映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマの紹介、教育

名作『ギルバート・グレイプ』テレビ放送!解説!【いい人になりたい】本当の意味とは?

スポンサーリンク

名作『ギルバート・グレイプ』テレビ放送!解説!【いい人になりたい】本当の意味とは?

「あなたは? あなたの望みは?」

「いい人間になりたい」

 

泣ける! ヒューマン・ドラマの名作、映画『ギルバート・グレイプ』がBSでテレビ放送されます。

この記事では、映画『ギルバート・グレイプ』のあらすじご紹介。また、原作と照らし合わせながら、原作者が伝えたかったメッセージを読み解いてゆきます。

 『ギルバート・グレイプ』BSでのテレビ放送はいつ?原題の意味は?ディカプリオは何歳だった?

『ギルバート・グレイプ』は1993年のアメリカ映画。

家族の面倒をみるため田舎町を離れられない青年が、少女との出会いをきっかけに人生を見つめ直す、ヒューマン・ドラマです。

自閉症の弟を演じたレオナルド・ディカプリオは、当時19歳。アカデミー助演男優賞にノミネートされています。

映画『ギルバート・グレイプ』
原題  What's Eating Gilbert Grape
製作 1993年
製作国 アメリカ
上映時間 117分
監督 ラッセ・ハルストレム(『僕のワンダフル・ライフ』)
原作 ピーター・ヘッジズ『What’s Eating Gilbert Grape』
脚本 ピーター・ヘッジズ
出演 ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイス

原題は【 What's Eating Gilbert Grape 】。

直訳すると、「何がギルバート・グレイプを食べているのか?」となります。ただ、【 eat 】には、「~を悩ませる、イライラさせる」という使い方もあります。

全体で「何がギルバート・グレイプを苦しめているのか?」という意味になり、作品の主題にもなっています。

 

映画『ギルバート・グレイプ』のテレビ放送は、2022年4月27日(水)。NHKのBSプレミアムの「BSシネマ」にて。

13:00 ~ 14:59

字幕スーパーでの放送となります。

 『ギルバート・グレイプ』あらすじ【家族のために自分を犠牲に!心優しい青年を変える、少女との出会い】

アイオワ州のいなか町、エンドーラ。食料品店ではたらく青年・ギルバート(ジョニー・デップ)は生まれてから24年間、この町から出たことがありません。

 

ギルバートは、知的障害をもつ弟・アーニー(レオナルド・ディカプリオ)と過食症で動けない母・ボニーの世話をしています。姉と妹の生活も支えています。

家族を捨て、自分だけ町を出るわけにいかなかったのです。

 

さて、弟アーニーの18歳の誕生日が、次の日曜日にせまっていました。しかし、パーティの準備でなにを受け持つか、言い合いになってしまい、ギルバートはうんざり。

 

あるとき、アーニーが町の給水塔によじ登り、警察も出動する騒ぎを起こしてしまいます。その様子を見ていたのが、少女・ベッキー(ジュリエット・ルイス)です。

トレーラーに乗って世界を旅していたベッキーは、トレーラーが故障したため、エンドーラの町にとどまることになったのです。

 

風のように自由なベッキーと出会い、ギルバートの気持ちにも変化が訪れ・・・

▲クリックすると動画が読み込まれます。

 

“ギルバート・グレイプを苦しめていたもの”とは?【いい人になりたい】本当の意味も解説!

優しい若者を追いつめる“田舎の閉塞感”! 実はそれだけではない?

中盤。1時間01分32秒。

ベッキーとギルバートはこんな会話を交わします。

 

ベッキー「あなたの望みを浮かべて」

ギルバート「新しい家を僕の家族に。お袋にエアロビクスを。アーニーに新しい脳を・・・」

 

ベッキー「自分には? あなたの望みは?」

ギルバート「いい人間になりたい」

 

弟や太ったママの面倒を見ているギルバート。ただでさえ優しい彼が、「いい人になりたい」なんて・・・

 

映画だけを見ていると、さびれた田舎の閉塞感が、優しい青年を追いつめている・・・そんな風に受け取れます。

しかし、原作『What's Eating Gilbert Grape』を読むと、この作品はもっと広い意味での社会批判・哲学的示唆に富んでいることがわかります。

不平等と欺瞞(ぎまん)、アメリカ社会への批判? 原作が突き付ける【いい人になりたい】の意味とは?

英語タイトル【 What's Eating Gilbert Grape 】は、「何がギルバートをイライラさせているのか?」という意味でした。

 

この物語は、ギルバートを苦しめているものの正体を突き止める話、でもあります。

原作を読みすすめると、この問いの答えとして、以下のような候補があげられます。

 

① ギルバートを苦しめているのは、知的障害の弟・アーニーであり過食症の母・ボニーである。

② ギルバートを苦しめているのは、“いい人であろうとすること”である。

③ ギルバートを苦しめているのは、父と同じように感情を押し殺し、じっと我慢する生き方である。

 

①は表面的な答え。

③はベッキーに気づかされる答えです。このままじゃ、自殺したお父さんと同じ末路をたどってしまうよ、と。

 

解釈が難しいのが②。

 

ギルバートは感情を表に出さないキャラクターなので、映画だと、なかなか本音が見えません。

しかし、原作では、たびたび嫌悪感をあらわにする時があります。

  • 町を出て行った“偽善者”の友人がキャスターとして成功し、みんなからチヤホヤされていることへの怒り。
  • 障害者どうしの徒競走で、みんなを1位にしようとする、“うわべだけの平等”に対する嫌悪感。

 

原作には、こんな場面もあります。

知的障害をもつアーニーは、障害児たちが集まる仮装大会に参加します。アーニーは星条旗(=アメリカ)を連想させる服を着ています。

そんなアーニーは、暴力で他の子たちをねじ伏せようとします。でも、アーニーは障害者なので、そこまで怒られません。

 

これを見たギルバートは、

「弟のふるまいは、“今日のアメリカ”と同じだ。チカラで他者を打ちのめそうとしている・・・」

と、皮肉を言っているのです。

 

正直者(=いい人)が我慢を強いられ、他人をあざむいている人間のほうが幸せな生活を送っている・・・そんなアメリカ社会の“不平等”に対する怒りが、原作には散りばめられています。

 

 

小説を書いたのは、ピーター・ヘッジズ

彼は映画『ギルバート・グレイプ』の脚本も書いています。ただ、映像化するにあたって“核”となる部分を削っています。

【英語版】を読める人は、ぜひ原作も手に取ってほしい。

 

80~90年代のアメリカ文学らしく、巧みに使われたメタファーと哲学的示唆。映画とはひと味違う感動があります。