映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

おすすめはどれ?映画「エアポート」シリーズ&タイトル似のB級作品を紹介

スポンサーリンク

おすすめはどれ?映画「エアポート」シリーズ&タイトル似のB級作品を紹介

映画『大空港』(1970)は、さまざまな人間模様を描く群像劇の傑作です。『エアポート'75』という続編も作られ、航空パニック映画としてシリーズ化されました。

 

ところが、のちに似たようなタイトルのB級映画が大量に販売されたため、「エアポート=駄作」というイメージが定着してしまっています。

 

この記事では、原点となる第1作『大空港』のあらすじをお届け。また、本家「エアポート」シリーズと、タイトルだけ似ているB級映画たちを区別してご紹介したいと思います。あくまで目安として、おすすめ度も併記しました。

 

映画『大空港』(1970)あらすじ

 

 大雪に見舞われた、シカゴの空港。出発の遅れていたローマ行きの便に、爆弾を持った男が乗りこんだとの情報が! 隣りの席には、無賃乗車の常習犯である老女が座っています。

 

機長と主任スチュワーデスは、老女を味方に引き入れ、爆弾男の計画を防ごうとしますが・・・

 

 

 

航空パニックが起こるのは、開始95分を過ぎてから。それでも、職務のあつれき、男女関係のもつれ、生活に困窮する犯人・・・人間ドラマが丁寧に描きこまれていて、お芝居に見入ってしまいます。

 

空港長「私としても、重婚しているようなものだ。仕事と女と・・・」

離婚寸前の妻「第2夫人は、もう嫌!」

 

このような洗練されたセリフもいっぱい。いくつもの人生を垣間見せてくれる群像劇として、見応えがあります。

 

 

本家「エアポート」シリーズは、4作品だけ!

 

1970年公開の『大空港』(原題は、Airport)が大ヒットしたことにより、「エアポート」シリーズは4作まで作られました。1作目は、人間ドラマに重きを置いた群像劇。2作目の『エアポート'75』以降は大きく変わり、アクション要素の強い航空パニックとなっています。

本家「エアポート」シリーズ
タイトル 原題 製作年 出演
大空港 Airport 1970年 バート・ランカスター
エアポート'75 Airport 1975 1974年 チャールトン・ヘストン
エアポート'77/バミューダからの脱出 Airport '77 1977年 ジャック・レモン
エアポート'80 The Concorde…Airport'79 1979年 アラン・ドロン

 

『大空港』(1970)・・・全体の2/3は、飛行機が離陸するまでの人間ドラマ。異常事態に立ち向かう人々を描く、パニック映画の元祖。

⇨ 『ポセイドン・アドベンチャー』(1972)『タワーリング・インフェルノ』(1974)『タイタニック』(1997)などへ影響。

 

『エアポート'75』(1974)・・・『大空港』の続編。ジャンボ旅客機内での救出劇がメイン。航空パニックの火付け役となる。

⇨ 『エグゼクティブ・デシジョン』(1996)『エア・フォースワン』(1997)『乱気流/タービュランス』(1997)などへ影響。

 

おすすめはどれ? B級映画「エアポート」シリーズ

 

 これからご紹介する「エアポート」シリーズは、タイトルに“エアポート”と付いていますが、本家とは無関係です。配給会社が、まったく別タイトルの航空パニックを探してきて、“エアポート”という邦題を付けているだけ

 

 

多くは、本家に比べたら脚本もひどいし、俳優陣の質も劣ります。質の高い映画を見たいなら、本家の「エアポート」シリーズを見るべきです。それでも、チープなB級映画が好きな人もいると思うので、かけ足でご紹介します。

 

なお、B級映画の配給で有名なアルバトロス社が関わっているものは、記載しています。

 

『エアポート'98』

 

原題:Mercy Mission:the Rescue of Flight 771

製作年:1998

製作国:アメリカ

出演:スコット・バクラ(『スタートレック:エンタープライズ』)

 

 自称“空飛ぶ便利屋”の操縦士ジェイは、金のため、セスナ機を空輸する仕事を請け負う。ところが計器の故障で、セスナ機は予定の飛行コースから外れてしまう。たまたま近くを飛行していた旅客機のベテラン機長・ゴードンは救出を試みるが・・・

 

実話をもとにしたアメリカのTV映画。NHKで放送されたこともあり、他のニセ「エアポート」シリーズとは別格。男たちの友情に胸が熱くなります。

 

 おすすめ度:★★★★☆ 

 

『エアポート'99』

原題:Airspeed

製作年:1998

製作国:アメリカ

出演:エリシャ・カスバート(ドラマ『24』)

 

カミナリが直撃し、上空3万フィートで操縦不能となったジェット機。パイロットも乗務員も、みんな意識不明。たった1人残された13歳の少女が、管制塔の指示で運転してみることに・・・

 

ドラマ『24』でジャック・バウアーの娘を演じた、エリシャ・カスバートの映画デビュー作。口の悪い女の子が危機で見せる、キラリとした人間性。彼女の演技は光るものがあります。

