映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマを通して、もっと映画を好きになれるブログ

『ジェシカおばさんの事件簿』配信はどこ?【怖くない!コミカルな雰囲気が楽しい推理ドラマ】

  当サイトにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク

『ジェシカおばさんの事件簿』配信はどこ?【怖くない!コミカルな雰囲気が楽しい推理ドラマ】

※この記事は、2024年6月に更新しました。

「いったん事件が起こるともう大変! そっちに夢中になっちゃう。ど~してこうなんでしょうね~」

 

好奇心旺盛なおばさんが、事件現場をかぎ回る!

かつてNHK総合で放送され、日本でも人気の高かった推理ドラマ『ジェシカおばさんの事件簿』がBSプレミアム4Kで放送されています。

 

『ジェシカおばさんの事件簿』はどこで視聴できるのか? 配信している動画サービスと、主要キャストをご紹介。序盤のあらすじと合わせて、本作の見どころもお伝えします。

Amazonプライム?hulu?『ジェシカおばさんの事件簿』日本語吹き替え版の配信はどこ?

『ジェシカおばさんの事件簿』はネットで視聴できるのか? 定額制の動画サービス(VOD)の配信状況です。

◎:字幕・吹き替えともに配信

〇:字幕のみ配信

『ジェシカおばさんの事件簿』配信状況
サービス名 Amazonプライム U-NEXT Netflix Hulu ディズニープラス
無料体験 30日間 31日間 なし なし なし
シーズン1  
シーズン2
シーズン3  
シーズン4
シーズン5
シーズン6
シーズン7
シーズン8
シーズン9
シーズン10
シーズン11
シーズン12

※ 2024年5月15日時点のデータ

2024年5月現在、『ジェシカおばさんの事件簿』はインターネットで配信されていません。また、上記のサービス以外にも、ABEMAプレミアム、FODプレミアム、Leimno(=旧dtv)、ビデオマーケットも調べましたが、いずれも『ジェシカおばさんの事件簿』は配信されていません。

 

この他、DVDの宅配レンタルサービス「TSUTAYAディスカス」や「ゲオの宅配レンタル」も調べましたが、取り扱っていません。

 

どうしても見たい場合は、Amazonや楽天などでDVDボックスを購入するしかありません。森光子さんら、日本語の吹き替えで楽しめます。

ただし、DVDはメーカー側が製造を中止していますので、中古品しか手に入らないと思います。

『ジェシカおばさんの事件簿』NHK BSプレミアム4Kの放送(2023)はいつから?全何話?

『ジェシカおばさんの事件簿』は1984年から1996年まで放送されたアメリカのドラマ。好奇心旺盛なミステリー作家が事件に首をつっこむ、推理ドラマです。

海外ドラマ『ジェシカおばさんの事件簿』概要
原題 Murder, She Wrote
ジャンル ミステリー
シーズン数 シーズン12
全何話? 全264話(この他に、4つのスペシャル版)
製作総指揮 リチャード・レヴィンソン、ウィリアム・リンク
脚本 ピーター・S・フィッシャー、ロバート・バン・スコイク
出演 アンジェラ・ランズベリー、トム・ボズリ
ドラマ『ジェシカおばさんの事件簿』のテレビ放送は、2023年12月6日(水)から。NHKのBS プレミアム4Kにて。 
毎週水曜21:00

(出典:NHKドラマ on X)

アメリカのオリジナル版は全12シーズン&全264話ですが、NHK BSプレミアム4Kでの放送はシーズン1からシーズン3までの全56話です。

『ジェシカおばさんの事件簿』登場人物&日本語吹き替え声優

役名、俳優、日本語吹き替え声優の順番でご紹介します。

ジェシカ・フレッチャー

演:アンジェラ・ランズベリー/吹き替え:森 光子(もり みつこ)

(出典:HumanProbably on X)

夫に先立たれたあと、売れっ子ミステリー作家となった中年女性。【キャボットコーヴ】や旅行先で事件に遭遇すると、事件に首を突っこまずにはいられない。

 

