映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマを通して、もっと映画を好きになれるブログ

実写版『東京リベンジャーズ』キャスト紹介【ドラケン役&清正役は誰?】

  当サイトにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク

実写版『東京リベンジャーズ』キャスト紹介【ドラケン役&清正役は誰?】

不良マンガ✕タイムリープ

 

「ヤンキー漫画」と「SF」という斬新な組み合わせと、魅力的なキャラクター。原作マンガは7000万部も売れ、実写映画としても大ヒットした『東京リベンジャーズ』(2021)が地上波テレビ放送されます。

この記事では、実写版『東京リベンジャーズ』登場キャラクターとキャストをご紹介。

※なお、できるだけネタバレはしません。

実写版『東京リベンジャーズ』地上波テレビ放送(2023)はいつ?

『ライオンキング』は2021年の日本映画。

不良集団【東京卍會】の抗争を止めるため、負け犬フリーターがタイムリープをくり返すSFアクションです。

映画『東京リベンジャーズ』(2021)概要
製作年 2021年
ジャンル SF、アクション
上映時間 120分
監督 英 勉(はなぶさ つとむ)
原作 和久井健(『東京卍リベンジャーズ』)
主題歌

SUPER BEAVER「名前を呼ぶよ」

声の出演 北村匠海、吉沢亮、山田裕貴 、今田美桜
 実写版『東京リベンジャーズ』のテレビ放送は、2023年4月15日(。フジテレビ系列「土曜プレミアム」にて。
21:00 ~ 

>>【2023年 放送予定】地上波テレビ映画の放映スケジュール一覧!

 

原作は週刊少年マガジンで連載された、和久井健の『東京卍リベンジャーズ』。TVアニメ化・舞台化もされています。

実写版『東京リベンジャーズ』あらすじ【タイムリープで高校時代の恋人と弟の命を救え!】

底辺フリーターのタケミチ(北村匠海)は、高校時代の彼女・橘ヒナタ(今田美桜)と弟のナオト(杉野遥亮)が死亡したことをニュースで知ります。二人は半グレ集団【東京卍会】(とうきょう まんじかい)の抗争に巻き込まれ、亡くなったというのです。

 

翌日。タケミチは、何者かに駅のホームにつき落とされます。死を覚悟した瞬間、タケミチは10年前の渋谷駅にタイムリープします。

タクヤら高校時代の同級生と再会したタケミチですが、キヨマサ(鈴木伸之)たち【東京卍会】のメンバーにフルボッコにされます。

その直後、ナオトとばったり出会ったタケミチは、

「10年後の7月1日、お前の姉ちゃん(=ヒナタ)は死ぬ、お前もな。お前が橘を守れ!」

と告げます。ナオトと固く握手すると、タケミチは現在に引き戻されます。

 

10年後に戻ったタケミチは、駅の医務室でナオトと再会します。タケミチの言葉を信じたナオトは刑事となり、【東京卍会】を捕まえるために奮闘していました。

しかし、姉・ヒナタの死を止めることはできませんでした。

 

【東京卍会】が暴力団も止められない犯罪集団となったのは、佐野万次郎稀咲鉄太というトップ2人の存在が大きい、とナオトは語ります。

ナオトは、タイムリープの能力を持つタケミチに頼みます。

「高校時代に戻って、佐野万次郎と稀咲鉄太の出会いを止めてほしい!」

 

ナオトとタケミチが握手すると、タケミチは再び10年前にタイムリープして・・・

【ドラケン役&清正役は誰?】実写版『東京リベンジャーズ』登場キャラクターとキャスト紹介

花垣 武道/タケミチ

演:北村 匠海(きたむら たくみ)

主人公。27歳の底辺フリーター。

不良グループの抗争に巻き込まれ、命を失ったヒナタを救うため、タイムリープをくり返す。10年前の同じ日の同じ時間に戻れる。

橘 日向/ヒナ

演:今田 美桜(いまだ みお)

タケミチの高校時代の彼女。タケミチがタイムリープで過去を変えても、そのたびに【東京卍會】の抗争に巻き込まれてしまう。

橘 直人/ナオト

演:杉野 遥亮(すぎの ようすけ)

ヒナタの弟。タケミチの言葉を信じ、【東京卍會】の勢力を抑えるため、刑事となる。

ナオトと握手することで、タケミチはタイムリープの能力を使える。

佐藤 万次郎/マイキー

演:吉沢 亮(よしざわ りょう)

【東京卍會】の総長。タケミチを気に入り、“タケミッち”という愛称で呼ぶ。

不良たちが自由に生きられる場所を作りたいと思っている。

 

マイキーを演じたのは、吉沢亮(よしざわ りょう)さん。俳優仲間の山田裕貴さんからは、“国宝級イケメン”と称されています。

《おもな出演作》

  • 朝ドラ『なつぞら』(2019)
  • 大河ドラマ『青天を衝け』(2021)
  • 映画『ママレード・ボーイ』(2018)
  • 実写映画『キングダム』(2019)

龍宮寺 堅/ドラケン

演:山田 裕貴(やまだ ゆうき)

【東京卍會】の副総長。

【愛美愛主】(メビウス)との抗争で怪我をした女の子を見舞いにゆき、

「一般人に被害出しちゃダメだ。周りのヤツ泣かしちゃダメだ」

と発言。熱くなりすぎるマイキーを制止する冷静さを持つ。

 

ドラケンを演じたのは、山田 裕貴(やまだ ゆうき)さん。

役柄によってガラッと印象を変えるため、“カメレオン俳優”とも呼ばれる実力派です。

《おもな出演作》

  • 朝ドラ『なつぞら』(2019)
  • 月9ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』(2023)
  • 映画『闇金ドッグス』(2015)

清水 将貴/キヨマサ

演:鈴木伸之(すずき のぶゆき)

【東京卍會】参番隊の隊員。タケミチたちをボコボコにして、奴隷のように扱ってきた。

タケミチがマイキーに気に入られてから、キヨマサの立場は大きく変わる。

 

キヨマサを演じたのは、鈴木伸之(すずき のぶゆき)さん。「第3回劇団EXILEオーディション」に合格し、俳優活動をスタート。

《おもな出演作》

  • 映画『jam』(2018)
  • ドラマ『ケイ×ヤク-あぶない相棒-』(2022)

千堂 敦/アッくん

演:磯村 勇斗(いそむら ゆうと)

タケミチが高校時代につるんでいた、不良仲間のひとり。

タケミチのタイムリープにより、未来が大きく書き換わる。

三ツ谷 隆/ミツヤ

演:眞栄田 郷敦(まえだ ごうどん)

【東京卍會】弐番隊の隊長。

稀崎 鉄太/キサキ

演:間宮 祥太朗(まみや しょうたろう)

新宿の不良グループ【愛美愛主】(メビウス)のメンバー。

キサキが【東京卍會】に接触を試みたことが、ヒナタとナオトの死の遠因となる。

半間 修二/ハンマ

演:清水 尋也(しみず ひろや)

歌舞伎町で怖れられている不良。