映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマを通して、もっと映画を好きになれるブログ

【はてなブログ】自分の記事が検索結果に出てこないのは,なぜ?上位表示させるのに必要なSEOの知識とは?

  当サイトにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク

【はてなブログ】自分の記事が検索結果に出てこないのは,なぜ?上位表示させるのに,必要なSEOの知識とは?

※この記事は、2024年1月に加筆修正しました。

記事を公開したのに、いつまで経ってもGoogleやYahoo!の検索エンジンに表示されない。こんなお悩みを抱えるはてなブログ運営者もいると思います。

1.そもそも、公開した記事がインデックス(登録)されていない

2.インデックスされてはいるが、上位表示されていない

この2パターンがあります。

 

この記事では、①と②のパターンにわけて、検索インデックスの仕組みについて解説します。

【はてなブログ】検索結果に出てこないのは、なぜ?【そもそも検索エンジンにインデックス登録されていない】

ブログ記事を公開してから、検索ページから読者さん(=検索ユーザー)が訪れるまでの流れです。

① クローラー(検索ロボット=AI)がやってきて、ページの内容を確認する
インターネット上のデータベースに、記事をインデックス(登録)する
検索ユーザーが、「はてなブログ 始め方」「漫画 おすすめ」など、検索フォームにキーワードを入力する
④ “回答”として相応しいページがデータベースから引っ張り出され、検索意図を満たす順番で表示される

という仕組みです。

 

イメージとしては、インターネット上の図書館にみなさんの記事が登録されたあと、検索ユーザーの求めに応じてふさわしい記事が引っ張り出されてくる、という感じ。

自分の記事、検索に引っかからない、SEO、上位表示

開設当初は、クローラー(=検索ロボット)がみなさんのブログにやってくる頻度は少なめです。これは、検索エンジン側にブログの存在が認識されていないため。インデックス登録に2~3週間かかることも普通です。

Googleにインデックス登録されたか、【site:】コマンドで確認する

自分の記事がGoogleにインデックスされたかどうか、すぐに調べる方法があります。半角英数【 site: 】のあとに、調べたい記事のURLを入力してクリックするのです。

 

当ブログの記事、「【はてなブログ】番号付きリスト・箇条書きリストを作る方法とは?使い分け方とは?」がインデックスされたか、調べてみます。

① 記事を表示させ、画面上部の検索窓からURLを右クリック ⇨ 「コピー」をクリック。

【はてなブログ】自分の記事が検索結果に出てこないのは,なぜ?site:コマンド

 

② 「新しいタブ」を開き、半角英数【 site: 】のあとにコピーしたURLを貼り付け、クリック。

このとき、「site:https://www.entafukuzou.com/entry/number-list」のように、スペースは空けずに貼り付け、検索してみます。

 

【はてなブログ】自分の記事が検索結果に出てこないのは,なぜ?インデックスの確認

検索に引っかかっているなら、「Google Search Console をお試しください」というメッセージの下に、記事タイトルが表示されます。

Googleサーチコンソールで、インデックスを促す

記事がまだインデックス登録されていない時は、Google Search Console(グーグル サーチコンソール)というツールを使って、クローラーの訪問を促すことができます。

 

「Google Search Console」(グーグル サーチコンソール)とはインデックスの状況を確認したり、どんなキーワードを元に読者さんがやってきているか知ることができるツールです。無料ですので、ブログ運営者なら登録しましょう。

はてなブログで「Google Search Console」に登録する手順については、kazyさんの記事で解説されています。

susmania.hatenablog.jp

 

① Googleサーチコンソールを開き、左側のメニューから、「🔍 URL検査 」をクリック。

【はてなブログ】自分の記事が検索結果に出てこないのは,なぜ?サーチコンソールURL検査

 

② サーチコンソールの検索窓に、調べたい記事のURLを貼り付け、画面内の🔍アイコンをクリック。

【はてなブログ】自分の記事が検索結果に出てこないのは,なぜ?サーチコンソール、URL検査

 

③ 「URLがGoogleに登録されていません」と表示されたら、右側上部の「公開URLをテスト」というアイコンを押す。

 

【はてなブログ】自分の記事が検索結果に出てこないのは,なぜ?公開URLをテスト、インデックス

 

URL は Google に登録できます」と表記されたら、「インデックス登録をリクエスト」をクリックする。

1~2分ほど待ち、「インデックス登録をリクエスト済み」となったら、「OK」を押す。これによって、インデックス登録が早まることがあります。

 

