映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

ヨーロッパ映画を配信で見るならU-NEXT!見放題で視聴できるおすすめ20選

ヨーロッパ映画を配信で見るならU-NEXT!見放題で視聴できるおすすめ20選

※この記事は、2021年4月に更新しました。

エンタメ性を前面に出したハリウッド映画より、芸術性や不条理さを描いたヨーロッパ映画に魅力を感じる人もいるでしょう。

 数多くのヨーロッパ映画が配信されている動画サービスが、U-NEXT(ユーネクスト)です。U-NEXTには見放題作品と、追加料金が発生するレンタル作品があります。

この記事では、U-NEXTの定額料金内で楽しめる見放題作品をピックアップ! おすすめのヨーロッパ映画をご紹介します。

 

ヨーロッパ映画を配信で見るならU-NEXT!見放題で視聴できるおすすめ20選【データの見方】

動画サービスの多くは、ハリウッドの人気映画を中心に配信しています。U-NEXT(ユーネクスト)は動画サービスにはめずらしく、新旧のヨーロッパ映画をたくさん取り揃えています。

  • 製作年の古い順番からご紹介しています。
  • ヨーロッパ映画の多くは字幕版のみ。吹き替え版もある場合は、<吹き替えあり>と表記しています。
  • U-NEXT(ユーネクスト)では、作品ごとに配信期限も明記されています。特に配信期限が迫っている作品については、赤字で表示しています。最新の配信状況については、U-NEXTのサイトでご確認ください。

 

なお、動画サービス利用者のうち66.7%は、Amazonプライムビデオの加入者だと言われています。そこで、プライムビデオで見放題として配信されている作品に限り、下にリンクを貼っておきました。プライム会員の人ならすぐ視聴できます。

1.『天井桟敷の人々』(1945年)

マルセル・カルネ、天井桟敷の人々、映画史上No.1

製作国/ フランス ジャンル/恋愛 上映時間/190分 監督/マルセル・カルネ 出演/アルレッティ、ジャン=ルイ・バロー 配信期限/1年以内に配信終了の予定はなし

ストーリー

1940年代のパリ。パントマイム芸人のバチストは、女芸人のガランスに恋をする。俳優のルメートル、ならず者のラスネールなどガランスを狙う男が多い中、彼女は大富豪モントーレ伯爵と結婚して・・・

見どころ

『市民ケーン』(1941年)と並んで、“映画史上No.1”と言われ続けてきたフランス映画の金字塔。

「愛なんて、本や夢の中だけよ」など、思わずメモしたくなるような名セリフがいっぱい!

2.『自転車泥棒』(1948年)

ヴィットリオ・デ・シーカ、自転車泥棒、ネオリアリズモ

製作国/イタリア ジャンル/人間ドラマ 上映時間/89分 監督/ヴィットリオ・デ・シーカ 出演/ランベルト・マジョラーニ、エンツォ・スタヨーラ 配信期限/1年以内に配信終了の予定はなし  

ストーリー

やっとの思いで、ポスター貼りの仕事を得たアントニオ。ところが、仕事に必要な自転車を盗まれてしまう。自転車を探して、アントニオは息子とともにローマの街を歩きまわるが・・・

見どころ

第2次大戦後、貧困にあえぐイタリア社会を描いた容赦ないドラマ。いらだつ父に気を遣って、ちょっと距離を取りながら歩く息子の姿。あの名シーンを思い出すだけで、胸が締め付けられる。

3.『夏の嵐』(1954年)

夏の嵐、ルキノ・ヴィスコンティ

製作国/イタリア ジャンル/恋愛 上映時間/121分 監督/ルキノ・ヴィスコンティ 出演/アリダ・ヴァリ、ファーリー・グレンジャー 配信期限/2021年9月30日まで

 ストーリー

1866年。オーストリアとの戦争に揺れるイタリア。オーストリアの将校フランツと、愛国運動の指導者・ロベルト伯爵は口論となり、決闘騒ぎを起こす。伯爵夫人のリヴィアは、フランツに巧みに言い寄られ、道ならぬ恋に落ち・・・

見どころ

監督のルキノ・ヴィスコンティは、裕福な貴族の出身。舞台芸術家としてキャリアをスタートさせ、監督作のたびに私財を投じて美術セットを用意した。燃え上がるようなラブロマンスと、絢爛豪華な美術にうっとり。

4.『道』(1954年)

