映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

映画『スタンド・バイ・ミー』吹き替えは昔のテレビ放送とDVDで違う?リバー・フェニックスの声はコナン?

映画『スタンド・バイ・ミー』吹き替えは昔のテレビ放送とDVDで違う?リバー・フェニックスの声はコナン?

4人の少年たちのひと夏の冒険を描いた青春映画『スタンド・バイ・ミー』が、地上波テレビ放送されます。この映画には吹き替えが3バージョンあり、声の印象もガラッと変わります。

この記事では、金曜ロードショーで放送される吹き替えの声優を中心に、3パターンのキャストを比較。それぞれのバージョンをどの媒体で視聴できるのか、お伝えします。

 

 映画『スタンド・バイ・ミー』地上波テレビ放送(2021)は、いつ?

『スタンド・バイ・ミー』は1986年のアメリカ映画。

オレゴン州のいなか町に住む4人の少年たちは、電車にひかれたある少年が森の奥で風雨にさらされている、という噂を聞きます。「死体を見つけたら英雄になれる」と思った4人は、線路伝いに死体探しの冒険に出るのです・・・

映画『スタンド・バイ・ミー』
原題 Stand by Me
製作年 1986年
製作国 アメリカ
ジャンル 青春ドラマ
上映時間 89分
監督 ロブ・ライナー(『恋人たちの予感』『ミザリー』)
原作 スティーブン・キング『スタンド・バイ・ミー 恐怖の四季 秋冬編』
主題歌 ベン・E・キング『スタンド・バイ・ミー』
出演 ウィル・ウィートン、リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル、キーファー・サザーランド

 映画『スタンド・バイ・ミー』の地上波放送は、2021年5月28日(金)。日本テレビ系列「金曜ロードショー」にて。

21:30 ~ 23:24

 

放送は、よる9時30分から。 前の時間帯にサッカーのW杯予選の中継があるため、いつもより30分おそく始まります。

映画『スタンド・バイ・ミー』登場人物と吹き替え声優 | リバー・フェニックスの声はコナン?

映画『スタンド・バイ・ミー』のおもな登場人物と、2021年5月に「金曜ロードショー」で放送される際の吹き替え声優です。

ゴーディ

ウィル・ウィートン/声:土井 美加(どい みか)

おとなしくて、真面目な主人公。物語を作るのが好きで、のちに作家になる。将来を期待されていた兄はなくなっており、両親は悲しみに暮れるばかり。両親に構ってもらえないゴーディは、疎外感を感じている。

吹き替えは、アニメ『るろうに剣心』の高荷恵 役、土井美加さん。

クリス

リヴァー・フェニックス/声:高山 みなみ

ゴーディの親友。正義感が強く、頭もよい。しかし、父がアルコール依存症で、兄も悪さばかりしているため、マイナス思考になっている。なにかとゴーディを気にかけてくれる。

吹き替えは、アニメ『名探偵コナン』の江戸川コナン役、高山みなみさん。

テディ

コリー・フェルドマン/声:水原 リン(現在は改名して、真山亜子)

眼鏡をかけた、屈折した心を持つ少年。父から虐待され、ストーブで耳を焼かれた。そのいっぽう、ノルマンディー上陸作戦の英雄だった軍人の父を尊敬している。

テディ役のコリー・フェルドマンは、大人ぶった少年・マウス役で『グーニーズ』にも出演。

吹き替えは、アニメ『ONE PIECE』のココロ、ニョン婆役、真山亜子さん。

バーン

ジェリー・オコンネル/声:亀井 芳子(かめい よしこ)

あわて者の太った少年。お小遣いを入れたビンを自宅の床下に埋めたけれど、どこに埋めたか分からなくなった。

吹き替えは、アニメ『ヤマトタケル』の主人公・ヤマトタケル 役、亀井 芳子さん。

エース

キーファー・サザーランド/声:森川 智之(もりかわ ともゆき)

不良グループのリーダー。タバコの火でクリスを脅したり、バットで郵便受けを壊したりと、悪ぶっている。

演じるキーファー・サザーランドは、海外ドラマ『24』の主人公ジャック・バウアー役で有名。

吹き替えは、アニメ『NARUTO』の波風ミナト役、森川智之さん。

ゴーディ(大人)

リチャード・ドレイファス/声:野島 昭生(のじま あきお)

ゴーディが大人に成長して、作家となった姿。映画の語り手もつとめる。

吹き替えは、アニメ『るろうに剣心』の般若 役、野島昭生さん。

映画『スタンド・バイ・ミー』の吹き替えは何種類?