ジェシカおばさんを演じたのは、イギリス出身の女優アンジェラ・ランズベリー

歌手としてデビュー後、1944年の『ガス燈』で俳優業に転向。いきなり、アカデミー助演女優賞にノミネートされます。

おもな出演作

『ガス燈』(1944)・・・音楽家と結婚した資産家の娘が、ロンドンの新居で不可解な事件に巻きこまれてゆくスリラー。イングリッド・バーグマン主演。ランズベリーはメイド役。
『ドリアングレイの肖像 (1945)・・・快楽主義におぼれたモデルの青年の苦悩が、肖像画に反映されてゆく心理サスペンス。

ジェシカおばさんの吹き替えを担当したのは、森光子さん。TVドラマで活躍したのち、『放浪記』で60年に渡って舞台に立ち続けました。

エイモス・タッパー(保安官)

演:トム・ボズリ/吹き替え:富田 耕生(とみた こうせい)

メイン州のいなか町【キャボットコーヴ】の保安官。捜査に首を突っこむジェシカを迷惑に感じながらも、頼りにしている。

 

タッパー保安官を演じたトム・ボズリは、NHKで放送された『名探偵ダウリング神父』で主演をつとめました。

セス・ハズリット(医師)

演:ウィリアム・ウィンダム/吹き替え:村松 康雄(むらまつ やすお)

【キャボットコーヴ】の開業医。ジェシカやタッパー保安官のよき相談相手となる。

グレイディ・フレッチャー(ジェシカの甥)

演:マイケル・ホートン/吹き替え:島田 敏(しまだ びん)

ジェシカの親戚。ときどき、ジェシカの手伝いをしてくれる。

『ジェシカおばさんの事件簿』あらすじwikiと,作品の見どころ

※この項目は、テレビ放送に合わせて書き換えてゆきます。

第27話「陪審員はつらいもの」(2024年6月12日(水)21:00 ~)

マークは自動車事故を起こし、妻が重体となってしまう。その夜。ベッキーという女と知り合ったマークは、彼女の家で夫と鉢合わせし、もみ合いになったあげく夫の命を奪ってしまう。この事件の陪審員長となったジェシカは、証言を検討し・・・

第28話「気の毒なレストラン」(2024年6月19日(水)21:00 ~)

ジェシカとセスは、タッパー保安官が気に入っているレストランにやってくる。しかし、お店で食中毒事件が起き、旅行客が亡くなってしまう。ライバル店の経営者と、お店を辞めたがっていたコック。2人の容疑者が浮かび上がるが・・・

第29話「容疑者に手を出すな」(2024年6月26日(水)21:00 ~)

車が故障したジェシカは、アラバマにある小さな町に宿泊する。ホテルオーナーの息子・マットは、バーで歌っている歌手だ。しかし、女友達の兄・エドに馬鹿にされ、喧嘩になっていた。翌日、エドの死体が見つかり・・・

▲クリックすると動画が読み込まれます。

過去のエピソード

 

▼クリックすると、放送済みのエピソードが表示されます

第1話「海に消えたパパ」(2023年12月6日)

メイン州のいなか町【キャボットコーヴ】に嵐が吹き荒れ、ヨットの遭難事故が起きる。娘たちとクルージングしていた大富豪のアールが波にさらわれてしまった、というが・・・

第2話「嘆きのコメディアン」(2023年12月13日)

姪のビッキーの結婚式に出席するため、ジェシカがサンフランシスコにやってくる。ところが、ビッキーの婚約者ハワードが、クラブ経営者 銃撃事件の容疑者となり・・・

第3話「映画セットは死のにおい」(2023年12月20日)

ジェシカの書籍が映画化されることになった。ところが、プロデューサーのライデッカーは、作品をB級のホラー映画にするつもりだという。ジェシカが抗議にゆくと、ライデッカーは死体になっており・・・

第4話「愛犬が犯人なんて」(2023年12月27日)

ジェシカは、大富豪デントンの邸宅を訪れる。ここには、ジェシカの姪っ子のアビーが、動物の調教師として雇われている。ところが、馬がとつぜん暴れ出し、落馬したデントンは死んでしまう。デントンの財産は、彼の愛犬が相続するというが・・・

第5話「無人カーが追ってくる」(2024年1月10日)