フェデリコ・フェリーニ、道、アンソニー・クイン

製作国/イタリア ジャンル/人間ドラマ 上映時間/104分 監督/フェデリコ・フェリーニ 出演/アンソニー・クイン、ジュリエッタ・マシーナ 受賞歴/アカデミー外国語映画賞 配信期限/2021年9月30日まで

ストーリー

大道芸人のザンパノは、頭が弱いけど純粋なジェルソミーナを金で買い、アシスタントとしてこき使う。粗末に扱われながらも、ザンパノを慕うジェルソミーナ。

心優しい綱渡りの青年に出会ったことで、2人の関係にひずみが生まれ・・・

見どころ

「なぜ彼のもとを去らないの?」

と問われ、

「私がいなければ、あの人は独りぼっちになってしまうから」

 と答えるジェルソミーナ。

無垢な彼女の気持ちが切ない。男と女って理屈じゃないよね、と思わせてくれる見事なストーリー。『無防備都市』『8 1/2』で知られるイタリアの巨匠・フェリーニの、“見ておくべき”名作!!

www.youtube.com

5.『気狂いピエロ』(1965年) 

 製作国/フランス ジャンル/人間ドラマ 上映時間/110分 監督/ジャン=リュック・ゴダール 出演/ジャン=ポール・ベルモンド、アンナ・カリーナ 配信期限/2021年11月19日まで

ストーリー

金持ちの妻との生活に退屈し、逃げ出したい感情に突き動かされたフェルディナン。そんな彼の前に現れたのは、かつての恋人・マリアンヌだった。彼女と一夜をともにしたフェルディナンだったが、翌日、部屋にあったのは男の死体だった・・・

見どころ 

 映画の文法をことごとく壊した、ヌーヴェル・ヴァーグ(=一世を風靡したフランスの映画運動)の代表作。まさに不条理の連続。演出から物語展開にいたるまで、狂気に満ちている。

決まり事で構築されたハリウッド映画とは、まったく逆のベクトル。ゴダールは僕らに教えてくれる。映画って、こんなにも自由なんだ!

6.『サスペリアPART2 完全版』(1975年)

サスペリアPART2完全版、ダリオ・アルジェント

製作国/イタリア ジャンル/ホラー 上映時間/126分 監督/ダリオ・アルジェント 出演/デヴィッド・ヘミングス、ダリア・ニコロディ 配信期限/2022年3月31日まで

 ストーリー

テレパシー能力を持つヘルガは、心霊学会の講演から帰ってきた後、包丁を持った男に襲われる。その様子を目撃したピアニストのマークは、妙な違和感を覚える。マークは、犯人に見られたという恐怖を抱えながらも事件の真相を探り出し・・・

見どころ

を基調とした美しい構図と、切れ味抜群の恐怖。リメイクの出来が悪いとは思わないけど、スタイリッシュなアルジェントのセンスは誰にも真似できない。

トラウマになるから二度と観たくないと思っていたのに、また再生してしまう。

7.『木靴の樹』(1978年)

エルマンノ・オルミ、木靴の樹

 製作国/イタリア ジャンル/人間ドラマ 上映時間/186分 監督/エルマンノ・オルミ 出演/ルイジ・オルナーギ、オマール・ブリニョッリ 受賞歴/カンヌ映画祭 パルムドール 配信期限/2021年10月31日まで

ストーリー

19世紀末の北イタリア。バティスティ家は小作農として働いている。牛の看病、アヒルの解体、トマトの栽培、そして子供の誕生。学校に行く前には必ずお祈り。

四季が巡るなか、農民たちのつつましい生活は続いてゆく・・・

見どころ

4組の農民たちの淡々とした日常が、3時間つづられてゆくだけ。それでも、自然光で撮った四季の移ろいが絵画のように美しい。“そこで生きるしかない”小作農の閉塞感とささやかな幸せが、なぜこんなにも胸を打つのだろう?

見終わったあと、静かな余韻に浸れるヨーロッパ映画の佳作!!

8.『ブリキの太鼓』(1979年)

フォルカー・シュレンドルフ、ブリキの太鼓、ギュンターグラス、ノーベル文学賞

製作国/西ドイツ ジャンル/人間ドラマ 上映時間/142分 監督/フォルカー・シュレンドルフ 出演/ダーヴィット・ベネント、マリオ・アドルフ 受賞歴/カンヌ映画祭 パルムドール 配信期限/2021年11月14日まで

ストーリー

第1次大戦後のポーランド。従兄のヤンと愛し合いながら、ドイツ人の負傷兵と結婚したアグネスは、オスカルという子を授かる。しかし、オスカルは生まれながらにして成人並みの知能を持っていた!