 映画『スタンド・バイ・ミー』の吹き替えは、大きくわけて3つの種類があります。メインとなる4人の少年たちの声を担当した人たちも、各バージョンによって異なります。

  1. ビデオ(VHS)・DVD版・・・プロの女性声優
  2. フジテレビ版・・・子役
  3. ブルーレイ版(25周年記念、デジタルリマスター版)・・・若手俳優

 

2021年5月の「金曜ロードショー」 では、表のいちばん左側の「ビデオ・DVD版」の吹き替えで放送されます。

 《映画『スタンド・バイ・ミー』3つの種類と、吹き替え声優》

役名 ビデオ・DVD フジテレビ 25周年BD
ゴーディ(主人公) 土井美加 神藤一弘 滝原祐太
クリス(親友) 高山みなみ 梶野博司 村上想太
テディ(メガネ) 水原リン 岩田光央 宮里駿
バーン(太っちょ) 亀井芳子 大友大輔 海鋒拓也
エース(不良のリーダー) 森川智之 井上和彦 加瀬康之
ゴーディ(作家) 野島昭生 樋浦勉 原康義

 もっとも手軽に聴けるのが、「ビデオ(VHS)・DVD版」の吹き替えです。

赤字で示したように、4人の少年たちを女性のプロ声優が演じているのが特徴です。市販されているDVDは、ほとんどがこの配役。AmazonプライムビデオやNetflixなどの動画配信も、レンタルできるDVDもこのバージョンです。

 

真ん中の「フジテレビ版」は、1989年8月に初めてテレビ放送された時の吹き替え。メインとなる少年4人の声は、テディ役の岩田光央のみが大人で、あとは当時の子役たちが担当しました。プロの声優が演じるのとは違った、自然な演技が魅力的です。

その後、『スタンド・バイ・ミー』はTBS(1991年)、日本テレビ(1996年)、テレビ東京(2008年)など、6度に渡ってテレビ放送されていますが、すべて「フジテレビ版」の吹き替えでした。

2021年5月の「金曜ロードショー」では、テレビでは初めて「ビデオ(VHS)・DVD版」の吹き替えが放送されることになります。このため、昔のテレビ放送の吹き替えに親しんだファンからすると、違和感があるかもしれません。

 

表の右側は、「25周年記念のブルーレイ版」。これは『スタンド・バイ・ミー』製作25周年を記念して、2011年6月に発売されたブルーレイに収録されたバージョン。メインの少年4人には、収録当時、二十歳前後の若手俳優たちが起用されています。

やはりプロの声優とは異なる、素朴な演技が持ち味となっています。

昔のテレビ放送の吹き替えは、コロンビア映画90周年記念の『吹替洋画劇場』DVD&ブルーレイに収録!

 現在、映画『スタンド・バイ・ミー』円盤(DVD、またはブルーレイのこと)を買おうと思ったら、もっとも新しいのは2019年10月に発売された『スタンド・バイ・ミー 4K ULTRA HD』となります。

www.youtube.com

 4Kなので映像はキレイですが、吹き替えの配役は「25周年記念のブルーレイ版」と同じです。あとは、ULTRA HD ブルーレイに対応した再生機器が必要です。

 

 

昔のテレビ放送、つまり「フジテレビ版」の吹き替えは、「吹替洋画劇場 コロンビア映画90周年記念『スタンド・バイ・ミー』デラックスエディション」のDVDやブルーレイに収録されています。

 これは、2014年12月に発売されたDVD&ブルーレイです。既存の「25周年記念のブルーレイ版」Discに加えて、“映像特典”として「フジテレビ版」の吹き替えが収録されたDiscがついてきます。DVDもブルーレイも特典の内容は同じ。

ただし、テレビ放送時の吹き替えがそのまま使われているだけなのが、残念なところ。吹き替えが制作されていないシーンは、付け足されていません。

 

でも、「フジテレビ版」の吹き替えはやっぱり味があるんですよ。声をあてたのは、当時の子役たち。ほとんどは芸能界を辞めているし、技術的には“上手い”とは言い切れないかもしれません。それでも、思春期の子供にしか出せない逡巡やキラメキが詰まっています。