映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマを通して、もっと映画を好きになれるブログ

【SEOの内部対策】はてなブログ「パンくずリスト」の設定方法と階層化のデメリットについて

  当サイトにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク

【SEOの内部対策】はてなブログ「パンくずリスト」の設定方法と階層化のデメリットについて

はてなブログに「パンくずリスト」を設置する手順と、カテゴリーの階層化の弊害について解説します。SEO集客したい方には必見の内容です。

「SEOの内部対策」はてなブログにパンくずリストを設置するメリットとは?

「パンくずリスト」とは、下図で枠で囲った部分のことです。ブログを訪問してくれた読者に、ブログ内での現在位置を示すナビゲーションの役割があります。

◆ パンくずリストは現在位置をさし示すガイドである

はてなブログ、パンくずリスト、設定



ブログ記事が公開されると、検索エンジンのクローラー(巡回ロボット)がやってきて、ページに内容を読み取ります。このとき、「パンくずリスト」があると巡回がスムーズになり、検索エンジンから“正当な評価”を受けやすくなります。

 

また、訪問者にとってはブログ内における現在地を把握しやすなるので、ユーザビリティ(=使いやすさ)がアップします。

 

パンくずリストの設置は、「SEOの内部対策」のひとつです。いわば設定に関わる部分で、

💡

・検索ロボットの巡回をうながす

・ページの内容を正しく読み取ってもらう

というメリットがあります。

 

【関連】【はてなブログ】初心者でもできるSEO対策とは?】」の記事では検索される記事を書き、Google検索から集客するための基本を解説しています。

www.entafukuzou.com

はてなブグ「パンくずリスト」の設定方法

パンくずリストを設置する手順です。下準備として、ブログ記事をカテゴリー分けしておきます。

 

◆ パンくずリストの設置手順①

はてなブログ、SEOの内部対策、パンくずリスト

 

左側のメニューより「カスタマイズ」(スパナマーク)をクリックします。

◆ パンくずリストの設置手順②

はてなブログ、スパナ

 

 

「記事」メニューを開いて、下にスクロールします。

◆ パンくずリストの設置手順③

はてなブログ、パンくずリスト

 

「パンくずリスト」にチェック(✔)を入れます。

◆ パンくずリストの設置手順④

はてなブログ、パンくずリスト

 

「変更を保存する」をクリックします。

◆ パンくずリストの設置手順⑤

パンくずリスト、はてなブログ



記事タイトルとブログタイトルのあいだに、下図のように表示されたら完成です。

◆ パンくずリストの設置手順⑥

パンくずリスト、はてなブログ、設定

 

パンくずリスト(カテゴリ)の「階層化」をやめたほうがいい2つの理由

はてなブログでは、やろうと思えば「カテゴリーの階層化」ができます。「階層化」とは、親カテゴリーの下に子カテゴリーを作って細分化する施策のことです。

◆ はてなブログ カテゴリーの階層化とは?

はてなブログ、カテゴリーの階層化、やめておけ

「はてなブログ カテゴリー 階層化」

などで調べると、階層化のやりかたを教えてくれるはてなブロガーさんがいます。

 

しかし、筆者は「カテゴリーの階層化」はおすすめしません

SEOの観点から、2つのデメリットがあるからです。

1.クローラビリティが悪くなるから(読者が迷子になってしまう)

サイトの設計をするとき、

「どのページにもトップページから2クリックで到達できる」

のが理想です。

 

カテゴリーを階層化すると、記事ページに到達するのに3クリック必要になるので、ユーザビリティが低下してしまいます。クローラー(AI)もサイトの構造を把握しづらくなり、正当な評価を受けにくくなります。

2.インデックスエラーを起こす(記事ページのインデックスが遅くなる)

たとえば、親カテゴリ「映画」、子カテゴリ「恋愛映画」を設置しているブログで、新しい記事「ラ・ラ・ランド感想」をアップロードしたとします。

 

ブログ運営者としては、書いたばかりの『ラ・ラ・ランド』感想の記事を、一刻も早く検索ページにインデックスさせたいですよね。

 

しかし、カテゴリーを階層化をしていると、クローラー(巡回ロボット)は混乱します。

「子カテゴリ」と「個別記事」、どっちを先にインデックスすべきか?

◆ パンくずリスト 階層化の大きなデメリット

パンくずリスト、階層化、はてなブログ、デメリット

子カテゴリに新しい記事が加わると、クローラー(巡回ロボット)は

子カテゴリの情報が更新された!

と、認識します。

 

ざっくり言うと、クローラーにとっては「更新された子カテゴリ」「新しい記事ページ」という、2つのページのチェックに時間をかける必要が出てきます

 

ところが、個人ブログの場合、企業サイトと違ってクローラーはそんなに頻繁に訪れてくれません。「子カテゴリ」のページをクロールすることで“工数”がかかり、「個別記事」までクロールしてくれないことが起こります。

 

その結果、新しい記事のインデックス登録が遅くなることがあるのです

 

いかに最小限のクロールでページ内容を正しく読み取ってもらうか? を考えて設計することが重要です。

まとめ

パンくずリストを設置すると、クローラー(巡回ロボット)が正しくページの内容を読み取るように促すことができます。

ただし、カテゴリーの階層化はインデックス・エラーにつながるので、設置はおすすめしません。

 

小さな気配りが読者のかたにも喜んでもらえるブログになり、それが検索エンジンからの評価につながります。

関連記事

www.entafukuzou.com

www.entafukuzou.com

www.entafukuzou.com