 

おすすめ度:★★★☆☆

 

『エアポート2000』

 

原題:Killing Moon

製作年:2000年

製作国:アメリカ、カナダ

出演:ペネロープ・アン・ミラー(レリック)

DVD販売元:アルバトロス

 

ハワイの空港を飛び立った旅客機の中で、乗客が次々と血を吐いて倒れる。原因は放射能汚染。事件の裏には、国家安全保障委員会によるDNA操作が関係しており・・・

 

おすすめ度:★★☆☆☆

 

『エアポート2001』

 

原題:Nowhere to Land

製作年:2000年

製作国:アメリカ、オーストラリア

出演:ジャック・ワグナー(ドラマ『メルローズ・プレイス』)

DVD販売元:アルバトロス

 

科学者のフィリップは、自分を捨てた妻が許せない。彼は妻の乗る旅客機に、時限装置付きの爆弾を仕掛けて・・・

 

刻一刻とせまる爆破時間。同時進行する地上の犯人との攻防戦。緊張感はなかなか。

 

おすすめ度:★★★☆☆

 

 『エアポート'02』

原題:Rough Air:Danger on Flight 534

製作年:2001年

製作国:アメリカ

出演:エリック・ロバーツ(『暴走機関車』)

DVD販売元:アルバトロス

 

着陸時の事故のため、しばらく休職していた機長のマイク。副操縦士の代わりで乗ったAJ534便で、事故が発生。操縦桿をにぎったマイクは、機体を水平に戻そうと試みるが・・・

 

おすすめ度:★☆☆☆☆

 

『エアポート'03』

『エアポート'03』航空パニックシリーズ

原題:CODE 11-14

製作年:2003年

製作国:アメリカ

出演:デヴィッド・ジェイムズ・エリオット

 

連続殺人事件を捜査していた、FBIのカート。オーストラリア上空を飛ぶジェット機の機内で、被害者のイヤリングを発見。

 

「犯人はここにいる!」

カートは息子を乗務員に預け、機内を捜査するが・・・

 

おすすめ度:★★☆☆☆

 

『エアポート'04』

 

原題:Junior Pirot

製作年:2004年

製作国:アメリカ

出演:マーク・ダカスコス(『クライング・フリーマン』)

DVD販売元:アルバトロス

 

ワシントン行きの旅客機に乗った、空想が好きな少年リッキー。機内には、インカ帝国の秘宝「黄金のマスク」を盗んだ犯人が乗りこんでいた!

 

パニックとは無縁の、ファミリー向けのコメディ。“これじゃない感”がしてしまいます。これは、“エアポート”と邦題を付けるほうが酷い。

 

おすすめ度:★☆☆☆☆

 

『エアポート'05』

原題:Crash Landing

製作年:2004年

製作国:アメリカ

出演:マイケル・パレ(『フィラデルフィア・エクスペリメント』)

DVD販売元:アルバトロス

 

事故を起こしたため、空軍から退いたジョン。富豪の娘を守るため、たまたま搭乗した飛行機でハイジャック事件に巻きこまれて・・・

 

燃料もれ、機長のケガ、確保できない滑走路、台風。トラブルのフルコースですが、緊迫感は今ひとつ。

 

おすすめ度:★★☆☆☆

 

『エアポート ユナイテッド'93』

原題:Flight 93

製作年:2006年

製作国:アメリカ

出演:ジェフリー・ノードリング(ドラマ『24』)

 

9.11の同時多発テロで墜落した「ユナイテッド航空93便」。この機に乗り合わせた人々が、犯人たちに立ち向かう姿を描く。

 

“乗客たちは、共和党政権のために命を投げ出した”

と印象付ける、プロパガンダ臭のする問題作。あの大事件を軽々しく映画にしてよいのか、考えさせられます。

 

おすすめ度:―

 

 

『エアポート'08』

『エアポート'08』航空パニック映画

原題:Destination:Infestation

製作年:2007年

製作国:アメリカ

出演:ジェサリン・ギルシグ(ドラマ『プリズン・ブレイク』)

DVD販売元:アルバトロス

 

アトランタ行き603便の乗客が突然苦しみだす。昆虫博士のロスは、原因は“弾丸アリ”による猛毒だと突き止める。アリが本土に持ちこまれる事を怖れた米政府は、603便の撃墜命令を出し・・・

 

おすすめ度:★★☆☆☆

 

『エアポート トルネード・チェイサー』

 

『エアポート トルネード・チェイサー』ドイツの航空パニック

 

原題:Entscheidung in den Wolken

製作年:2009年

製作国:ドイツ、オーストリア

出演:ヴァレリー・ニーハウス

 

ミュンヘン行きSA473便は、巨大竜巻“スーパーセル”に接近。女性機長アンドレアは小さな飛行場に緊急着陸させるが、航空会社は彼女を停職処分にする。巨大竜巻の原因を究明するため地方へ向かったアンドレアは、農場である兄弟と出会い・・・

 

