映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマを通して、もっと映画を好きになれるブログ

【相関図つき】『ミッション:インポッシブル1』あらすじ&キャスト【マックス役&クレア役はどんな人?】

  当サイトにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク

【相関図つき】『ミッション:インポッシブル1』あらすじ&キャスト【マックス役&クレア役はどんな人?】

「君、もしくは君のメンバーが捕らえられ、あるいは殺されても、当局は一切関知しないからそのつもりで。なお、このテープは5秒後に消滅する」

 

カッコいい決まり文句に、変装と潜入。スパイグッズ・・・人気スパイ映画シリーズの第一弾『ミッション:インポッシブル』が、地上波テレビで放送されます。

1作目は、特にストーリーが難しいです。

この記事では、『ミッション:インポッシブル1』のあらすじをわかりやすくご紹介。キャラクターを相関図付きでご紹介します。

地上波テレビ放送(2024)はいつ?『ミッション:インポッシブル1』概要

『ミッション:インポッシブル』は1996年のアメリカ映画。

“裏切り者あつかい”されたスパイ組織の若手エージェントが、新たな作戦に挑むスパイ・アクションです。1966~1973年に放送されたTVドラマ『スパイ大作戦』が元になっています。

映画『ミッション:インポッシブル』概要
英語タイトル Mission: Impossible
製作年 1996年
ジャンル スパイ・アクション
上映時間 110分
監督 ブライアン・デ・パルマ(『スカーフェイス』)
脚本 デヴィッド・コープ、ロバート・タウン
音楽 ダニー・エルフマン(『スパイダーマン』サム・ライミ版)
出演 トム・クルーズ、ジャン・レノ、エマニュエル・ベアール
レビューの平均評価(★5つ満点)

フィルマークス:★★★★☆ 3.8

Yahoo!映画:★★★★☆ 4.2

Amazon:★★★★☆ 4.5

 

映画『ミッション:インポッシブル』のテレビ放送は、2024年6月7日(金)。日本テレビ系列「金曜ロードショー」にて。
21:00 ~ 23:09

(出典:アンク@金曜ロードショー公式 on X)

>>【2024年 放送予定】地上波テレビ映画の放映スケジュール一覧!

【相関図】『ミッション:インポッシブル1』

 

《『ミッション:インポッシブル』 相関図》

【相関図つき】『ミッション:インポッシブル1』あらすじ&キャスト【マックス役&クレア役はどんな人?】

>> キャスト紹介へGo!

『ミッション・インポッシブル1』難しいストーリーを解説【作戦失敗の原因は“内通者”がいたから?裏切り者を暴き出せ!】

各国で情報活動しているCIA職員の名簿「NOCリスト」が、プラハの大使館で盗まれます。秘密の漏えいを防ぐため、ジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)たちIMFのスパイチームは大使館で行われるパーティに潜入します。

しかし、作戦は失敗! フェルプスたちは次々と始末され、若手スパイのイーサン・ハント(トム・クルーズ)だけが生き残ります。

 

イーサンはCIA本部のキトリッジに連絡を取りますが、

「今回の作戦は、“内通者”をあぶり出すためのものだった。生き残ったお前が内通者だろ!」

と、疑いをかけられてしまいます。

 

◆ ミッション・インポッシブルにおけるCIAIMFの違い

ミッション・インポッシブル、CIAとIMFの違い、解説

アジトに戻ったイーサンの前に現れたのは、フェルプスの妻で爆発に巻きこまれて死んだはずのクレア(エマニュエル・べアール)でした。クレアは夫のかたきを討つため、イーサンに協力します。

 

イーサンは、内通者がリストを売った相手である武器商人・マックス(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)に会いにゆきます。イーサンはマックスから内通者の正体を教えてもらう交換条件として、CIA本部にある本物の「NOCリスト」を盗み出すことを約束します。

CIA本部に潜入する後半のミッションは、マックスから内通者の情報を聞き出すために行なう。

 

イーサンは、元スパイのクリーガー(ジャン・レノ)と天才ハッカーのルーサー(ヴィング・レイムス)を仲間に加え、CIA本部に向かいますが・・・

【マックス役&クレア役はどんな人?】登場人物&キャスト

今回の「金曜ロードショー」の吹き替えは、2003年に「日曜洋画劇場」で放送されたときの“テレビ朝日版”の吹き替えです。動画配信やDVDの配役とは異なります。

イーサン・ハント

演:トム・クルーズ/吹き替え:森川 智之(もりかわ ともゆき)

スパイ組織IMFの若手エージェント。毎回のように陰謀に巻き込まれる。

ジム・フェルプス

演:ジョン・ヴォイト/吹き替え:小林 勝彦(こばやし かつひこ)

スパイ組織IMFのベテラン・エージェント。プラハの大使館 潜入作戦のリーダー。年の離れた妻・クレアも諜報員。

クレア

演:エマニュエル・ベアール/吹き替え:渡辺 美佐(わたなべ みさ)

