映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

風速8m(メートル)ってどのくらい?キャンプや釣り、電車への影響は?外出は控えたほうがよい?

風速8m(メートル)ってどのくらい?キャンプや釣り、電車への影響は?外出は控えたほうがよい?

天気予報で必ず発表される数値のひとつ、「風速」。風の強さを示す指標だとはわかっていても、数字だけではイメージしづらいのではないでしょうか?

この記事では「風速8m」に限定して、どの程度の強さなのか、キャンプや釣りなどのレジャーにどう影響するのかをお伝えします。

風速8m(メートル)ってどれくらい? 

 天気予報でよく耳にする「風速8m」とは、正式には「風速8m/s」という表記になります。「 m/s 」は、【メートル毎秒】と読みます。天気予報では「毎秒」の部分を省略して発表しているわけですね。

「s」は「second」(秒)の略。「 m/s 」は、1秒間に空気がどれだけ移動したかを示す単位です。

 

よって、「風速8m」は、1秒間に8メートル空気が移動する速さのことを示します。秒速だとイメージしづらいので、時速に換算してみます。

 

8(m) ✕ 60(秒)✕  60(分) = 28800(m)

28800m = 28.8㎞

 

風速8mを時速に直すと、およそ29km(キロメートル)となります。ロードバイクのような早めの自転車とすれ違ったときに、受ける風の強さとなります。

 

風の強さを示す『ビュフォート風力階級』の表によれば、

  • 陸上・・・茂みの葉っぱが揺れ始める
  • 海上・・・水面に白い波頭(はとう)が立つ

(風速8.0m以上 ~ 10.7m未満)と、定義されています。

風速8mで傘はこわれる? 外出は控えたほうがよい?

風速は10mを越えると風に向かって歩きにくくなり、傘が逆向きになったり壊れたりしやすくなります。風速8mは、傘がひっくり返ったりする一歩手前の風の強さとなります。

また、外を歩くのに危険なレベルとなるのが、風速15m以上です。自転車に乗るのも風に向かって歩くのも困難で、転んでしまう人も出てきます。

 

風速8mをイメージするのにひとつの目安となるのが、「春一番」です。冬から春へと季節が替わるときに吹く南風「春一番」は、【 風速8m以上 】と定義されています。

毎年、春一番が吹いたあとには、屋根やアンテナの修理を依頼する人が出てきます。

 

ですので、風速8mは外出を控えるレベルではないけれど、ちょっと警戒が必要になってくる風の強さといえます。

風速8m(メートル)キャンプへの影響は? テントは立てられるの?

風速8m(メートル)ってどのくらい?キャンプや釣り、電車への影響は?外出は控えたほうがよい?

快適にキャンプを楽しもうと思ったら、風速5m以下がひとつの目安となります。

風速5mというと、街中で暮らすぶんには洗濯物が揺れる程度ですが、さえぎるものが少ないキャンプ場では話は別。テントやタープが揺れて、設営するのも大変になってきます。

風速5mを越えると、以下のような風対策が必要となります。

  • テントの出入り口を、風が吹く向きからズラす
  • タープは低く設営する
  • 金属製ウェイト(=鋳物タイプのおもり)を、テントの四つ角に取り付ける

 

風速8mは、キャンプにおいては「強風」といっていいレベル。テントに穴が開いたり、ポールがバキっと折れたりする可能性もあります。

ワンタッチテント(簡易テント)は、風速8.0m ~ 10.7mに耐えうるように設計されているものが多いとはいえ、安全のためにもキャンプは止めたほうがいいでしょう。

 風速8m(メートル)で、釣りはできる?

風速8m(メートル)ってどのくらい?キャンプや釣り、風速2m、風速6m、風速10m

屋外で行なう釣りは、風に大きな影響を受けます。強い風はどのような悪影響をもたらすでしょうか?

  • ライントラブルが起こりやすい
  • アタリが取りにくい
  • すべって転んだり、川や海に落ちてしまう危険がある

海釣りの場合は、強い風がプラスにはたらくこともあります。たとえば、海にうねりが出ているときは、漁港内部に魚が逃げ込んでいる場合があります。

 

風の強さを分類する尺度となる『ビューフォート風力階級』と照らし合わせながら、風速と釣りの関係をおおまかにまとめました。

風速1m~2m

陸上では顔に風を感じはじめて、海上ではさざ波が立つ。

そよ風のような強さで、釣りにはほぼ影響はありません。

風速3m~5m

陸上では木の葉や小枝が揺れはじめ、海上では波頭がくだけます。

浮き釣りなど軽い仕掛けを使う釣りは、風向きによっては狙ったところへ飛ばしにくくなります。横風や向かい風だと、影響を受けます。サビキ釣りなどは可能。

(平均)風速3m/sでも、瞬間的には風速6~9m/sの風が吹くことはありえます。ビニール袋などは飛ばされることもあります。

快適に釣りを楽しもうと思ったら、風速5m/sぐらいまでが限度といえます。

風速6m~7m

陸上では砂ぼこりが立ち、海上では白波が立ちます。

狙ったポイントにルアーやフライを飛ばすのが難しくなり、釣り竿は風にあおられ続けます。海釣りで行なう「ちょい投げ」は、投げ入れるときに重りに負荷がかかってしまいます。

糸フケが多くなって小さなアタリを取りにくくなるので、快適な釣りは難しくなります。

風速8~10m

陸上では葉のある低木が揺れはじめ、海上では水面に波頭が立ちます。

海面でははげしい波が立つようになり、周りにさえぎるものがないと体が風に持っていかれることも。

海が荒れれば落水の恐れも出てきますので、風速10m/sを越えたら海に近づくのも止めたほうがよいでしょう。

風速8m(メートル)で電車が止まること、ってある?

電車には「鉄道運転基準」というものがあり、運転中止となる基準が記載されています。この基準は、各鉄道会社によって異なります。

たとえば、JR東日本は風速20m/s以上で速度制限をおこない、風速25m/sを越えると運転中止となります。京成電鉄や京浜急行は、風速25m/s以上で速度制限がかかり、風速30m/s以上で運転中止となります。

運行基準は鉄道会社によって変わるものの、各社とも風速30m/s以上で運転停止となります。

 

ただし、ほとんどの鉄道会社は「(平均)風速」ではなくて、「瞬間風速」の数値を使っています。瞬間風速とは、気象庁の発表する(平均)風速の瞬間的な値のこと。この値は、(平均)風速の1.5~2倍、場合によっては3倍もの強さになることもあります。

 

  • 8(m/s) ✕ 1.5 = 12(m/s)
  • 8(m/s) ✕ 2   = 16(m/s)
  • 8(m/s) ✕ 3   = 24(m/s)

(平均)風速が8m/sだったとしても、理論上は風速12(m/s)~ 24(m/s)の突風が吹く可能性があります。

 天気予報で風速8m/sと発表されていても、瞬間最大風速の数値が大きければ、速度制限がかかることはあり得ます。運転停止となることはほぼないでしょう。