映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

風速5mってどのくらい?ゴルフや釣り、バーベキューができる目安とは?

スポンサーリンク

風速5mってどのくらい?ゴルフや釣り、バーベキューができる目安とは?どれくらい

※この記事は2021年7月に更新しました。

天気予報では、天気と降水量、気温とともに風速も発表されます。しかし、この風速は数値だけではイメージしづらいのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、風速5m(メートル)の強さと、ゴルフや釣り、バーベキューを楽しめる目安についてお伝えしたいと思います。風速10mと風速15mの強さについても、かんたんに解説します。

風速とは?

風速とは、地上10メートルの高さにおいて、1秒間に空気が移動する速さのこと。天気予報で「風速」という場合は、直前10分間の平均した風の強さのことです。

 

たとえば、午前9時発表の「風速」は、午前8時50分~午前9時までの10分間の強さを平均した値となります。

  

風の強さは一定ではありません。おだやかな風が吹いたと思えば、いきなり突風が吹いたりします。刻一刻と変わる風の、ある一点における強さを瞬間風速と呼びます。

 実際には、1秒間に4回(0.25秒ごとに)、風速計でこまかく風の強さを記録しています。

風速5m(メートル)ってどのくらい?ゴルフや釣り、バーベキューができる目安とは?

風速5mの強さは、自転車をこいでいる時ぐらい。顔に風を感じ、葉っぱが絶えず揺れているレベルです。

 

1秒間に5m 風が動くので、

5(m)× 60(秒)×60(分)=18000(m)。時速18kmにあたります。

 

ちょっと早めに自転車を走らせている時に、顔に受ける強さの風です。 

風速5m(メートル)とバーベキュー

風速5メートルは、町で感じるぶんにはそよ風が顔にあたってるレベル。しかし、周りに建物が少ないバーベキュー場では、風の感じ方が変わってきます。

 

風速5mは、空の紙コップが動き出す強さです。バーベキューには問題ありませんが、注意したいのは立地条件です。

 

海沿いや川沿いでバーベキューを行なう場合、予報より強く風が吹くことが考えられます。風をさえぎる物がない場所だと、コンロが倒される可能性もでてきます。  

\ キャンプやピクニックで大活躍する風よけ!!/

風速5m(メートル)と釣り

風速3mで、スーパーのレジ袋が飛ばされるようになります。

風速5mになると、川では小波から中程度クラスの波がたちます。ルアーを投げるときは、風向きによっては思い通りの方向に飛ばしにくくなります。

 

海の場合は、風をさえぎる木々がありません。ボート釣りは、たとえ風速5mでも難しくなってきます。

風速5m(メートル)とゴルフ

東京都の年間平均風速は、3.2メートルです。

 

ゴルフ場における風速5メートルは、冬場なら平均的、夏場なら「少し強いな」と感じるレベルの数値です。

 

・向かい風だと、15~20ヤード飛距離は伸びなくなる。

・追い風だと、10ヤード飛距離が伸びる。

・横風だと、10ヤード流される。

風速5m(メートル)と洗濯もの

風速は、7~8m前後で、洗濯物を固定していないと飛ばされたりすることがあります。

 

ただし、外で干すひとつの目安が、風速4メートルだと言われています。というのも、風速とは、あくまで“10分間の平均の数値”だからです。理論上は、予報されている風速の1.5倍~3倍の突風が吹く可能性があります。

(⇦ 風速5mならば、7.5m~15mの瞬間的な突風が吹く恐れがある)

 

洗濯物を外に干す際には、瞬間最大風速もチェックしておけば、飛ばされる可能性は少なくなります。少なくとも、瞬間最大風速が10mを越えるようなら、室内に干したほうがよいでしょう。

風速10メートルって、どのくらい?

葉のある灌木(かんぼく=丸みを帯びた低木のこと)が揺れはじめ、木の大枝も揺れます。

 傘をさして前に歩くのが困難なレベルで、電線がヒューヒューと音を出すようになります。

風速と飛行機

台風が近づくと、よく飛行機が欠航となります。基準となる風速はあるのでしょうか?

 

欠航を判断する目安となるのが、滑走路に吹く横風です。

  • ボーイングの機体の場合、
  • 乾いた滑走路で、15m。
  • 湿っている場合は、25m。
  • 雪がある場合は、5m。
  • 視界が悪い場合は、5m。

 

ただし、台風は風向きがコロコロ変わるので、この判断が難しくなります。機体の種類によっても、突風のあるなしでも変わってきます。

風速15メートルって、どれくらい?

 樹木全体が揺れ、風に向かって歩きづらくなります。

 

中心付近の最大風速が17.2m/秒をこえると、台風と定義されます。ですので、風速15メートルは台風の一歩手前のかなり強い風、となります。