旅行者のウッドレーが、無人の車に追いかけられて怪我をする。ウッドレーは発明家のダニエルに招かれ、【キャボット・コーヴ】にやってきたという。続いて、ウッドレーの会社を経営するメリルが無人の車にひかれてしまい・・・

第6話「ある日ビックリハウスで」(2024年1月17日)

ジェシカは、遊園地を経営するホレーシオに頼まれ、新しい施設を発表する会見に同席する。ホレーシオは“暴力”をテーマにした施設を作ろうとしており、ジェシカに監修を頼みたいようだ。ジェシカが提案を断った翌日、ホレーシオが地下で死んでおり・・・

第7話「最後の幕が下りる時」(2024年1月24日)

ジェシカは友人のレオに誘われ、バレエを見にゆく。ところが、幕があくと、看板スターのナターリアとアレギザンダーが失踪したとわかる。ジェシカとレオは会場を抜け出し、車に乗りこむが・・・

第8話「クラリネットのすすり泣き」(2024年1月31日)

ジェシカは友人のジョナサンにテレビ出演を依頼され、ニューオーリンズへ向かう。ジェシカは、著名なミュージシャンであるベンのテレビ出演に立ち会う。ところが、彼の楽団は、メンバーの解雇をめぐってギクシャクした空気が流れており・・・

第9話「あの世から夫が招く」(2024年2月7日)

ジェシカの姪・パメラは夫を亡くして以来、ふさぎこんでいた。そこで、気分を換えるため、ジェシカと2週間の船の旅に出ることに。

ところが、シャンパンに、夫の名前のカードが付けられていたり、食堂では夫が大好きだったメニューが出てきたり・・。幽霊か、嫌がらせか?

第10話「カンバスに死の色を」(2024年2月14日)

ジェシカは画家・ディエゴの誕生日パーティーに招かれ、地中海にある孤島にやってくる。ディエゴは、「命を狙われているので交友関係を調べてほしい」と、ジェシカに頼む。ジェシカは、パーティーに招かれた家族や知人を調査するが・・・

第11話「探偵はタフなやつ」(2024年2月21日)

ジェシカは25年前に起きた殺人事件を小説の題材にするため、私立探偵のマイルズに調査を依頼する。ところが、マイルズは調査中に何者かに銃で撃たれてしまう。ジェシカは、マイルズの相棒・ハリーとともに犯人を追うが・・・

第12話「授賞式はしめやかに」(2024年2月28日)

文学賞にノミネートされていたジェシカは、授賞会場で詩人のホレスと再会する。式場では、作家ヘムズリー・ポストが十数年の沈黙をやぶって新作を発表する話題で持ち切りだった。ところが、ポストは殺されており、ホレスに嫌疑がかかり・・・

第13話「道づれは怖い人」(2024年3月6日)

ジェシカは【保安官協会】で公演をすることになり、タッパー保安官とポートランドへ向かう。しかし、大嵐に巻き込まれ、目的地へバスが止まってしまう。近くの食堂で休憩することになった乗客たちだが、1人の乗客が殺されていて・・・・

第14話「天罰は雷雨の夜に」(2024年3月13日)

旧友のジャックがなくなり、ジェシカは葬儀へ向かう。ジャックのひとり娘・メアリやジャックの弟たちが集まる中、カールという男が現われる。カールは、ジャックの農場は自分が相続する、と言い出し・・・

第15話「未亡人はご用心」(2024年3月20日)

ジェシカは旧友のアントワネットから助けを求められ、彼女が滞在するホテルに向かう。ところが、到着前にアントワネットは命を奪われていた。警察は宝石泥棒のしわざと推定するが、ジェシカは納得できず・・・

第16話「悪党は岬に眠れ」(2024年3月27日)

【キャボット・コーブ】にリゾートホテルが建てられることになり、工事が進められていた。しかし、作業現場から人の骨が見つかって、作業がストップする。建築主のホイートリーは強引に工事を再開させようとするが、やがて遺体で見つかり・・・

第17話「スポットライトが死を照らす」(2024年4月3日)