パニック映画ではなく、キャリア・ウーマンが粗野な男に惹かれる恋愛もの。失意の女性が人生を見つめ直すドラマとしては、◎

おすすめ度:★★★☆☆

 

『エアポート2010』

 

原題:Faktor 8-Der Tag ist gekommen

製作年:2009年

製作国:ドイツ

DVD販売元:アルバトロス

 

ミュンヘン行き111便。インド洋の上空を航行中、突然、乗客が血を流して倒れる。原因は未知のウィルス。機内には隔離室が設けられ、ドイツ連邦軍まで出動する事態となり・・・

 

終始バタバタした展開ですが、ドイツ映画らしいオチの付け方はアリかも。

 

おすすめ度:★★★☆☆

 

『エアポート2011』

 

原題:Airline Disaster

製作年:2010年

製作国:アメリカ

出演:メレディス・バクスター(ドラマ『ファミリー・タイズ』)

DVD販売元:アルバトロス

 

最先端のシステムで制御されているジェット機。上空でテロ組織にハイジャックされ、犯人たちは大統領に仲間の釈放を要求。渋る大統領。犯人側は旅客機そのものを兵器として、低空飛行で街を襲い・・・

 

「B級映画を配給しまくるアルバトロス」+「サメ映画量産のアサイラム」

一部マニアの心をくすぐる映画会社がタッグを組んだ、“期待”の作品。

 

ぺらぺらのCG。ゆるゆるの警備。テンプレの犯人と大統領。SPの女性にボコられる最弱テロリスト達。ここまでくると、逆の意味で、“求めていた物”かもしれない。

 

おすすめ度:★☆☆☆☆

B級マニアには:★★★★★

 

 

『エアポート2012』

 

原題:Air Collision

製作年:2012年

製作国:アメリカ

出演:レジナルド・ヴェルジョンソン(『ダイハード』)

DVD販売元:アルバトロス

 

大統領専用機エア・フォースワンのCPUシステムが誤作動を起こす。民間機に向かってミサイルを発射して・・・

 

エア・フォースワンから撃ちこまれ、不発弾となったミサイルを機体の外に投げ、空いた穴を手荷物で塞ごうとする乗客たち。もはやツッコミが追い付かないほど、映画史に残る迷シーン。ここだけでも見る価値あり。

 

おすすめ度:★★☆☆☆

B級マニアには:★★★★☆

 

 

『エアポート2013』

 

原題:Collision course

製作年:2012年

製作国:アメリカ

出演:ティア・カレル(『トゥルーライズ』)

DVD販売元:アルバトロス

 

太陽のフレアから出る電磁波が、管制塔のシステムを破壊。上空を飛んでいる7000機もの機体が制御を失い、衝突の危機が・・・

 

要素があり過ぎるとゴチャゴチャするけど、なさすぎると退屈に感じるかも。地味。

 

おすすめ度:★☆☆☆☆

 

 

『エアポート2014』

 

火山に突っこむ『エアポート2014』

原題:Airplane vs Vokcano

製作年:2014年

製作国:アメリカ

出演:ディーン・ケイン(ドラマ『新スーパーマン』)

DVD販売元:アルバトロス

 

ハワイの島で火山が噴火。たまたま付近の上空を飛んでいた旅客機は、噴火する火山に突っこんでしまう。乗客の一人リックは、亡くなった機長に代わりに操縦桿を握り、危機を回避しようとして・・・

 

安っぽいCGでも、旅客機が火山群に突っこむ場面は迫力あり。もう少し、導入部分のストーリーがしっかりしていれば・・・

 

おすすめ度:★★☆☆☆

 

 

『エアポート2015』

 

原題:Flight World War Ⅱ

製作年:2015年

製作国:アメリカ

出演:ファラン・タヒール(『アイアンマン』)

DVD販売元:アルバトロス

 

ロンドンに向けて飛んでいた旅客機は乱気流に巻き込まれ、第2次大戦中のヨーロッパにタイムスリップしてしまう。機長はイギリス軍の通信士と無線でやり取りしながら、情報を集めて・・・

 

原子力空母が真珠湾攻撃の前日にタイムスリップする『ファイナル・カウントダウン』(1980)を、飛行機に置き換えたようなストーリー。歴史学者が乗り合わせているのに、細かな部分でつじつまが合わないのはご愛敬。

 

荒唐無稽を楽しめるなら、全然あり。

 

おすすめ度:★★★☆☆

 

 

『エアポート2018』

 

原題:Flight 666

製作年:2018年

製作国:アメリカ

DVD販売元:アルバトロス

 

ニューヨーク行きUS57便はカミナリ雲に飲みこまれ、制御を失う。機長は手動で機体をたて直すが、乗客の一人が暴れ出す。

 

電気系統の故障の原因は?

機内に現れる人の顔の正体は?

疑心暗鬼と狂気が感染してゆく、オカルト要素満載のパニック映画。恐怖を煽る者や、なだめる者。人物配置のバランスも良くて、面白い。

 

おすすめ度:★★★★☆