映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレなしの内容と吹き替え声優

スポンサーリンク

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレなしの内容と吹き替え声優

大人気ファンタジー映画「ハリポタ」シリーズの第3弾、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』が地上波テレビで放送されます。

 

この記事では、映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のネタバレなしのあらすじと監督、吹き替え声優をご紹介します。

 

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の地上波放送(2020)はいつ? 上映時間は?

 

 映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の地上波放送は、2020年11月6日(金)。日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」にて。

 

21:00 ~ 23:24

 

 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の劇場上映時間は、142分

 

今回のテレビ放送の枠は144分ですが、CM・宣伝の時間を差し引くと賞味130分前後。10~15分ほどカットされる見込みです。

 

 次週11/13(金)の「金曜ロードSHOW!」は

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

 

 

監督は? 映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の概要

 

映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』は、2004年に公開されました。全部で8作ある「ハリポタ」シリーズの3作目にあたります。

映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
原題 Harry Potter And The Prisoner Of Azkaban
製作国 イギリス、アメリカ
公開年 2004年
上映時間 142分(2時間22分)
監督 アルフォンソ・キュアロン(『ゼロ・グラビティ』)
脚本 スティーヴ・クローヴス
出演 ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン

 監督は、前2作のクリス・コロンバス(『ホーム・アローン』)から、メキシコ人のアルフォンソ・キュアロンに交代。

ロードムービーの傑作『天国の口、終わりの楽園。』や、SF映画『ゼロ・グラビティ』を監督。特に、メキシコの中流階級の生活ぶりを白黒で表現した『ROMA/ローマ』は、高く評価されています。

 

www.youtube.com

 

おだやかな人間ドラマですが、あまりの映像的な美しさに息を飲む傑作です。動画サービスNetflix(ネットフリックス)で視聴できます。

 

 

映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』内容【ネタバレなし】

 

 【アズカバン】を脱獄した凶悪犯が、ハリーを狙っている?

 

夏休み。ダーズリー家に戻っていたハリーは、親戚のマージ叔母さんから両親のことを侮辱されます。怒ったハリーは、魔法でマージ叔母さんを風船のように膨らませてしまいます。

 

ハリーが荷物を持ってダーズリー家をとび出し、夜道を歩いていると、「騎士のバス」が通りかかります。ハリーはバスに乗って、パブ【濡れ鍋(ぬれなべ)】にやってきます。ハリーは、魔法大臣であるコーネリウス・ファッジや、ロンやハーマイオニー達と再会をはたします。

 

そんな中、ロンの父は、ハリーに忠告を与えます。

「【アズカバン】を脱獄したシリウス・ブラックが君を狙っている!」

ヴォルデモート卿の子分で、凶悪犯であるブラックが刑務所を脱走し、ハリーの命を狙っているというのです。

 

 ハグリッドがホグワーツの先生に?

 

さて、3年生となったハリーの新学期が始まります。【ホグワーツ魔法魔術学校】には新任の先生もいました。一人は、「闇の魔術に対する防衛術」を教えるルーピン先生です。そして、「魔法生物飼育学」の新・教授には、ハリーもよく知るハグリッドが就任します。

 

 

ハグリッドは、ヒッポグリフの生態を教える授業をおこないます。ヒッポグリフとは、グリフォンと馬をかけ合わせたような生物。気性が荒く、誇り高い性格です。ハリーの同級生・マルフォイが、うっかりヒッポグリフを馬鹿にしたから、さあ大変!

 

キレたヒッポグリフは、マルフォイに怪我を負わせてしまいます。

 

 

ディメンター(=吸魂鬼)が警備するホグワーツは、重苦しい雰囲気に・・・

 

いっぽう。脱獄したシリウス・ブラックがハリーを狙っていることは、ダンブルドア校長たちも知っていました。そこで、【ホグワーツ魔法魔術学校】では、警備のためにディメンターたちが雇われます。

 

ディメンター(=吸魂鬼)とは、全身マントに覆われた、黒い人影のような生物。人間の楽しい気分や幸福な思い出を養分にしています。うっかり近づくと、生徒たちも正気を失ってしまうほど危険な存在でした。

 

ホグワーツは重苦しい雰囲気に包まれますが、ハリーたち3年生に【ホグズミード村】への外出許可が出ます。ロンやハーマイオニー達は村へ向かいますが、ハリーだけは外出を許されません。ダーズリー夫妻から、許可証をもらっていなかったからです。

 

そこへ、ロンの双子の兄・フレッドとジョージが現われ、ハリーに「忍びの地図」を渡してくれます。これは、ホグワーツ周辺の隠し通路が載っている地図です。しかも、周辺を移動する人物の名前と足跡が地図内に浮かび上がる、不思議な道具でした。

 

 

ハリーは、地図に載った抜け道を利用し、【ホグズミード村】のロンやハーマイオニーと合流します。村にある居酒屋では、マクゴナガル先生達が、脱走したシリウス・ブラックの噂をしています。ハリーは、ブラックが両親の友だちだったこと、ブラックが自分の名付け親だったことを知り、がく然とします。

 

 ハグリッドの飼うヒッポグリフは、処分される?

