映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

アガサ・クリスティ入門!読みやすい文庫本おすすめ7選

スポンサーリンク

アガサ・クリスティ入門!読みやす文庫本おすすめ7選

 “ミステリの女王”アガサ・クリスティ。

彼女の小説を読んだことがない人でも、『オリエント急行殺人事件』『そして誰もいなくなった』といった作品名は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

この記事では、クリスティを知らない人でも楽しめる、初心者向けの本をご紹介します。

 

アガサ・クリスティは、こんな作家!

 

 アガサ・クリスティはイギリスの推理作家です。1890年、使用人のいる裕福な家に生まれたアガサ。学校には通わず、母から教育を受けました。空想好きなアガサが子供の頃に書いた小説は、母を驚かせました。のめりこむほど面白かったのです。

 

アガサは1920年、『スタイルズ荘の怪事件』で小説家デビュー。読みやすい語り口、大胆なトリックがミステリーファンの心をつかみ、人気作家となります。

 

クリスティの作品は人物描写にもすぐれ、嫉妬やうぬぼれなどネガティブな感情も魅力的に描かれています。

 

 

 アガサ・クリスティ入門!読みやすい文庫おすすめ本7選

 

 

文庫で読むなら、ハヤカワの「クリスティ文庫」がおすすめ!

 

クリスティの著作は、作品によってはいくつもの出版社から発売されています。でも、初心者が読むなら、だんぜん早川書房の「クリスティ文庫」がおすすめ!

 

翻訳者はバラバラですが、数多くのクリスティ作品を扱ってきた出版社だけに、安心感があります。

 

『ABC殺人事件』

 

 出版:1936年

探偵:エルキュール・ポワロ

 

名探偵ポワロのもとに、「ABC」と名乗る人物から、挑戦状が送られてきます。

「6月21日。アンドーヴァー(=イギリスの地名)を警戒せよ」

 

挑戦状に書かれた予告どおり、Aで始まる町の(Andover)で、イニシャルがAの女性が命を奪われます。その後、アルファベットの順番に第2、第3の事件が起き・・・

 

頭のおかしな愉快犯か? それとも?

 

ページをめくる手が止まらなくなる、テンポの良さ。大胆な設定。クリスティ入門には最適な一冊です。

 

『アクロイド殺し』

 

出版:1926年

探偵役:ポワロ

 

イギリスの田舎。真夜中の電話にかけつけたシェパード医師が見たのは、村の名士・アクロイドの無残な姿でした。時を同じくして、アクロイドの甥っ子も行方不明になります。

 

仕事を引退し、この村でカボチャを栽培していたポワロは、事件に巻きこまれ・・・

 

 

はじめてこの小説を読み終えたとき、興奮して眠れませんでした。推理小説を2度読み返したのは、この時だけ。この本をまだ読んでない人が羨ましい。あの体験をこれから味わえるのだから・・・

 

『そして誰もいなくなった』

 

出版:1939年

探偵役:—

 

オーウェン夫妻から招待され孤島に集まった、年齢も職業も異なる10人の男女。ところが、招待主の姿は島にはなく、手紙もニセモノであることが判明します。そして、夕食の席で不気味な声が響きます。

 

それは、10人が過去に犯した罪を告発する内容でした。やがて、マザー・グースの童謡になぞらえて、1人、また1人と始末されてゆき・・・

 

 

外の世界との連絡手段を絶たれ、追いつめられてゆく恐怖! 疑心暗鬼になってゆく生存者たち。閉鎖された空間で事件が起こる、“クローズド・サークル”ものの代表格です。どれだけの作家が、この作品に影響されたことか! もっとも出版された、クリスティの代名詞です。

 

 

『邪悪の家』(エンドハウスの怪事件)

 

 出版年:1932年

探偵役:ポワロ

 

南部の海岸でバカンスを楽しむポワロは、天真爛漫な美女・ニックと出会います。海岸近くのエンドハウスの所有者だという彼女は、ここ最近、3回も危ない目に遭ったといいます。すると、会話の最中、一発の銃弾が!

 

ニックを守るためエンドハウスへ赴くポワロでしたが、遂に悲劇は止められず・・・

 

 

ポワロのことを“名探偵”と知りつつ、大胆な犯行を続ける犯人。ポワロが最も苦戦した事件のひとつでしょう。「これはやられた!」と心底驚きました。

 

 

『動く指』

 

出版:1943年

探偵役:ミス・マープル

 

戦争中、飛行機事故で負傷したジェリー。彼は、静養のために妹ジョアナと田舎町にやってきます。すると、「ジェリーとジョアナは兄妹ではない」と、誹謗中傷の手紙が届きます。この町には、他の人々に対しても嫌がらせの手紙が送りつけられていました。やがて、悲劇が起こります。

 

「誰だ! 匿名の手紙を出しているのは?」

ジェリーとジョアナは聞きこみを始めますが・・・

 

誹謗中傷。匿名の手紙・・・まさに、今でも通じるテーマ。最後にちょこっと登場して、若い2人に知恵を授ける老婦人ミス・マープルが素敵!

 

 

『スリーピング・マーダー』

 

 出版:1976年(執筆は1943年)

探偵役:ミス・マープル

 

 

新婚の妻・グエンダはヴィクトリア朝の素敵な家を購入して、改装をはじめます。ところが、違和感が! 初めての家のはずなのに、石段の数、ドアの位置まで知っているような気がするのです。そして、見覚えのあるヒナゲシ模様の壁紙!

 

やがてグエンダは記憶の片すみに眠っていた、恐るべき事件のことを思い出します。それは、幼い彼女がこの家で見た犯行現場だったのです!

 

 

過去を暴かれることを嫌う住人たち。トラウマと闘いつつ、聞きこみを続けるグエンダ。それを手助けする老婦人ミス・マープル。読み物として、抜群に面白い!

 

 

『ゼロ時間へ』

 

 出版:1944年

探偵役:バトル警視

 

静かな海辺の館に集まっていたのは、スポーツ選手とその若い妻、そして前妻。館の主の老婦人と、その使用人たち。そして、莫大な遺産を残し、老婦人が犠牲となります。

 

すぐさま、ある人物が疑われますが、これは恐るべき計画の幕開けに過ぎませんでした・・・

 

 

「事件は、起こる前から始まっている」

という哲学のもと、犯人が計画を立てる時点から物語はスタート。そして、犯行の瞬間“ゼロ時間”へと向かってゆきます・・・

 

ミステリーの定義をくつがえす、大胆な手法! 数々のトリックの先駆者でありながら、小説技法への挑戦者でもあったクリスティ。用意周到に張られた伏線の数には、ただただ驚かされます。

 

 

まとめ

 

アガサ・クリスティの推理小説は、たくさん映像化されています。でも、映画やドラマではなく、できるだけ小説で体験してほしい。

 

というのも、集中力が必要な小説のほうが、作品世界にのめりこめます。そのぶん、意表をつくトリックと意外な真相を知って、シンプルに驚けるからです。