映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマを通して、もっと映画を好きになれるブログ

【相関図つき】『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』あらすじ&キャスト【メイジー&ケイラ役は誰?】

  当サイトにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク

【相関図つき】『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』あらすじ&キャスト【メイジー&ケイラ役は誰?】

恐竜が、あたりまえのように街中にいる世界?

『ジュラシック・ワールド』3部作の完結編、『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』がテレビ放送されます。

この記事では、『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』のあらすじキャラクター相関図付きでご紹介します。

地上波テレビ放送(2024)はいつ?『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』概要

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』は2022年のアメリカ映画。

恐竜保護活動をするパークの元管理人と元監視員が、誘拐された少女を救うため、恐竜の保護区に向かうパニック映画です。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』概要
英語タイトル Jurassic World: Dominion
製作年 2022年
ジャンル パニック、恐竜
上映時間 147分
監督 コリン・トレヴォロウ(『ジュラシック・ワールド』)
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
音楽 マイケル・ジアッチーノ
出演 クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード
レビューの平均評価(★5つ満点)

フィルマークス:★★★★☆ 3.6

Yahoo!映画:★★★☆☆ 3.4

Amazon:★★★★☆ 4.2

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』のテレビ放送は、2024年5月31日(金)。日本テレビ系列「金曜ロードショー」にて。
21:00 ~ 23:29

(出典:アンク@金曜ロードショー公式 on X)

>>【2024年 放送予定】地上波テレビ映画の放映スケジュール一覧!

 

「金曜ロードショー」では、『ジュラシック・パーク』シリーズ全6作のうち、4作目・5作目・6作目が3週連続で放送されます。 

公開順 タイトル 時系列 テレビ放送
1 ジュラシック・パーク 1  -
2 ロストワールド/ジュラシック・パーク 2  -
3 ジュラシック・ワールドⅢ 3  -
4 ジュラシック・ワールド 4 5/17(金)
5 ジュラシック・ワールド/炎の王国 5 5/24(金)
6 ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 6 5/31(金)

 

【相関図】『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』

 

《『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』 相関図》

【相関図つき】『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』あらすじ&キャスト【メイジー&ケイラ役は誰?】

 

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』あらすじ【“恐竜保護”を掲げる遺伝子企業の陰謀をつきとめろ!】

イスラ・ヌブラル島にいた恐竜が放たれ、世界のいたるところに恐竜が棲み(すみ)つくようになってから4年。遺伝研究の大企業【バイオシン】社はイタリアに保護区を設置し、世界中から恐竜を集めていました。

 

恐竜の保護活動を続けるオーウェンクレアは、ロックウッド財団・創設者の孫娘メイジーとともに、ネバダ州の山奥に暮らしていました。しかし、メイジーが密輸業者にされわれてしまいます。オーウェンとクレアは、メイジー救出に向かいます。

 

 

いっぽう。アメリカの中西部では、巨大イナゴが大量発生し、農作物を食い荒らしていました。

(出典: Jurassic World on X)

調査に向かった古植物学者のサトラー博士(ローラ・ダーン)は、【バイオシン】社の農場だけが被害を受けていないことに疑いを持ちます。サトラー博士は、古い知り合いであるグラント博士(サム・ニール)のもとを訪れますが・・・

【メイジーやケイラを演じた俳優は?】登場人物&キャスト

オーウェン・グレイディ

演:クリス・プラット/吹き替え:玉木 宏(たまき ひろし)

(出典: Jurassic World on X)

【ジュラシック・ワールド】の元・恐竜監視員。現在はシエラネバダ山脈のふもとで、クレアとメイジーと暮らしている。

クレア・ディアリング

演:ブライス・ダラス・ハワード/吹き替え:木村 佳乃(きむら よしの)

(出典:Jurassic World on X)