自らの意志で成長を止めたオスカルは、自分を愛してくれた人間を次々と死に追いやってゆき・・・

見どころ

 ノーベル賞作家・ギュンターグラスの小説を映画化。戦争がもたらす不条理な悲劇を、“大人の思考力を持った子供の目”から強烈なブラックユーモアで描く。

ぶっ飛んだ作家性にビックリ! オスカルの鳴らす太鼓の音と奇声が耳から離れない。

9.『ノスタルジア』(1983年)

アンドレイ・タルコフスキー、ノスタルジア

製作国/イタリア・ソ連 ジャンル/人間ドラマ 上映時間/126分 監督/アンドレイ・タルコフスキー オレグ・ヤンコフスキー、エルランド・ヨセフソン 受賞歴/カンヌ映画祭 創造映画大賞 配信期限/2021年9月30日まで

ストーリー

自ら命を絶った作曲家の足跡をたどるため、イタリアにやってきた作家のアンドレイ。旅も終わりに近づいた頃、彼は温泉街で奇妙な老人と出会う。

老人は終末思想を唱え、家族を7年間も廃屋に閉じこめていた・・・

見どころ

「1 + 1 = 1」?

作る映画はすべて難解。それでも、名だたる監督から崇拝され続けるタルコフスキー。何度も寝落ちしそうになりながらも、世界の深淵に触れたかのような感覚がたまらない。

泣きそうになるほどの退廃美。劇伴を使わず、風の音・水の音から音楽をつむぎだす感性。登場人物すら、美しい風景画の一部。

映画は理屈じゃない。答えもいらない。そこに表現されてる“何か”を感じ取れたら、それでいいじゃない!

10.『パリ、テキサス』(1984年)

 製作国/西ドイツ ジャンル/ロードムービー 上映時間/147分 監督/ヴィム・ヴェンダース 出演/ハリー・ディーン・スタントン、ナスターシャ・キンスキー 受賞歴/カンヌ映画祭 パルムドール 配信期限/2022年1月14日まで

ストーリー

妻子を捨てて失踪したトラヴィスは、テキサスの砂漠で行き倒れていた。弟のウォルトは兄をロサンゼルスに連れ帰り、家族と会わそうとするのだが・・・

見どころ

妻に対する贖罪から心を閉ざしてしまった男。男と女の関係は、こんな些細なことで崩れてしまうのか・・・

ロードムービーの名手・ヴェンダースの代表作。映画青年はみ~んな一度は彼に憧れた。回想シーンすら美しい。

11.『スウィート・ヒア・アフター』(1997年)

スウィートヒアアフター、アトム・エゴヤン、サラ・ポーリー

製作国/カナダ ジャンル/サスペンス 上映時間/112分 監督/アトム・エゴヤン 出演/イアン・ホルム、サラ・ポーリー 受賞歴/カンヌ映画祭 審査員特別グランプリ 配信期限/2021年9月30日まで

 ストーリー

カナダの小さな田舎町でスクールバスが転落し、多くの子どもが亡くなってしまう。弁護士のスティーブンは子どもを失った親たちに代わり、教育委員会を相手どって裁判を起こそうとする。

ところが、事故で後遺症を負ったニコルの証言から、事態は思わぬ方向へと発展し・・・

 見どころ

真実とは? 正義とは?

閉鎖的なコミュニティに潜んでいる心の闇。じめじめした人間関係。“見たくはなかった”人間の本性を、時系列をシャッフルしてあぶり出してゆく緻密な脚本。

万人ウケしないかもしれない。だからこそ、おすすめしたい一本!!

www.youtube.com

12.『黒猫・白猫』(1998年)

エミール・クストリッツァ、黒猫・白猫

製作国/フランス、ドイツ、ユーゴスラビア ジャンル/コメディ 上映時間/135分  監督/エミール・クストリッツァ(セルビア) 出演/バイラム・セヴェルジャン、スルジャン・トドロヴィッチ 受賞歴/ヴェネチア映画祭 銀獅子賞 配信期限/2021年9月30日まで

 ストーリー

 広大なドナウ川のほとり。マトゥコとザーレの親子は、ジプシーや動物たちとのんびり暮らしていた。マトゥコはロシアの密輸船から石油を買うが、騙されてしまう。大損してたマトゥコは、列車強盗を計画するが・・・

 見どころ

『パパは出張中!』『アンダーグラウンド』でカンヌ映画祭パルムドールを2度も受賞した、天才クストリッツァによる奇想天外なコメディ。

耳をつんざくバルカン音楽と、陽気なジプシーたち。そして、映画史に残るハイテンションな悪役。クストリッツァの世界観は、唯一無二!虜になること間違いなし!!