 

村から戻った夜。ハリーは、スネイプ先生に無断外出したことを疑われ、「忍びの地図」を取り上げられそうになります。ルーピン先生が現われ、外出のことはバレずに済みますが、地図はルーピン先生に没収されてしまいます。

 

 

さて。ハグリッドの飼っていたヒッポグリフがマルフォイを襲った件は大問題となり、裁判が行われました。ヒッポグリフは処刑されることが決定。心配したハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、ハグリッドの小屋を訪れます。小屋には、ロンの飼っていたネズミ・スキャバーズがいました。

 

 

そうこうしていうちに、ダンブルドア校長に連れられて、処刑人が小屋へ向かって歩いてきます。ハリーたちは校長に見つかる前に小屋を抜け出しますが・・・

 

 

 

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』登場人物と日本語吹き替え声優

 

登場キャラクター(役名)、その下に俳優/日本語の吹き替え声優の順番で記載しています。

 

ハリー・ポッター

ダニエル・ラドクリフ/小野 賢章(おの けんしょう)

 

 偉大な魔法使いの血を引く少年。赤ん坊のとき、みなが恐れるヴォルデモート卿を追い払った。

 

ロン・ウィーズリー

ルパート・グリント/常盤 祐貴(ときわ ゆうき)

 

【ホグワーツ魔法魔術学校】の3年生で、ハリーの親友。今回は、ウィーズリー家で飼っていたネズミのスキャバーズを連れてくるが・・・

 

ハーマイオニー・グレンジャー

エマ・ワトソン/須藤 祐実(すどう ゆみ)

 

両親はマグル(=魔力をもたない人間)だが、努力で才能をカバーする女の子。ハリーやロンの親友。

 

シリウス・ブラック

 ゲイリー・オールドマン/辻 親八(つじ しんぱち)

 

“脱獄不可能”と言われた【アズカバン】を脱走した凶悪犯。ヴォルデモート卿の忠実な部下で、ハリーの命を狙っているとみられる。

 

リーマス・ルーピン先生

デヴィッド・シューリス/郷田 ほづみ(ごうだ ほづみ)

 

「闇の魔術に対する防衛術」を教える、新しい先生。ハリーの両親の若い頃を知る。

 

ピーター・ペティグリュー

ティモシー・スポール/茶 風林(ちゃ ふうりん)

 

ハリーの両親の居所をヴォルデモート卿に密告したといわれる、下働きの男。

 

 

ドラコ・マルフォイ

トム・フェルトン/三枝 享佑(さえぐさ きょうすけ)

 

純血の名門の出身で、ハリーをライバル視する同級生。スリザリン寮の生徒。

 

 ダンブルドア校長

マイケル・ガンボン/永井 一郎(ながい いちろう)

 

【ホグワーツ魔法魔術学校】の校長。

 

 スネイプ先生

アラン・リックマン/土師 孝也(はじ たかや)

 

【ホグワーツ魔法魔術学校】の先生で、魔法薬を教えている。スリザリン寮の監督もしている。ハリーには厳しい態度をとる。

 

シビル・トレローニー先生

エマ・トンプソン/幸田 直子(こうだ なおこ)

 

シリーズ初登場となる、占い学の先生。ハリーを占っては、不幸な未来を予言する。

 

 太った婦人

ドーン・フレンチ/北薗 るみ子(きたぞの るみこ)

 

グリフィンドール寮の入り口にある、絵画の中の人物。陽気でよく歌をうたうが、生徒たちからは「ヘタだ」とからかわれている。

 

ちなみに、吹替を担当した北薗さんはソプラノ歌手。

 

 

テレビ放送は3作目まで? 「ハリポタ」シリーズの続きの動画を見るには?

 

 2020年の秋、「金曜ロードSHOW!」で放送されるハリポタ&ファンタビ祭り。このテレビ放送で見ることができるのは、「ハリポタ」シリーズ全8作のうち、3作目までです。

 

残りは放送されません。なお、『ファンタスティック・ビースト』は、『ハリー・ポッターと賢者の石』の約70年前の世界を舞台にしたスピンオフ作品です。

 

  • 10/23(金)・・・『ハリー・ポッターと賢者の石』(第1作)
  • 10/30(金)・・・『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(第2作)
  • 11/6(金)・・・『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(第3作)
  • 11/13(金)・・・『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(スピンオフの2作目)

 

関連:「ハリポタ」シリーズ4作目のあらすじは、こちら!

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ネタバレなしのあらすじと吹き替え声優

 

 

そこで、インターネットで映画を楽しむことができる有料の動画サービスで、「ハリポタ」シリーズを視聴できないか、調べてみました。

『ハリー・ポッター』シリーズの順番と動画配信
動画サービス名 Amazonプライム Netflix Hulu U-NEXT dtv
無料体験の期間 30日間 なし 2週間 31日間 31日間
ハリー・ポッターと賢者の石 199円 220円 400円
ハリー・ポッターと秘密の部屋 199円 220円 400円
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 199円 220円 400円
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 199円 220円 400円
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 199円 220円 400円
ハリー・ポッターと謎のプリンス 199円 220円 400円
ハリー・ポッターと死の秘宝PART1 199円 220円 400円
ハリー・ポッターと死の秘宝PART2 199円 220円 400円

 ※2020年11月1日のデータです、動画サービスの配信作品は定期的に入れ替わります。加入前にご確認ください。

 

表に示された値段は、個別レンタル料金です。サービスの加入者でも1本につき、別途料金が発生します。

  • Amazonプライムビデオでは、1作品につき視聴料金199円
  • U-NEXT(ユーネクスト)では、1作品につき視聴料金220円
  • dtv(ディーティービー)では、1作品につき視聴料金400円

 

Hulu(フールー)では、月額933円の範囲内で「ハリポタ」シリーズ全8作をすべて視聴することができます。

www.hulu.jp

 

また、初めてHuluを無料体験を利用する場合に限り、シリーズ作品を無料で視聴できます。ただし、体験前に名前・メールアドレス・クレジット情報などを入力して、アカウントを作る必要があります。