映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマを通して、もっと映画を好きになれるブログ

【風速5mとは,どのくらい?】ゴルフや釣り、バーベキューができる強さの風か?

  当サイトにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク

【風速5mとは,どのくらい?】ゴルフや釣り、バーベキューができる強さの風か?

※この記事は2022年2月に更新しました。

風速5mとは時速18kmで、ちょっと早めに自転車を走らせているときに感じる風の強さのことです。

 

この記事では、風速5m(メートル)でゴルフや釣り、バーベキューを楽しめるのか、についてお伝えしたいと思います。

風速5mとは,時速18km!その強さとビューフォート風力階級の位置づけ

風速5mとは、1秒間に5mぶん空気が移動する速さのことです。「5m/s」(=5メートル毎秒)という表記をすることもあります。

1秒間に5m 風が動きますので、時速に換算すると、

5(m)× 60(秒)×60(分)=18,000(m)。時速18kmにあたります。

体感としては、ちょっと早めに自転車を走らせている時に、受ける風の強さです。

 

風の強さを示す尺度に、「ビューフォート風力階級」というものがあります。

ビューフォート風力階級表(簡易版)
風力 風速 地上での感じかた
2 風速1.6.~3.3(m/s) 顔に風を感じる、木の葉が動き出す
3 風速3.4~5.4(m/s) 木の葉や小枝が絶えず動く、旗がひらく
4 風速5.5~7.9(m/s) 砂ぼこりがたち、紙片が舞う
5 風速8.0~10.7(m/s) 葉のある低木が揺れ始める

【参照】 ビューフォート風力階級表(気象庁)

 

風速5mは「風力3」に該当します。木の葉や小枝が常に揺れている状態で、風にゆらめく旗(はた)がひらきます。

風速5mがゴルフに与える影響とは?東京都の平均風速と比較

気象庁は、1951年から東京都の平均風速を測っています。

【参照】気象庁|過去の気象データ検索

筆者が、2023年までの73年ぶんの東京都の平均風速を計算した結果・・・

東京都の73年ぶんの平均風速

風速5mとはどのくらい?、東京都、平均風速

東京都の年間平均風速は、3.4メートルです。

風速5mとは、「東京都の平均風速よりやや強い風」と言い換えることもできます。

 

ゴルフ場では風をさえぎるものが少ないので、街中より風は強く吹きます。ゴルフ場における風速5メートルは、冬場なら平均的、夏場なら「少し強いな」と感じるレベルの数値です。

  • 向かい風だと、15~20ヤード飛距離は伸びなくなる
  • 追い風だと、10ヤード飛距離が伸びる。
  • 横風だと、10ヤード流される。

風速5mの強さ:釣りやアウトドア活動への影響と対策

【風速5mとは,どのくらい?】ゴルフや釣り、バーベキューができる強さの風か?

海や川のそばでは、風速3メートルぐらいでレジ袋が飛ばされるようになります。  海でルアーゲームをするなら、風速3メートルがひとつの目安となります。

 

風速5メートルになると、白波が立つようになります。ルアーを投げるときは、風向きによっては思い通りの方向に飛ばしにくくなります。エギング(=餌木(えぎ)を使うルアーフィッシング)では、釣りにくさを感じるようになります。

 

海の場合は、風をさえぎる木々がありません。ボート釣りは、たとえ風速5メートルでも難しくなってきます。糸が絡むライントラブル、軽い荷物が飛ばされるなど、風速5メートルは小さなトラブルが起きやすくなる強さです。追い風になるポイントを探すと、風の影響を受けづらくなります。

>> 「オニヤンマくん」で虫よけ?アブや蚊、コバエやゴキブリには効果ある?どこで買える?

海や川沿いでのバーベキューに潜む風速5mのリスクと,回避策

風速5メートルは、町で感じるぶんにはそよ風が顔にあたってるレベルです。しかし、周りに建物が少ないバーベキュー場では、風の感じかたが変わります。風速5mとは、空(から)の紙コップが動き出す強さです。

バーベキューには問題ありませんが、注意したいのは立地条件です。海沿いや川沿いでバーベキューを行なう場合、予報より強く風が吹くことが考えられます。風をさえぎる物がない場所だと、コンロが倒される可能性も出てきます。  

 

▲クリックすると動画が読み込まれます。

「キャンプ男」さんのYouTubeチャンネルより。2:19ごろ。およそ風速5mの風が吹くようすが紹介されています。

 

もし、風の方向が一定であれば、風上にタープを風よけとして設置します。

また、どうしても紙皿は風に飛びやすいので、取り皿を使わなくて済むメニューを選びます。フランクフルトや焼き鳥、串にさした鮎をあぶるなど、食器類を減らすと飛ばされるリスクが減ります。

ただし、風速5mでも突風が吹けば、砂埃が食べ物や飲み物に混入してしまうことはあります。

風速5mから洗濯物を守る:突風の対策と室内干しの判断基準

風速5mとは,どのくらい?洗濯物、体感温度

風速は、7~8m/s前後で、洗濯物を固定しないと飛ばされたりすることがあります。

 

ただし、外で干すひとつの目安が、風速4m(メートル)だと言われています。

というのも、天気予報で発表される「風速」とは、直前10分間の平均した風の強さのことだからです。

 

たとえば、午前9時発表の「風速」は、午前8時50分~午前9時までの10分間の強さを平均した値となります。理論上は、予報されている風速の1.5倍~2倍、場合によっては3倍の突風が吹くことがあります。

つまり、「風速5m」と発表されても、瞬間的に7.5m~15mの突風が吹く可能性があるのです。このため、洗濯物を外に干す際には、瞬間最大風速もチェックしておけば、飛ばされる可能性は少なくなります。

少なくとも、瞬間最大風速が10m(メートル)を越えるようなら、室内に干したほうがよいでしょう

風速5mで体感温度はどう変わる?

一般的には、風速が1m/s増えると、体感温度が1℃下がると言われています。

たとえば、気温15℃で風速が5m/sだったら、体感的には10℃のように感じることになります。

>> 気温15度は寒い?何月から?暖房をいつからつければ良い?

 

細かいことを言うと、体感温度には湿度も影響します。

こちらのサイトさんでは、気温と湿度、風速の数値を入れて、体感温度をかんたんに算出できます。

keisan.casio.jp