恐竜保護団体「DPG」のリーダーで、密売から恐竜たちを守ろうと活動している。しかし、「DPG」メンバーのジアやフランクリンとは意見が合わなくなってきている。

メイジー・ロックウッド

演:イザベラ・サーモン/吹き替え:住田 萌乃(すみだ もえの)

(出典: ComicBook NOW! on X)

ベンジャミン・ロックウッドの孫娘で、イスラ・ヌブラル島の恐竜を世界に放った。

 

メイジーを演じたのは、イギリスの女優イザベラ・サーモン

12歳のときに『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のオーディションで、メイジー役に選ばれて映画初出演。『新たなる支配者』でもメイジー役で出演しています。

アラン・グラント博士

演:サム・ニール/吹き替え:菅生 隆之(すごう たかゆき)

(出典:Jurassic World on X)

古生物学者。かつて富豪のハモンド氏に頼まれ、サトラー博士やマルコム博士とともにコスタリカ沖の孤島に視察に行った(『ジュラシック・パーク』1作目)。現在は、ユタ州で発掘調査を続けている。

エリー・サトラー博士

演:ローラ・ダーン/吹き替え:井上 喜久子(いのうえ きくこ)

(出典:Jurassic World on X、1作目『ジュラシック・パーク』を見ていると、胸アツの再会シーン)

古植物学者。グラントやマルコムとともに、開園まえの【ジュラシック・パーク】でティラノサウルスに襲われた。外交官と結婚し、2人の子供に恵まれたが、仕事に復帰。

大量発生した巨大イナゴに疑問を持ち、グラント博士に協力を求める。

イアン・マルコム博士

演:ジェフ・ゴールドブラム/吹き替え:大塚 芳忠(おおつか ほうちゅう)

(出典:Jurassic World on X)

数学者で、カオス理論の専門家。バイオシン社に雇われ、若い研究者向けに講演を行なっている。

ケイラ・ワッツ

演:ディワンダ・ワイズ/吹き替え:伊藤 沙莉(いとう さいり)

密輸業者に加担していたパイロット。メイジーの写真を見せられ、クレアたちに協力する。

 

ケイラを演じたのは、アメリカの女優ディワンダ・ワイズ

(出典:ComicBook NOW! on X)

Netflixドラマ『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』で注目を集め、コメディ映画『ファザーフッド』の出演を経て『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』に出演しました。

ルイス・ドジスン

演:キャンベル・スコット/吹き替え:井上 和彦(いのうえ かずひこ)

(出典:ComicBook NOW! on X)

遺伝学者で、巨大企業【バイオシン】のCEO。イタリア北部にある山地・ドロミーティに【バイオシン・サンクチュアリ】を設立し、世界各国から集められた恐竜を保護している。

ラムジー・コール

演:ママドゥ・アティエ/吹き替え:日野 聡(ひの さとし)

バイオシン社の広報部長。

ソヨナ・サントス

演:ディーチェン・ラックマン/吹き替え:高山 みなみ

(出典:Jurassic World on X)

恐竜密売の闇市場を支配する女。裏でバイオシン社とつながっている。

フランクリン・ウェブ

演:ジャスティス・スミス/吹き替え:満島 真之介(みつしま しんのすけ)

「DPG」(恐竜の保護団体)でクレアのもとで働いていたが、CIAの職員に転職していた。

ヘンリー・ウー博士

演:B.D.ウォン/吹き替え:近藤 浩徳(こんどう ひろのり)

(出典: Jurassic World on X)

かつてハイブリッド恐竜を生み出した遺伝学者。メイジーの母・シャーロットらと研究していた時期がある。

シャーロット・ロックウッド

演:エルヴァ・トリル/吹き替え:平田裕香(ひらた ゆか)

メイジーの母。

関連記事

4作目(前々作)『ジュラシック・ワールド』のあらすじと登場人物を復習!

www.entafukuzou.com

5作目(前作)『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のあらすじと登場人物を復習!

www.entafukuzou.com