 

とはいえ、ブログを始めて半年ぐらいなら、インデックス登録が遅いのはあたりまえ。

ブログ開設からしばらく経ち、検索エンジンに認められると、自然とインデックスされるようになります。

 

ただし、書いた記事すべてがインデックス登録されるとは限りません

Googleのデータベースも有限です。世界中のブログ運営者の記事すべてをインデックス登録したら、データベースもパンクしてしまいます。

検索ユーザーにとって価値の低い記事は、そもそもGoogle検索には登録されないのです

【はてなブログ】自分の記事が検索されないのは,なぜ?【インデックスされてはいるが,上位表示されていない】

自分の記事が検索エンジンにインデックス(登録)されているものの、上位表示されていない場合もあります。2つのケースが考えられます。

① そもそも、SEOがわかっていない。

② 競合分析できておらず、競争率の高いキーワードを狙ってしまっている。

① ブログを検索にヒットさせるには、どうすればいいですか?【SEOを勉強しよう】

ご自分が、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用する時のことを考えてください。

たとえば、はてなブログを開設する手順を知りたいとします。このとき、「はてなブログ 始め方」のように、複数のキーワードを入れて検索するのではないでしょうか?

 

ブログ記事を書くときは、逆のことをします。

検索にヒットさせるには、読者さんが検索するであろうキーワードを、記事タイトルに含めるのが基本です。

 

次のステップ。

では、「はてなブログ 始め方」で検索するのは、どういった人たちでしょうか?

“これからブログを始めようとしている、かつブログサービスとして「はてなブログ」を検討している人たち”、ですよね。

このように、対象となる読者を「ペルソナ」と呼びます。キーワードを決めて、ペルソナのために書くのが、ブログSEOの大原則となります。

www.entafukuzou.com

 

もう一度、検索エンジンの仕組みを確認します。

① クローラー(検索ロボット=AI)がやってきて、ページの内容を確認する
② インターネット上のデータベースにインデックス(=登録)する
③ 「はてなブログ 始め方」「漫画 おすすめ」など、検索フォームにキーワードが入力される
④ “回答”として相応しいページがデータベースから引っ張り出されて、検索意図を満たす順番で表示される

 

Google検索は、

・⇨ 検索する人は、疑問や悩みがあって調べる(=Q)
・⇦ サイト運営者は、検索利用者の疑問や悩みに答える記事を用意する(=A)

という、“Q&A”の仕組みで成り立っています。

 

つまり、検索に引っかかってほしいなら、運営者側が検索エンジンの“Q&Aシステム”に合わせる必要があるのです。

【はてなブログ】自分の記事が検索されない,上位表示させる,SEOの知識

 

書きたいことを書くのではなく、疑問や悩みがあって検索するユーザーに答えを授けるために書きます。これが「SEO対策」です。好きなように書くのとはやり方が違うので、SEOWebライティングを勉強する必要があります。

 

『世界一やさしい ブログSEOの教科書 1年生』では、

  • 検索順位が決まる仕組み
  • どういうタイプの記事が読まれやすいか?
  • ブログ内の滞在時間を上げる工夫

など、“王道”のSEOが学べます。知識の抜け漏れも防げます。

 

『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』の筆者は、ライターの唐木元さん。

  • 完読してもらえる文章の構成
  • 歌に「サビ」があるように、文章にも「サビ」をつけよう
  • 格調的な文章よりも実用的な文章のほうが、ネットでは読まれる

など、Webライティングの基本が学べます。

 

2024年現在のGoogle検索は、インデックスさせる基準がものすごく高くなっています。よほどニッチなジャンルやテーマでない限り、SEOを勉強せずに検索ページに表示させるのはかなり難しいです

>>【2023最新】はてなブログ初心者が読むべき本5選

 

補足(=自分には無理そう、というかたへ)
2023年10月と11月のコア・アップデートにより、企業サイトや公式サイトがさらに有利になりました。
どうしてもSEOが難しい人は、X(旧ツイッター)やインスタグラムからの集客に切り替えたほうがいいです。

②自分の記事が検索されるようにするには?【競合分析をして、競争率の高いキーワードは狙わない】

ここから先は、SEOの基礎を勉強している前提で、話を進めます。

 