13.『8人の女たち』(2002年)

8人の女たち、フランソワ・オゾン、エマニュエル・べアール

製作国/フランス ジャンル/ミュージカル 上映時間/111分 監督/フランソワ・オゾン 出演/カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアール 配信期限/2022年2月10日まで

ストーリー

1950年代のフランス。クリスマスイブの朝、雪に閉ざされた大邸宅で、一家のあるじが死体で発見された。容疑者は、屋敷に集まった8人の女たち。犯人はいったい誰?

家族の隠し事は、次から次へと暴かれてゆき・・・

見どころ

カトリーヌ・ドヌーヴ、イザベル・ユペール、エマニュエル・ベアール・・・フランス映画界を代表する女優たちのアンサンブルは、もはや芸術の域。アガサ・クリスティ風の推理劇をベースに、歌や踊り、長ゼリフを絡めた豪華すぎるミュージカル。

14.『ブラックブック』(2006年)

ポール・ヴァーホーヴェン、ブラックブック

製作国/オランダ ジャンル/戦争サスペンス 上映時間/144分 監督/ポール・ヴァーホーヴェン   出演/カリス・ファン・ハウテン、トム・ホフマン <吹き替えあり> 配信期限/1年以内に配信終了の予定はなし

ストーリー

1944年。ナチス占領下のオランダ。ユダヤ人の歌手ラヘルは、ドイツ兵に家族を皆殺しにされ、復讐心を募らせていた。名前を“エリス”と変えたラヘルは、ドイツ将校・ムンツェの愛人となりながら、レジスタンスのスパイとして活動するが・・

見どころ

『スターシップ・トゥルーパーズ』のヴァーホーヴェンが、故国オランダに戻って製作した戦争サスペンス。エゴむき出しのヒロインに、集団心理の怖さ、強烈な毒の効いた結末。お涙頂戴の戦争映画が薄っぺらいものに見えてくる程の、痛快娯楽!

15.『ぼくのエリ 200歳の少女』(2008年)

トーマス・アルフレッドソン、ぼくのエリ200歳の少女 

製作国/スウェーデン ジャンル/ホラー 上映時間/115分 監督/トーマス・アルフレッドソン   出演/カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション 受賞歴/サターン賞(SF、ファンタジー、ホラーに贈られる賞) 配信期限/2021年9月30日まで

ストーリー

スウェーデンのストックホルム郊外。いじめられっこの少年オスカーの家の隣りに、少女エリが引っ越してきた。キャンディも食べられないミステリアスな彼女に、オスカーは惹かれてゆく。

いっぽう。街では不可解な失踪事件が相次いて起こっていた・・・

見どころ

不思議な味わいのファンタジック・ホラー。ホラーといっても、グロいシーンはほとんどなし。誰からも理解されないマイノリティ同士の、狂おしいまでのラブ・ストーリー。孤独感が、痛いほど伝わってくる。

16.『アイアンスカイ』(2012年) 

ティモ・ヴオレンソラ、アイアンスカイ 

製作国/フィンランド ジャンル/SF 上映時間/94分 監督/ティモ・ヴオレンソラ   出演/ララ・ロッシ、ウラジミール・ブルラコフ 配信期限/2021年10月31日まで 

ストーリー

2018年。アメリカ大統領選のPRのため、黒人モデルのワシントンは月に送りこまれる。ところが、彼は月に到着すると、月面ナチス親衛隊に拉致されてしまう。

1945年のドイツ崩壊の際、ナチスは宇宙ロケットで脱出し、生き延びていた。彼らは月面に基地をつくり、地球進行の準備をしていたのだ!

見どころ

ビン・ラディンからサッチャー、スティーブ・ジョブズまで。ありとあらゆるブラックジョークを詰めこみ、パロディも小ネタも満載!

荒唐無稽なようでいて、実は世界史や政治情勢に詳しい人ほど楽しめる!

