映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

『ローマの休日』伝えたいことは?【ただの恋愛映画じゃない】吹き替え版のDVDはある?

『ローマの休日』テレビ放送!伝えたいことは?日本語吹き替え版のDVDはある?roman holiday、慣用句

※間違って削除してしまったので、再アップロードしました。

ロマンティック・コメディの名作『ローマの休日』は、今もなお映画ファンに愛され続けています。しかし、脚本の構成を調べると、これはただの恋愛映画ではないことがわかります。

この記事では、不朽の名作『ローマの休日』が伝えたかったことをシナリオ面から解説。また、日本語吹き替え版のDVDについてもご紹介します。

主演女優は誰?『ローマの休日』の基本データ

『ローマの休日』は1953年のアメリカ映画。公務にうんざりして逃げ出した王女と新聞記者の、たった1日の恋模様を描いています。

主演女優はオードリー・ヘップバーン。絶大な人気を誇り、“ファッションアイコン”としても親しまれました。

映画『ローマの休日』
原題 Roman Holiday
製作国 アメリカ
公開年 1953年
上映時間 118分
監督 ウィリアム・ワイラー(『ベン・ハー』『おしゃれ泥棒』)
脚本 ダルトン・トランボ(『ジョニーは戦場へ行った』『スパルタカス』)
出演 オードリー・ヘップバーン、グレゴリー・ペック、エディ・アルバート

 映画『ローマの休日』のテレビ放送は、2021年8月11日(水)。NHKのBSプレミアムの「BSシネマ」にて。

13:00 ~ 14:59

放送は、すでに終了しています。

『ローマの休日』日本語吹き替え版のDVDはある?

『ローマの休日』吹き替え版のDVDをお探しながら、エー・アール・シー株式会社より2014年に発売された『ローマの休日 日本語吹替版 オードリー・ヘプバーン グレゴリー・ペック DDC-001N』がおすすめ。

『ローマの休日』のDVDには、『FRT-096』という古い型番もあります。しかし、このバージョンだと映像がチラつき、音質も劣っています。

《おもな吹き替えの配役》

  • アン王(オードリー・ヘップバーン)・・・池田昌子
  • ジョー(グレゴリー・ペック)・・・城達也
  • アーヴィング(エディ・アルバート)・・・大塚明夫

 

※ここから先は、ややネタバレになる怖れがあります。映画をご覧になってからお読みください。

『ローマの休日』の日本語吹き替え版は、Amazonプライムビデオでも配信されています。プライム会員であれば、すぐに見ることができます。

【ただの恋愛映画じゃない?】『ローマの休日』が伝えたいこととは?

原題の【Roman Holiday】は慣用句?

『ローマの休日』の原題は、【 Roman Holiday 】。これは慣用句で、「他人を犠牲にして得られるお楽しみ」といった意味があります。

古代ローマではコロッセウム(=円形の闘技場)で、剣闘士どうしに殺し合いをさせる余興がありました。そこから派生した言葉だといわれています。

 

(⇦ 映画の序盤、寝ぼけたアン王女がタクシー運転手に行き先を聞かれ、

コロッセウム・・・コロッセウム

と発言するシーンがあります)

 

メインプロットは、アンが“王女として自覚を持つ”成長譚?

主人公のアンは某国の王女で、戦後のヨーロッパをまわり、各地を慰問する役目を与えられています。しかし、アン王女は公務に嫌気がさして、大使館から逃げ出してしまいます。

 

新聞記者のジョーとローマ市内を観光するうち、アン王女は「祈りの壁」という場所を訪れます。戦時中、子ども連れの男が空襲に遭い、家族の無事を祈って壁に板をかけました。それ以来、平和の願いをこめた板がかけられるようになった場所です。

『ローマの休日』テレビ放送!伝えたいことは?日本語吹き替え版のDVDはある?祈りの壁、ローマ

アンは、戦争の傷跡が残るヨーロッパ各地を慰問していたことに、意味があったと学びます。王族である自分には、人々をなぐさめ、元気づける力があるのだと。

公務をすっぽかして「自分の楽しみ」のためだけに行動していたアンは、王女としての本分(=戦後復興のために力添えすること)に目覚めてゆくのです。

 

 このアン王女の成長こそが、『ローマの休日』のストーリーの骨格です。背景には、“欧州連合の創設”という平和への願いがこめられています。

映画のラスト。レポーターから“国家間の友好”について意見を求められたアン王女は、次のように答えています。

 

「個人の関係が守られるのと同様に、(国家間の友情も)守られると信じています!」

 

『ローマの休日』のシナリオを書いたのは、ダルトン・トランボ。『ジョニーは戦場へ行った』『パピョン』などを執筆した名脚本家ですが、労働組合に入っていたことから、「赤狩り」の標的となりました。

(⇦ 戦争に反対するだけで“売国奴”と決めつけ、弾圧する風潮があった)

 

ハリウッドから干されかけ、議会から証言を求められても決して“仲間を売らなかった”トランボ。スクープをあきらめ、アン王女の秘密を守ったジョーに通ずるものがあります。

 

“自分の幸せだけを求めるのではなく、みんなの幸せを”

 

 『ローマの休日』が私たちの心を揺さぶるのは、アンやジョーが自分の欲望より“品位ある行動”を選択したところにあるのでしょう。

 

関連:『ローマの休日』の原点? 大富豪の娘と新聞記者の逃避行!

www.entafukuzou.com

関連:プレイボーイの弟と、魅力的な兄のあいだで揺れるヘップバーン!

www.entafukuzou.com