映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

映画『或る夜の出来事』考察!スクリューボール・コメディの代表作が与えた影響

スポンサーリンク

映画『或る夜の出来事』考察!スクリューボール・コメディの代表作が与えた影響

 アメリカでは、ケーブルテレビで往年の名作映画がくり返し放送されています。だから、若い人も古い映画を知っているし、世代間で“文化の断絶”が起きにくいのだと思います。

 

 今回ご紹介するのは、フランク・キャプラ監督の白黒映画『或る夜の出来事』です。

 

スクリューボール・コメディ『或る夜の出来事』概要

 

『或る夜の出来事』は、1934年のアメリカ映画です。。大富豪の娘と新聞記者の男が逃避行。いがみ合いつつもお互いに惹かれてゆく様子が描かれています。上映時間は105分。

或る夜の出来事
原題 It Happened One Night
製作国 アメリカ
製作年 1934年
上映時間 105分
監督 フランク・キャプラ
脚本 ロバート・リスキン
出演 クラーク・ゲーブル、クローデット・コルベール

 

監督は、『素晴らしき哉、人生!』のフランク・キャプラ。彼とよくタッグを組んでいたロバート・リスキンが脚本を担当しています。

 

本作は、『スクリューボール・コメディ』の代表作として知られています。住む世界の異なる男女や、常識にとらわれない人物が登場して、思いもよらぬ方向へ話が進んでゆくコメディです。

 

 関連:プレンストン・スタージェス監督『レディ・イヴ』

白黒映画『レディ・イヴ』往年のスクリューボールコメディを堪能!

 

 

『或る夜の出来事』のストーリー

 

 大富豪の娘・エリー(クローデット・コルベール)は、父親の反対を退け、プレイボーイの飛行士と婚約します。父はエリーをヨットに閉じこめますが、反発したエリーは海に飛びこみ脱出。ニューヨーク行きの夜行バスに逃げこみます。

 

そこで乗り合わせたのが、クビになったばかりの新聞記者ピーター(クラーク・ゲーブル)でした。エリーとピーターは出会った時から、喧嘩ばかり。お互いの第一印象はサイアク。

 

それでも、2人で行動を共にすることになり・・・

 

 

シナリオを考察!『ローマの休日』『卒業』にも影響を与えた?

 

有名監督も大好き! フランク・キャプラ

 

脚本上うまいなと思うのは、ピーターの“新聞記者”という設定が、物語をちゃんと前に動かしているところです。

  • エリーが失踪中の富豪の娘であることを、新聞の紙面で知る
  • スクープが欲しいピーターは、エリーと行動を共にする

 

ピーターは、お金持ちの傲慢な態度がキライ。でも、特ダネが欲しいから、ウマが合わないエリーと一緒にいます。職業が目的を生み、目的が物語を前に進めています。

 

 

映画を包むあたたかな雰囲気も、キャプラ作品の特徴。夜行バスに乗り合わせた見ず知らずの乗客たちが、みなで声を揃えて歌うシーンは幸せな気持ちになれます。

 

スピルバーグ、スコセッシ、黒澤明、成瀬巳喜男、イーストウッド、ワイルダー、細田守まで・・・映画監督がこぞってキャプラに憧れるのも納得です。

 

『ローマの休日』『卒業』へも影響を与えた?

 

世間知らずのお嬢さまが逃げ出し、たまたま新聞記者の男性と出会う。記者はスクープのためにお嬢さまに近づき、反目しつつも惹かれ合う・・・

 

『或る夜の出来事』(1934年)の物語構造は、『ローマの休日』(1953年)とまったく一緒です。

 

また、クライマックスの結婚式の場面は、『卒業』(1967年)とも酷似しています。宮崎アニメ『カリオストロの城』(1979年)にも似たような場面がありました。

 

 

『或る夜の出来事』は、アメリカの映画団体AFIが選出した「コメディ映画ベスト100」で、第8位にランクインしています。

www.entafukuzou.com