17.『あなたを抱きしめる日まで』(2013年)

スティーヴン・フリアーズ、あなたを抱きしめる日まで、ジュディ・デンチ

製作国/イギリス ジャンル/人間ドラマ 上映時間/98分 監督/スティーヴン・フリアーズ  出演/ジュディ・デンチ、スティーヴ・クーガン 受賞歴/ヴェネチア映画祭脚本賞 配信期限/2021年8月31日まで

ストーリー

主婦のフィロミナは、未婚のまま出産した子供を養子に出した過去がある。婚前交渉が禁じられている修道院の規律のため、息子を手放さざるを得なかったのだ。フィロミナが息子に会いたがっていると聞きつけたマーティンは、彼女を連れてアメリカ行きを決行するが・・・

見どころ

マイペースなおばあちゃんフィロミナと、理詰めのジャーナリスト・マーティン。凸凹コンビの道中はユーモアたっぷり。勘違いには思わず爆笑!

それでいて、「“人を許す”とは、どういうことなのか? 」を深く考えさせてれる。

www.youtube.com

18.『ルーム』(2015年)

ヨーロッパ映画の配信、U-NEXT、ルーム

製作国/カナダ・アイルランド・イギリス・アメリカ ジャンル/サスペンス、人間ドラマ 上映時間/118分 監督/レニー・エイブラハムソン 出演/ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ 受賞歴/アカデミー主演女優賞 <吹き替えあり> 配信期限/2022年4月4日まで

 ストーリー

見知らぬ男に誘拐され、うす暗い部屋に監禁された母ジョイと5歳の息子ジャック。この部屋で生まれ育った息子は、【部屋】以外の外の世界を見たこともない。ジョイは命がけの脱出計画を試みるが・・・

見どころ

外の世界を知らない5歳の息子の視線を、手持ちカメラで表現したカメラワーク。徹底した役作りでアカデミー主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンと、天才子役ジェイコブ・トレンブレイくんの名演技は鳥肌もの!

ジャックが初めて外の世界を目にしたとき、あふれる涙で前が見えなくなる!!

19.『ゆれる人魚』(2016年)

アグニェシュカ・スモチンスカ、ゆれる人魚

製作国/ポーランド ジャンル/ホラー、ミュージカル 上映時間/92分 監督/アグニェシュカ・スモチンスカ   出演/マルタ・マズレク、ミハリーナ・オルシャニスカ 受賞歴/サンダンス映画祭ドラマ部門 審査員特別賞 配信期限/2021年12月31日まで

ストーリー

共産主義政権下にあった1980年代のワルシャワ。海から陸に上がってきた美しい人魚の姉妹は、ナイトクラブで人気者になってゆく。

姉のシルバーはベース奏者の青年と恋に落ちるが、捕食者としての本性にめざめてゆき・・・

見どころ

「何だ、この映画は?」

 ホラー? ファンタジー? ミュージカル? コメディ?

アンデルセンの童話『人魚姫』を下敷きに、既存のジャンルにとらわれない新感覚の物語。湖の色に統一された色調、観る者の想像力をかき立てる演出。ダークさもグロテスクさも、“大人の童話”と呼ぶにふさわしい。

20.『君の名前で僕を呼んで』(2017年)

ヨーロッパ映画、動画配信サービス、ユーネクスト、君の名前で僕を呼んで

製作国/イタリア・ブラジル・フランス・アメリカ ジャンル/恋愛 上映時間/130分 監督/ルカ・グァダニーノ 出演/アーミー・ハマー、ティモシー・シャラメ 受賞歴/アカデミー賞脚色賞 <吹き替えあり> 配信期限/2022年4月4日まで

 ストーリー

1983年の夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、大学教授の父のアシスタントとしてやってきた大学院生オリヴァーと出会う。自信過剰のオリヴァーを嫌味に感じるエリオだが、いつしか彼に惹かれて・・・

見どころ

17歳と24歳の青年同士のみずみずしいラブストーリー。LGBTを扱った映画はたくさん製作されているけど、画作りも役者さんの喜怒哀楽も、こんな繊細な作品はなかなかない。

「今まで自分がしてきた恋は、全部偽物だって気づいた」

若い年齢でそんなこと言ってみたかったよ。

まとめ

ヨーロッパ映画って、昔は観るのも大変でした。電車で別の街のTSUTAYAに通ったり、知り合いのつてをたどってDVDを貸してもらったり・・・こういった芸術系の映画をDVDやブルーレイで買おうと思ったら、ん万円することもあります。

U-NEXT(ユーネクスト)では、数多くのヨーロッパ映画を配信しています。他の動画サービスでは取り扱ってない作品も見放題で視聴できます。