フェルプスの妻。

クレアを演じたのは、フランスの俳優エマニュエル・ベアールです。

(出典:HCM on X)

『愛と宿命の泉 PART2/泉のマノン』でセザール賞(※)を受賞し、ハリウッドに招かれます(※ フランス版のアカデミー賞)。

おもな出演作

『愛と宿命の泉 PART2/泉のマノン』(1986)・・・土地と父親を奪われた少女が、復讐に燃える人間ドラマ。

『8人の女たち』(2002)・・・雪に閉ざされた邸宅でなくなった主人の死をめぐり、8人の女たちが容疑者となるミュージカル。

【関連記事】『8人の女たち』も紹介! U-NEXTで“人生観を変える”ヨーロッパ映画に出会おう!

www.entafukuzou.com

クリーガー

演:ジャン・レノ/吹き替え:佐々木 勝彦(ささき かつひこ)

IMFを解雇された元スパイ。クレアにスカウトされ、イーサンのチームに加わる。

クリーガーを演じたのは、フランスの人気俳優ジャン・レノ

(出典:arih Enstitüsü on X)

国際的に活躍する名優で、『レオン』(1994)や『クリムゾン・リバー』(2000)などに出演しています。

ルーサー

演:ヴィング・レイムス/吹き替え:宝亀 克寿(ほうき かつひさ)

(出典: Tico Romao on X)

天才ハッカー。イーサンにスカウトされ、CIA本部への潜入作戦に参加する。

キトリッジ

演:ヘンリー・ツェニー/吹き替え:江原 正士(えばら まさし)

CIA本部に所属する幹部で、IMFのスパイたちの行動を監督している。

マックス

演:ヴァネッサ・レッドグレイヴ/吹き替え:沢田 敏子(さわだ としこ)

(出典:Joe Leydon on X)

武器商人。IMFの内通者から「NOCリスト」を買った、とみられる人物。

 

武器商人のマックスを演じたは、イギリスの俳優ヴァネッサ・レッドグレイヴです。

芸能一家に生まれ、1958年に舞台デビューしてから数々の舞台や映画に出演。エミー賞(演劇)、トニー賞(ミュージカル)、アカデミー賞で受賞歴のある実力派女優です。

おもな出演作

『オリエント急行殺人事件』(1974)・・・アガサクリスティ原作のミステリーで、豪華スターが共演したシドニー・ルメット版。ヴァネッサ・レッドグレイヴは、元教師のメアリー役。

『ジュリア』(1977)・・・反ナチスの運動に参加した女流作家リリアン・ヘルマンの伝記映画。レッドグレイヴは、ジェーン・フォンダ演じる主人公の親友役。2人の演技に圧倒される。

サラ・デイヴィス

演:クリスティン・スコット・トーマス/吹き替え:佐藤 しのぶ

IMFの諜報員。プラハの大使館 潜入で、ドレスを着てイーサンと行動をともにする。

ジャック・ハーモン

演:エミリオ・エステベス/吹き替え:佐久田 修(さくた おさむ)

IMFの諜報員。プラハの大使館 潜入作戦では、エレベーターを操作する。

ハンナ

演:インゲボルガ・ダクネイト/吹き替え:内川 藍維(うちかわ あい)

IMFの諜報員。プラハの大使館 潜入作戦のメンバー。

【どれから見ればいい?】『ミッション:インポッシブル』シリーズの順番は?

『ミッション:インポッシブル』シリーズはこれまでに7作目まで公開され、8作目(7作目のPART2)も準備中です。

(出典:Mission: Impossible on X)

◆ 『ミッション:インポッシブル』シリーズ 一覧(赤字は金ローで放送)

順番 タイトル 公開年 内容・位置づけ
1作目 ミッション:インポッシブル 1996年 本作
2作目 M:I-2(ミッション:インポッシブル2) 2000年 致死性の高い「キメラウィルス」が野放しになり、イーサンと女泥棒が追う
3作目 M:i:Ⅲ(ミッション:インポッシブル3) 2006年

イーサンが現場復帰し、武器商人のオーウェンに戦いを挑む

4作目 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル 2011年 ロシアの大統領府クレムリンが爆破され、イーサンは犯人の汚名を着せられる
5作目 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション 2015年 IMFが解体され、孤立したイーサンは謎の組織「シンジケート」を調査する
6作目 ミッション:インポッシブル/フォールアウト 2018年 犯罪グループ「アポストル」の都市爆破計画を防ぐため、イーサンと仲間が奮闘する
7作目 ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE 2023年  -
8作目 ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART TWO 2025年  -

 

『ミッション:インポッシブル』シリーズを通して見る場合は、1作目から公開順に見てゆくだけでOKです。時系列も1から7作目へ、順番に時間が流れてゆきます。

2024年6月の「金曜ロードショー」では、3作目の『ミッション:インポッシブル3』まで放送されます。

 

4作目の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』は、ドバイの超高層ビルでのアクションが見もの。

スタントなしで超高層ビルの外側をよじ登る、トムクルーズのアクションは必見!