ジェシカは、姪(めい)で女優のニータから悩みを打ち明けられる。ニータが出演しているドラマの役が近々なくなる予定だ、というのだ。ジェシカはプロデューサーのジョイスに役を存続するよう頼むが、聞き入れてもらえない。

そんな中、ジョイスは自宅に侵入した何者かに命を奪われてしまう。犯人は、ニータが演じる役の衣装を着ていた・・・

第18話「学園に死の影が」(2024年4月10日)

名誉学位を贈られることになったジェシカは、旧友が学長をつとめる大学へ向かう。英文学部のレアードがパーティーを開いてくれるが、レアードの娘が連れてきた恋人・ニックの横柄な態度に、不穏な空気が流れる。ニックは翌日、死体となって見つかり・・・

第19話「もう一度別れの歌を」(2024年4月17日)

ロンドンの劇場で歌っていたジェシカのいとこ・エマが事故死した、という知らせが入った。ジェシカがロンドンに向かうとエマは生きており、死を偽装したという。劇場の共同オーナーであるエマは、共同経営者が亡くなってから命を狙われはじめたという・・・

第20話「わが心のオルゴール」(2024年4月24日)

ジェシカの旧友フランチェスカは、夫のロスが亡くなった後、スコットという男性と再婚した。現在は、ロスの娘シェリルとスコットと3人で暮らしている。ところが、家の中では、死んだロスを想起させるような出来事が続いているという。スコットの話によれば、フランチェスカは情緒不安定になっているらしいが・・・

第21話「美女は湖底に沈む」(2024年5月1日)

ジェシカは執筆するため、湖のほとりにあるペンションへやってきた。バードウォッチングに出かけたジェシカは、クレインとキャロリン夫妻が湖上のボートで言い争い、妻のキャロリンが湖に突き落とされる瞬間を目撃する。夫のクレインに容疑がかかるが、キャロリンは元・水泳のチャンピオンだった・・・

第22話「勝利の美酒は苦い味」(2024年5月8日)

ジェシカの姪っ子・トレーシーが、新人騎手としてデビューすることになった。デビュー前のある日、ベテラン騎手のカルロスが体調を壊したため、トレーシーは彼の馬に乗って出走。そして、レースでまさかの勝利。ところが、トレーシーに八百長疑惑がかかり・・・

第23話「人質なんて初体験」(2024年5月15日)

ジェシカは女子刑務所に出向き、小説の講義をする。ところが、講義の最中に警報が鳴り響き、医師のマシューズが死体で見つかる。近くにいた受刑者のメアリーが連行されると、他の受刑者たちは反発、暴動を起こして・・・

第24話「変な手紙がいっぱい」(2024年5月22日)

【キャボット・コーブ】の南端にある岬に巨大マンションを建設する計画が持ち上がるが、ジェシカたち住民の多くは反対していた。そんな折、土地を所有するベバリーが感電死し、住民たちを非難する匿名の手紙が届くようになり・・・

第25話「悪霊が遺跡に踊る」(2024年5月29日)

ジェシカは医師のセスに誘われ、ニューメキシコにある遺跡発掘現場にやってくる。現場には、学者や出資者が集まっている。夜になり、みんなで食事をとっていると、崖の上から奇妙な歌声が聞こえてきて・・・

第26話「口紅に殺意をこめて」(2024年6月5日)

ニューヨークにやってきたジェシカは、化粧品会社のPR会場で教え子だったリズを再開する。化粧品会社社長・ノーマンの愛人だというリズは、マンションでなくなっており・・・

 

【見どころ】『刑事コロンボ』の製作者が贈る、楽しいミステリー!

(出典:President Of Physical Media on X)

ドラマ『ジェシカおばさんの事件簿』で製作にあたったリチャード・レヴィンソン、ウィリアム・リンクは、『刑事コロンボ』の原作者です。

『刑事コロンボ』は、“倒叙(とうじょ)ミステリー”という、初めから犯人がわかっている物語形式を取ります。

コロンボと違い、『ジェシカおばさんの事件簿』は視聴者も主人公といっしょに犯人を推理する王道のミステリーです。ただし、コミカルなキャラクターと作品を貫く楽しい雰囲気は、コロンボを踏襲しています。