映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

風速9m(メートル)ってどのくらい?自転車や洗濯物への影響は?外出は控えたほうがよい?

風速9m(メートル)ってどのくらい?自転車や洗濯物への影響は?外出は控えたほうがよい?

天気予報では、その日の天気や気温、降水量とともに「風速」も発表されます。ただ、風速3m、風速10m・・・のように数値だけ言われても、イメージしにくいのではないでしょうか?

この記事では、「風速9m」にしぼってどのくらいの強さか、自転車や洗濯物にどう影響するのか、お伝えします。

風速9m/sってどれくらい? どういう意味?

天気予報で発表される「風速9m」とは、正しく表記すると「風速9m/s」となります。

 

「 m/s 」は【メートル毎秒】と読み、「s」は「second」(秒)を意味します。「 m/s 」で、1秒間に空気がどれだけ動いたかを示す単位となります。

 

つまり、「風速9m/s」とは、1秒間に9メートル空気が移動する速さを意味します。秒速ではわかりづらいので、時速に直してみましょう。

 

9(m) ✕ 60(秒)✕  60(分) = 32,400(m)

32,400(m) = 32.4(km)

 

時速32.4キロとなります。ほぼ時速32キロ。

生活道路を走っている自動車とすれ違ったときに、受ける風の強さと同じくらいです。

また、大谷翔平 選手のダッシュの速さも時速32キロ。つまり、風速9mとは、大谷選手の全力疾走と同じぐらいのスピードの風の速さでもあります。

 

風の強さを示す『ビュフォート風力階級』という尺度があります。それによると、

  • 陸地・・・背丈の低い樹木の葉がゆれ始める
  • 海の上・・水面が波打つ

ほどの風の強さ(風速8.0m以上 ~ 10.7m未満)と、定義されています。

風速9m(メートル)自転車への影響は?

風速9m(メートル)ってどのくらい?自転車や洗濯物への影響は?外出は控えたほうがよい?

向かい風で自転車を走らせているとき、風速6m(メートル)を越えると、「ややペダルが重いな」と感じます。

 

風速8~9m(メートル)にもなると、向かい風だとはっきりとスピードダウンさせられます。体力もかなり消耗するレベル。

特に気をつけたいのが、「横風」です。

横から突風が吹くと、転倒したり、車道のまん中に持っていかれて自動車にぶつかる危険性も出てきます。

風速9m(メートル)洗濯物への影響は?風に強いハンガーを使うべき?

洗濯ものを外に干すとき、ひとつの目安となるのが風速4m(メートル)といわれています。

 

外で釣りをしていると、風速3m(メートル)でビニール袋が風に飛ばされることがあります。風速4m~5mにもなると、軽いものなら風に持っていかれます。

 

風に強い洗濯バサミやハンガーを使えば、多少の強風が吹いても耐えられるでしょう。それでも、風速7~8m(メートル)ぐらいまで限界といったところ。

 

風速9m(メートル)で洗濯ものを外に干すのは、おすすめしません。

風速9m(メートル)ってどのくらい? 外出は控えたほうがよい?

風速10m(メートル)を越えると、向かい風を受けたとき、歩きにくくなります。傘をさすのも難しくなってきます。

 

風速15m(メートル)を越えると、風に向かって歩くのは困難となり、転ぶ人も出てきます。傘が裏返ってしまうことも出てきます。

大工さんなど、高いところで仕事をしている人が危険を感じるレベルです。

 

風速9mは外出を控えるほどではないけれど、やや警戒が必要になってくるレベルです。