映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマの紹介、教育

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレなしのあらすじと吹き替え声優

スポンサーリンク

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレなしのあらすじと吹き替え声優、何分、破れぬ誓いとは?

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』では、ハリーの宿敵・ヴォルデモート卿の過去が描かれます。

若い頃のダンブルドア校長も登場することから、「ファンタスティック・ビースト」シリーズとの関連も深い作品です。

 

 この記事では、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のネタバレなしのあらすじと、吹き替え声優をご紹介。「ハリー・ポッター」シリーズを見てない人にも楽しめるように、要点をしぼってお伝えします。

 何作目? 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の地上波テレビ放送(2022)はいつ?上映時間は何分?

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』は、2007年公開のファンタジー映画。

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
原題 Harry Potter And The Half-Blood Prince
製作国 イギリス、アメリカ
製作年 2007年
上映時間 153分(2時間33分)
監督 デヴィッド・イェーツ(『ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~』)
原作 J・K・ローリング『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
出演 ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン

  全部で8作ある映画「ハリポタ」シリーズの6作目にあたります。

  1. ハリー・ポッターと賢者の石
  2. 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
  3. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  4. 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
  5. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  6. 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
  7. ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
  8. 『ハリーポッターと死の秘宝 PART2』

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の地上波テレビ放送は、2022年3月21日(月・祝)。TBS系列にて。

よる8:30~10:57

 

 

今回のテレビ放送は、2022年7月から始まる舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の宣伝もかねています。放送時間から考えても、大幅なカットが予想されます。

ノーカット版を見るなら・・・

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレなしの内容

“破れぬ誓い”? 動きを封じられたスネイプ先生!

ここ一週間、“黒い影”が各地で不可解な事故を起こしていました。何か、よからぬことが起こる前触れでしょうか?

 

 6年生の新学期が始まる前の夏休み。

ハリーは【スピナーズ・エンド】の駅前にあるカフェで、「日刊預言者新聞」を読んでいます。ウェイトレスの女の子から話しかけれたハリーは、彼女と会う約束を取りつけます。

その直後。ダンブルドア校長から呼ばれたハリーは、“姿現(あらわし)の術”で【バドリー・ババートン村】へ瞬間移動します。

 

ハリーは、かつて【ホグワーツ魔法魔術学校】で教えていたホラス・スラグホーン先生と面会します。スラグホーンはもう学校に戻る気はありませんでしたが、魔法界でも有名なハリーと出会えたのが嬉しくて、学校への復帰を決めます。

 

その頃。

【スピナーズ・エンド】では、“死喰い人”のベラトリックスと、ドラコの母・ナルシッサ、スネイプ先生が密会していました。

ベラトリックスとナルシッサは、ヴォルデモート卿から使命を受けていたドラコを見守るように、スネイプ先生にお願いします。

スネイプ先生は「破れぬ誓い」を交わし、ドラコを手助けをすることを約束します。

トム・リドル(ヴォルデモート卿)から何かをもらっている?スラグホーン先生を調べよ!

さて、ハリーたちが【ホグワーツ魔法魔術学校】に戻ってきます。

学校は、“闇祓い(やみばらい)”たちが警備のために配備されています。闇のチカラが侵入しないように、警戒態勢をとっているのです。

そんな中、復帰したスラグホーン先生が、魔法薬学を教えることが発表されます。

 

実をいうと、ダンブルドア校長には、ある狙いがありました。

ヴォルデモート卿は“闇の魔法使い”になる前、トム・リドルという名の生徒でした。

トム・リドルがまだ幼い頃。ダンブルドア校長は、トムがいる孤児院を訪れたことがありました・・・

 

・・・トム・リドルは小さい時から、「さわらずに物を動かせる」「動物や人の心を操ることができる」など、並外れた魔法の才能を持っていました。

 

ダンブルドア校長は“魔法をコントロールする方法を教えるため”、トム・リドルを【ホグワーツ魔法魔術学校】に入学させます。しかし、結果的にはうまくゆかず、トムは魔法界から怖れられる闇魔法使いになってしまいました。

ただ、トム・リドルが在学中にひとりだけ親しかった教師がいました。それが、スラグホーン先生だったのです。

 

ダンブルドアはヴォルデモート卿の復活を怖れています。何かあった時に、ヴォルデモートの欠点を知っておきたい。

 

“スラグホーン先生は、ヴォルデモートから何か受け取っているのではないか?”

