映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

『ヴェノム』は『スパイダーマン3』に出てくる?アベンジャーズとの共演が見られるアニメのDVDは?

『ヴェノム』は『スパイダーマン3』に出てくる?マーベル映画ではないの?アベンジャーズ

マーベル・コミック「スパイダーマン」に登場する悪役を主人公にした映画『ヴェノム』が、地上波テレビ放送されます。

 

ヴェノムは、2007年の映画『スパイダーマン3』にも出てくる?

ヴェノムは、原作や『スパイダーマン3』のときと設定が違う?

 ヴェノムのことがよくわかるアニメのDVDは?

この記事では、そういった疑問に簡単に答えてゆきます。

ダークヒーロー映画『ヴェノム』地上波放送はいつ? 怖い?タイトルの意味は?

 『ヴェノム』は2018年のアメリカ映画。謎の生命体に“寄生”された新聞記者が、ダークヒーローとして活躍するアクションです。

ダークヒーロー映画『ヴェノム』
原題 Venom
製作国 アメリカ
公開年 2018年
ジャンル アクション
上映時間 112分(1時間52分)
監督 ルーベン・フライシャー(『ゾンビランド』)
脚本 ジェフ・ピンクナー他3人(ドラマ『エイリアス』)
出演 トム・ハーデ、ミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド

 原題の【  Venom 】には、「毒、恨み、悪意」といった意味があります。

ヴェノムは見かけもグロテスクだし、“人間を食らう”という設定です。しかし、決して怖くはなく、主人公と寄生生物のやり取りが楽しい映画です。

 

『ヴェノム』の地上波放送は、2021年8月7日()。フジテレビ系列「土曜プレミアム」にて。

21:00 ~ 23:10

『ヴェノム』は『スパイダーマン3』に出てくる? 原作との違いは?

アメコミの原作『Venom』と、2007年に公開されたサム・ライミ版『スパイダーマン3』に登場する寄生生物と、2018年に公開された『ヴェノム』は、すべて設定が違います。

アメコミの原作『Venom』・・・スパイダーマンの宿敵から、ヒーロー活動も?

初代ヴェノムの宿主は、ニューヨークの記者エディ・ブロックです。

スパイダーマンに誤報記事を書いたことをバラされたエディは、スパイダーマンをはげしく憎みます。エディは寄生生物シンビオートにとり憑かれ、怪物『ヴェノム』として、スパイダーマンの前に立ちはだかります。

幾たびの対決のあと、故郷へ戻ったエディはヒーロー活動を始め、ときにはスパイダーマンと共闘することもありました。

その後、寄生生物シンビオートは宿主を変え、2代目ヴェノム、3代目ヴェノムが誕生してゆきます。

サム・ライミ版の『スパイダーマン3』・・・最初の宿主はピーター? スパイダーマンの黒いヤツも登場?

2007年に公開された『スパイダーマン3』。最初の宿主はエディ・ブロックではなく、ピーター(スパイダーマン)でした。

 

ピーターは叔父さんの命を奪った犯人を恨むあまり、謎の生命体シンビオートに寄生されます。悪のパワーにとり憑かれてしまったピーターは、“黒いスパイダーマン”となり、正義の味方とは思えないような行動を取るようになります。

恋人を失いかけたピーターが教会で懺悔(ざんげ)すると、寄生生物は新聞記者のエディの体に乗り移ります。

 

 2018年の映画『ヴェノム』・・・原作との大きな違い!誕生にスパイダーマンが関与してない?

サンフランシスコの記者エディ・ブロックは、危険な人体実験をしているライフ財団の施設に侵入した際、地球外生命体シンビオートに寄生されます。

凶暴性に目覚めたエディは、

「俺たちが一つになれば、何だってできるぞ!」

という寄生生物の声に悩まされながらも、そのパワーをコントロールしようとします。

 

アメコミの原作『Venom』と大きく異なり、ヴェノムの誕生にスパイダーマンが関わっていません。本来、ヴェノムは“スパイダーマンへの恨み”から強くなったダークヒーローなので、そこが描かれていないのは残念です。

『ヴェノム』はマーベル映画ではないの? ヴェノムのことがもっとわかるアニメのDVDは?

『ヴェノム』はマーベル映画ではないの?

『ヴェノム』の原作はマーベル・コミックのアメコミです。

しかし、アイアンマン、キャプテンアメリカなど、マーベルのヒーローを同じ世界観の中で描いた【マーベル・シネマティック・ユニバース】(MCU)の作品ではありません。

 

これには、“映画化権”が関係しています

 

マーベル・コミックのほとんどのキャラクターの映画化権は、マーベル・スタジオが持っています。

そんな中、スパイダーマンとその関連キャラクター(=ヴェノムも含む)の映画化権は、ソニー・ピクチャーズが有しています。

 

MCUにスパイダーマンを登場させたいマーベル・スタジオは、ソニー・ピクチャーズと交渉に入ります。その結果、両スタジオはライセンス契約を結びます。

スパイダーマン関連の映画化権はソニーが保持したまま、スパイダーマンだけがマーベル・スタジオの映画に“特別出演”しているのです。

 

《マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のスパイダーマン登場作品》

  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)・・・MCUの13番目
  • 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)・・・MCUの16番目
  • 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)・・・MCUの19番目
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)・・・MCUの22番目
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年)・・・MCUの23番目

 

http://マーベル・シネマティック・ユニバース

 

いっぽう。ソニー・ピクチャーズは、【ソニー・ピクチャーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクター】(SPUMC)という映画シリーズを立ち上げました。

これは、スパイダーマンに登場するヴィラン(悪役)を中心とした作品群です。

 

 

《ソニー・ピクチャーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクター》の作品

  • 『ヴェノム』(2018年)
  • 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(2021年)
  • 『モービウス』(2022年)・・・吸血鬼となった生物化学者
  • 『クレイヴン・ザ・ハンター』(未定)・・・身体能力を強化したハンター

(⇦『ヴェノム』はマーベル・コミックが原作だけど、ソニー・ピクチャーズの映画である!!)

 

SPUMCはソニー独自の企画で、MCUはマーベル・スタジオの企画。映画化権が別々なので、2つのシリーズをキャラクターが横断するのは難しい、といえます。

ヴェノムのことがわかるアニメのDVDは?アベンジャーズとの“共演”が見られる漫画は?

 ヴェノムのことを短時間で知りたいなら、マーベルアニメイテッドユニバースの中から「スパイダーマン VS ヴェノム」のエピソードを抽出したDVD『スパイダーマン:ザ・ヴェノム・サガ』がおすすめ。

スパイダーマンへの憎しみから生まれたヴェノムの魅力、実写版の『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』にも出てくるカーネイジとの出会い、さらにアイアンマンとウォーマシンのゲスト出演もあります。

 

また、アメコミに、『マイティ・アベンジャーズ:ベノム・ボム』という漫画があります。この本には、アベンジャーズの前に寄生生命体シンビオートが現われ、ハルクらが“ヴェノム”化してしまうエピソードがあります。

正確には、“アベンジャーズと寄生生命体シンビオートの共演”ですが、MCUファン&ヴェノムファンには必見のエピソードです。