映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

『MIU404』最終回の考察!久住のセリフ「俺はお前たちの物語にはならない」の意味とは?

スポンサーリンク

『MIU404』最終回の考察!久住のセリフ「俺はお前たちの物語にはならない」の意味とは?

TBSドラマ『MIU404』の最終話(第11話)が放送されました。久住の正体をめぐって、Twitterでは視聴者さんの考察が盛り上がりました。

 

そんな中、終盤に出てきた久住のセリフ「俺はお前たちの物語にはならない」が話題となっています。このセリフには、どんな意味がこめられているのでしょうか?

 

久住のセリフ「俺はお前たちの物語にはならない」の意味とは?

 

最終回の放送前から、久住の正体をめぐって視聴者さんの考察合戦はヒートアップしていました。

 

  • 久住と九重は兄弟? (⇦ 漢字の読み方が、どちらも“クジュウ”)
  • 無国籍児? (⇦ “裏口”を意味するコンピュータ用語『バックドア』)
  • 東日本大震災の被災者? (⇦ 泥水に流されればいい、10年前)
  • 大型台風で行方不明になった人? (⇦ 車のナンバーが、台風9号が関西を直撃した日と同じ)

 

わずかな手がかりから考察し、もっともらしい推論を導くツイッター民たち。スゲーよ、スゲー。よく思いつくなぁ。天才かよ!

 

と思っていたら、ラスト直前。伊吹から「どこで育った?」と聞かれた久住は、こんなセリフをしゃべります。

 

「なにがいい?

不幸な生い立ち?

ゆがんだ幼少期の思い出?

イジメられた過去?

ん? どれがいい?

オレはお前たちの物語にはならない

 

 

が~ん! 痛恨の一撃!!

 

久住の正体を考察していた私たちに、冷や水が浴びせられます。

 

脚本の野木さんは、あえてミスリードするような手がかりを与えておき、散々わたしたちが考察に熱中したあとに、

「考察なんて意味ないから!」

と、突き放したわけです。

 

久住は自分の名前も生い立ちも、本当のことは語っていません。結局、どんな考察も彼の正体に迫れなかったのです。

 

 

 

やられたよ!参りました!

 

第10話で、バタフライ効果やメフィストフェレスについて考察した私は、ただのバカじゃないか。赤っ恥をさらしただけじゃないか。もう、我がライフはゼロよ。

 

関連:『MIU404』第10話考察!バタフライ効果・メフィストフェレスの意味とは?

 

 

 野木さんが伝えたかったのは、みんなが見過ごしていること!

 

『MIU404』の最終話を見たあと、第1話からざ~っと見返してみると、あらためて見えてくるものがあります。

 

『MIU404』全話の見逃し配信は、Paraviで視聴できます。

Paravi(パラビ) - 人気番組が楽しめる動画配信サービス

 

脚本家の野木さんは、このドラマを通して何を伝えたかったのか? テーマは何だったのか?

 

  • 第2話・・・ハウスクリーニングで真面目に働いていたのに、専務を手にかけてしまった青年。
  • 第4話・・・裏社会に足を踏み入れてしまった、元ホステス。
  • 第5話・・・コンビニではたらくベトナム人留学生。
  • 第7話・・・トランクルームでつつましく暮らす、中年男性。

 

各話を通して描かれていたのは、“まっとうに生きながらも報われない、社会的弱者”です。この中には、ひょんなことから人生が転落し、ギリギリの生活を強いられている人もいます。

 

関連:『MIU404』『アンナチュラル』脚本家・野木亜紀子はここがスゴい!

 

 

ところが、私たち視聴者は、こういった社会問題には目を向けません。関心があるのは、「真犯人は誰か?」ってことや、久住のサイコパスぶり。みんな、社会の片すみで必死に生きている弱者や貧乏人には、無関心です。

 

第5話で、テレビ局の局員が、こんな印象的なセリフをしゃべっています。

「外国人問題は視聴率が取れないから」

 

これこそ、野木さんの本音。野木さんが光をあてた社会問題について論じた人が、どれだけいたでしょうか?

 

テーマなんて、そっちのけ。み~んな、考察に夢中でした。

 

 

これって、ワイドショーで殺人事件が報じられるときに似ています。理不尽に命を奪われた被害者には関心が向けられません。犯人が捕まるまでは、犯人像のプロファイリング。捕まってからは、犯人の特異なパーソナリティに注目が集まります。

 

コメンテーターも視聴者も、“信じたい物語”を考えて自己陶酔しています。まるで、ニュースが暇つぶしになっているみたい。これでいいのかな?

 

『MIU404』の久住のセリフ、

「俺はお前たちの物語にはならない」

は、そんな私たちを痛烈に皮肉っているのではないでしょうか?

 

 

 

脚本の野木 亜紀子さんは、インタビューで

「日本では、“わかりやすく優しいドラマ”ばかり作られています。暗いものや複雑なものを作っても、視聴率を取るのは難しい。(中略)これに対して海外ドラマでは、政治や社会問題があたり前のように描かれます。犯罪を描くのに、社会に触れないのはおかしいんじゃないでしょうか?」

と、語っています。

テレビドラマの現在地:東京新聞 TOKYO Web

 

 

確かに、海外ドラマは社会問題に鋭く切り込みます。

  • 『グッドファイト』・・・トランプ政権を厳しく批判する法廷ドラマ
  • 『コールドケース』・・・アメリカの負の歴史に迫る推理ドラマ
  • 『ザ・ボーイズ』・・・スキャンダルを隠ぺいする大企業を断罪する、ヒーロードラマ。

 

驚くのは、社会問題にメスを入れながらも、エンタメ性にも優れている点です。

 

【面白いだけじゃなくて、社会や政治について考えさせてくれる】

 

日本のドラマが大きく後れをとっている部分です。野木さんは、元々、ドキュメンタリー制作会社の出身。“社会問題を扱いつつ、エンタメ性の高いドラマを作りたい”という志を持っていることがわかります。

 

 

 

私たちも考察合戦に終始するだけでなく、作品の描くテーマ・根底にある社会問題に、目を向ける必要があるのではないでしょうか。

 

www.entafukuzou.com

www.entafukuzou.com

www.entafukuzou.com