映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマの紹介、教育

『千と千尋の神隠し』フル動画はAmazonプライムやNetflixで配信されている?DVDとブルーレイの違いは?

『千と千尋の神隠し』フル動画はAmazonプライムやNetflixで配信されている?DVDとブルーレイの違いは?

スタジオジブリのアニメーション映画『千と千尋の神隠し』。316億円を越える興行収入をあげ、当時の歴代興行収入をぬりかえた人気作です。

そんな『千と千尋の神隠し』のフル動画を、AmazonプライムビデオやNetflixなどのサブスク(=定額制の動画サービス)で視聴できないのでしょうか?

 

また、市販されているDVDとブルーレイの違いについてお伝えします。

『千と千尋の神隠し』フル動画はAmazonプライムやNetflixで配信されている?

『千と千尋の神隠し』のフル動画を、AmazonプライムビデオやNetflix、ユーチューブなど、インターネットの動画サービスで視聴できるのか?

 

映画・アニメなど幅広いコンテンツが視聴できるサブスク、ユーチューブのような動画投稿サイトを調べてみました。

『千と千尋の神隠し』配信状況
サービス名 配信 無料期間 月額(税込み) 特徴
Amazonプライム 30日間 500円 音楽の聴き放題や,通販の時間指定も
Netflix なし 990~1,980円 海外ドラマ、オリジナル映画
U-NEXT 31日間 2,189円 圧倒的な「見放題」作品数
Hulu 2週間 1,026円 日テレドラマのスピンオフ
dtv 31日間 550円 倍速機能,アーティストのLive映像
Paravi 2週間 1,017円 TBSやテレ東のドラマ見逃し
FODプレミアム 2週間 976円 フジのドラマやバラエティ
Disneyデラックス 31日間 770円 ディズニーやマーベル映画
ユーチューブ - - 作品によっては,有料レンタルできる

※2022年1月時点のデータです。 

ご覧のように、どこの動画サービスでも『千と千尋の神隠し』は配信されていません。

 

サイトによっては、「TSUTAYA DISCAS」(ツタヤ ディスカス)でネット配信されていると記載されています。しかし、これは誤解を招く表現です。

「TSUTAYA DISCAS」は、あくまでネットで注文して、DVDが郵送されるというレンタルサービスです。配信で見られる訳ではありません。

 

スタジオジブリの方針もあって、現状どんなジブリ映画もインターネットでは視聴できないのです。

『千と千尋の神隠し』をサブスクで視聴できない理由とは?【金曜ローでのテレビ放送が、ウィンウィンウィンの関係だから?】

筆者は、2014年にHulu(フールー)に初めて加入。それ以来、Amazonプライムビデオ、Netflix(ネットフリックス)、U-NEXT(ユーネクスト)など、ほとんどの動画サービスを試してきました。

しかし、『千と千尋の神隠し』をサブスクで見かけたことは一度もありません。スタジオジブリ側が、日本でのネット配信を“解禁”していないからです。

 

ところが、アメリカ、日本をのぞく世界の主要国では、ジブリ作品はNetflix(ネットフリックス)で配信されています。

アメリカでは、「HBO Max」という別の動画サービスで配信されています。不思議なことに、日本だけが『千と千尋の神隠し』をネット視聴できないことになります。

 

 

なぜ、日本だけ動画配信されないの?

 

その理由として考えられるのが、「金曜ロードショー」でのテレビ放送が、“独自のビジネスモデル”として成功しているため。

  1. スタジオジブリ・・・「金ロー」で放映権収入が得られることで、新作の公開がない年の収入を確保できる。
  2. 日本テレビ・・・確実に視聴率がとれるジブリ映画を放送することで、広告収入が安定する
  3. 企業・・・ジブリ映画が放映されている時間帯にSNS広告を打つことで、自社をPRできる

 

3の企業とは、「金曜ロードショー」にテレビCMを出しているスポンサーだけではありません。

 

 

 

企業は、『千と千尋の神隠し』に関連するグッズを作ったりイベントを企画して、テレビ放送に合わせてTwitterなどで告知します。ジブリ映画が放送される時はみんながSNSを利用しますので、企業のPRができるわけです。

 

このように、金曜ロードショーでの“独占放送”が、「スタジオジブリ」「日本テレビ」「企業」の3者にとって「Win-Win-Win」の関係性になっています。

このビジネスモデルが成り立っているうちは、『千と千尋の神隠し』がネット配信される見込みは少ないでしょう。

 『千と千尋の神隠し』DVDとブルーレイの違い・特典は?

 現状『千と千尋の神隠し』 を見るには、レンタルショップで借りてくるか、「金曜ロードSHOW!」のテレビ放送を見るか、DVDやブルーレイを購入するしかありません。

 

 

現在市販されている『千と千尋の神隠し』のDVDは、2014年に発売されたデジタル・リマスター版です。

デジタル・リマスターとは映像に映りこんでいるゴミや汚れを取り除き、古い画像をキレイにしたものです。

ノイズを取り除くことで、音声もクリアに修正することができます。

 

 DVDには、特典として、絵コンテと予告編が収められています。

 

いっぽうのブルーレイも、2014年に発売されています。日本語・英語だけでなく、フランス語・ドイツ語・イタリア語・韓国語・中国語にも対応しています。

また、DVDの特典に加え、アフレコ台本が見れます。

 

『千と千尋の神隠し』のブルーレイには、「ピクチャー・イン・ピクチャー」という技術が用いられています。

これは、本編映像を再生しながら、絵コンテやアフレコ台本・予告編を別窓で再生できるというもの。

 

 

DVDとブルーレイの決定的な違いとは、何か?

 

一般的に、DVDは35万画素でブルーレイは207万画素。きめ細かいので、画質はブルーレイのほうが圧倒的にキレイです。また、データの圧縮技術にも優れているので、ブルーレイのほうが高音質になります。

 

ただし、扱うデータ容量が大きいため、ブルーレイは盤面に少しでも傷がつくと読みこみづらくなります。耐久性ならDVDのほうが上です、

 

キレイな画像と高音質を楽しむなら、ブルーレイ。

小さなお子さんがいて、すり切れるほどリピート再生するなら、DVDを選んだほうがよいでしょう。