 

そこで、スラグホーン先生に気に入られているハリーに、偵察させようと考えたのです。ハリーは、さっそく魔法薬学の課題をクリアし、スラグホーン先生に近づくチャンスを得ますが・・・

マルフォイの声優が変わった?『ハリー・ポッターと謎のプリンス』登場人物&吹き替え声優

 ハリー・ポッター

 ダニエル・ラドクリフ/小野 賢章(おの けんしょう)

 魔法界でも一目置かれている少年。

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』では、ダンブルドア校長からある使命を受ける。

 ロン・ウィーズリー

ルパート・グリント/常盤 佑貴(ときわ ゆうき)

 ハリーの親友。

本作では、クィディッチのグリフィンドール代表をめざすロン。頑張る姿に、ハーマイオニーの心も揺れる?

ハーマイオニー・グレンジャー

 エマワトソン/須藤 祐実(すどう ゆみ)

ハリーの親友。

幼なじみのロンを好きだ、という気持ちに気づいて・・・

アルバス・ダンブルドア校長

マイケル・ガンボン/永井一郎(ながい いちろう)

 【ホグワーツ魔法魔術学校】の校長先生。

ホグワーツ入学前のトム・リドル(ヴォルデモート卿)に面会している。

スラグホーン先生を呼び戻し、ヴォルデモート卿の欠点につながる“何か”を知っていないか、ハリーに調べさせる。

 

※『ハリー・ポッターと謎のプリンス』では、ダンブルドアの若い頃をそのままマイケル・ガンボンが演じています。「ファンタスティック・ビースト」シリーズでは、同じ役をジュード・ロウが演じます。

ホラス・スラグホーン先生

ジム・ブロードベント/森 功至(もり かつじ)

 魔法薬学の教師となる新任の先生。

トム・リドルがホグワーツ在学中、唯一心を開いた教師だという。ハリーのことを気に入っている。

セブルス・スネイプ先生

アラン・リックマン/土師孝也(はじ たかや)

スラグホーン先生が復職したことで、今学期は“闇の魔術に対する防衛術”を教えることになる。

「破れぬ誓い」を結んでしまったことにより、ドラコ・マルフォイを見守る義務が発生した。

ルーナ・ラブグッド

 イヴァナ・リング/三村 ゆうな

 ホグワーツのちょっと変わった生徒。通称“不思議ちゃん”。

マルフォイに石にされたハリーを救ってくれる。

ベラトリックス・レストレンジ

ヘレナ・ボナム=カーター/高野 麗(たかの うらら) 

“死喰い人”(デス・イーター)のメンバーで、闇魔術の使い手。

ヴォルデモート卿に忠誠を誓っている。

ドラコ・マルフォイ

トム・フェルトン/三枝 享祐(さえぐさ きょうすけ)

ハリーを敵対視する、スリザリン寮の生徒。ヴォルデモート卿を慕っていた父親と同じように、“死喰い人”になった?

 

※ドラコ役の声優は、子役として活躍された三枝享祐さん。

第1作『賢者の石』のときはまだ12歳。最終の第8作『死の秘宝 PART2』のときは22歳。声変わりを経ているので、「声優が変わった?」と感じるのでしょう。

トム・リドル

ヒーロー・ファインズ・ティフィン(11歳の頃)/ヒーロー・ファインズ・ティフィン(16歳の頃)

かつて、【ホグワーツ魔法魔術学校】スリザリン寮に在籍していた生徒。後に、最強の闇魔法使いヴォルデモート卿になる。

幼い頃は強力な魔法のチカラを制御できずに、心も不安定だった。