を持つ。強烈な悪臭をはなっている。

釜爺(かまじい)の部下・ススワタリと、『となりのトトロ』の“まっくろくろすけ”は同じいきもの?

「油屋」のボイラー室。釜爺(かまじい)の指示のもと、石炭を運ぶ黒いいきものが登場します。これは、「ススワタリ」(漢字で書くと、“煤渡り”)と呼ばれる黒い妖精です。

 

ススワタリは同じジブリ映画、『となりのトトロ』にも登場しました。空き家に入ったサツキとメイは、黒いススのようないきもの(ススワタリ)を発見!

(出典:アンク@金曜ロードショー公式 on X)

 

「目がくらんで“まっくろくろすけ”が出るのさ」

という父・タツオの言葉を聞いたサツキとメイは、ススワタリのことを“まっくろくろすけ”と呼ぶようになります。

『となりのトトロ』では、手や足がない状態で描かれています。