Googleの検索順位は、“相対的な評価”で決まります。

あるキーワードについて書くのが自分だけなら、上位表示はしやすいです。しかし、同じキーワードをみんなが扱っていたら、他サイトとの競争に勝たなくてはなりません。

 

たとえば、おすすめの漫画を紹介したいとします。でも、ためしに

漫画 おすすめ 

でググってください。

 

上位表示されている記事のタイトルには、「漫画」「おすすめ」という“検索キーワード”が含まれています。みんなが、この2語のキーワードを狙っています。おすすめ漫画80選とか100選とか、インフレ状態を起こしています。しかも、企業サイトばかり。

 

ここまで競争相手が強すぎると、ブログ初心者が勝ち残るのは無理。

 

こんな時は、GoogleのサジェストキーワードやYahoo!の虫眼鏡キーワードを使って、需要はあるけどライバルが少ないキーワードの組み合わせを探します。

【はてなブログ】自分の記事が検索結果に出てこないのは,なぜ?上位表示させるのに,必要なSEOの知識とは?

⇧「漫画 おすすめ」でGoogle検索したとき、画面下に表示されるサジェストキーワード

関連キーワードでググってみて、勝ち目がありそうなキーワードの組み合わせを探します。スキルが上達するまでは、「戦う場所を選ぶ」という戦略です。

③ 関連性の高い記事を書き、内部リンクでつなげる

もう一つの戦略として、関連性の高い記事から内部リンクでつなげる方法もあります。

たとえば、

A:「【2024年版】漫画マニアが選ぶおすすめ 漫画73選」

B:「【全巻読破!】マンガ『魔法使いの嫁』徹底レビュー

という2つの記事を用意しておきます。(太字は狙っているキーワード)

 

Aタイプの記事は競争率が高く、まず検索上位は難しいです。

そこで、Bタイプの記事で集客し、内部リンクを貼って関連性の高いAタイプの記事へお客さんを流す、という方法。仮に10人のうち1人が内部リンクをたどってくれるなら、100人集めれば10人に読まれることになります。

>>【はてなブログ】内部リンクの貼り方!ブログカードとテキストリンクの違いとは?

検索上位に表示させるのに、必要なSEOの知識とは?【楽をするな!地道にリライトせよ!】

ステップ3。記事を公開して終わりではありません。大切なのはむしろ、記事を公開した後です。

公開してしばらく経ってから、狙ったキーワードで上位表示できているか、「検索順位チェック」します。

  • 自分の記事より上位のサイトは、何が違うのか? キーワードの数? 構成?記事タイトルのつけかた?
  • ペルソナ(=ターゲットとなる読者)に、知りたい“答え”を提供できているか?
  • もっと読みやすくなるように、図や、囲み枠や箇条書きは入れられないか?

 

>>【はてなブログ】エクセルで作った表を貼るやり方!

>>【はてなブログ】番号付きリスト・箇条書きリストを作る方法とは?

 

分析と検証を続け、自分の中にデータを蓄積してゆく。仮説を立て、何度もリライトする。もっともっと良い記事にする。

 

真のSEO対策は自分で試行錯誤しないと、身に付きません

なぜなら、ジャンルが違えば競合も違うし、キーワードが違えば読者さんの属性(=性別、年齢、刺さりやすい言葉)も変わってくるからです。

SEOの勉強?リライト?そんな面倒なことをやらなきゃダメ?

検索結果に表示されるのは、あくまで“検索ユーザーにとって役に立つ”ページだよ。読者に満足してもらえるよう、何十回もリライトして経験則を積むことが大事!

 

【はてなブログ】自分の記事が検索結果に出てこないのは,なぜ?上位表示させるのに必要なSEOの知識とは?

⇧ 何度もリライトしないと,“読者ファースト”な記事は書けない。毎日更新どころではない

この記事も、実に60回以上リライトしています。手間ひまをかけているから、上位表示できているのです。SEO集客できる人は記事の質を高めるため、主力記事を何度もリライトしています。

まとめ

  • 【 site: 】+URLで、インデックスの状況を確認できる
  • ブログを始めたばかりは、誰でもインデックスが遅い
  • 検索に引っかかるためには、SEOの勉強が不可欠

 

SEOの勉強は大変です

面倒な作業は、誰だってやりたくありません。

でも、みんながやらないことには価値があります。深いレベルまでSEOを勉強した人は、検索ユーザーの気持ちがわかる人。ですから、検索エンジンからも評価されやすいです。