映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマの紹介、教育

【相関図つき】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズあらすじ&登場人物【PART2には,イライジャウッドやフリーも出演?】

【相関図つき】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズあらすじ&登場人物【PART2には,イライジャウッドやフリーも出演?】

1980年代を代表するSF映画で、いまなお人気の高い『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ。

2022年7月には、3部作がそろって地上波テレビ放送されます。

 

この記事では、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの簡単なストーリーとキャストをご紹介します。

※なお、できるだけネタバレは避けています。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ三部作 地上波テレビ放送(2022)はいつ?

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は1985年のアメリカ映画。

30年前にタイムスリップした高校生が、友だちの科学者を救うため、自分の母親と父親をくっつけるため、奮闘するSFです。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』PART1 概要
原題 Back to the Future
製作年 1985年
ジャンル SF
上映時間 116分
監督 ロバート・ゼメキス(『フォレスト・ガンプ/一期一会』)
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
出演 マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの地上波テレビ放送は、フジテレビ系列『土曜プレミアム』にて。

  • 2022年7月2日()・・・『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
  • 2022年7月9日()・・・『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』
  • 2022年7月16日()・・・『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』

21:00 ~ 

 

関連:【見やすい】地上波テレビ映画の放送予定

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』簡単なあらすじ【ネタバレなし】

1985年、カリフォルニア州のヒルバレー。この街に住むマーティ( マイケル・J・フォックス)は、売れっ子バンドをめざす高校生です。

マーティには、年の離れた科学者の友だち、ドク(クリストファー・ロイド)がいます。

 

ドクは、自動車型のタイムマシン【デロリアン】を完成させたばかり。

しかし、ドクはタイムマシンの“原動力”となるプルトニウム(核燃料)を手に入れるため、リビアの過激派をダマしました。

このため、ドクは過激派に撃たれ、死んでしまいます。その場にいたマーティも、過激派に追いかけられます。

マーティが【デロリアン】で猛スピードを出すと、30年前の1955年にタイムスリップします。

 

マーティは若い頃のドクに出会って、事情を説明。1985年に帰るために、手を貸してもららうことにします。

ところが、問題が起きていました。

マーティが1955年にやってきたことで、マーティの母・ロレインと父・ジョージがくっつくはずだった歴史が書き換わっていたのです。

 

それどころが、ロレインは(未来の息子である)マーティに好意を抱いてしまいます。

 

マーティは、あの手この手を使って、ロレインの気持ちをジョージに振り向かせようとしますが・・・

【相関図付き】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』登場人物&キャスト

マーティ・マクフライ 

演:マイケル・J・フォックス/吹き替え:山寺 宏一

スケボー好きの高校生。“チキン”(=腰抜け)と言われると、カッとしてしまう。

【デロリアン】で30年前にタイムスリップすると、若い頃のママ(=ロレイン)から言い寄られて・・・

エメット・ブラウン(愛称:ドク)

演:クリストファー・ロイド/吹き替え:青野 武(あおの たけし)

マーティの友だちで科学者。スポーツカー【デロリアン】を改造し、自動車型タイムマシンを発明する。

ビフ・タネン

演:トーマス・F・ウィルソン/吹き替え:谷口 節(たにぐち たかし)

マーティの父・ジョージの上司。憶病なジョージをバカにしている。

1955年では、ロレインに言い寄る。馬糞(ばふん)がキライだが、なにかと縁がある。

ロレイン・ベインズ・マクフライ

演:リー・トンプソン/吹き替え:佐々木 優子

マーティの母。気が強い、肉食系女子。

ジョージと親しい仲になるはずだったが、未来からやってきたマーティにホレてしまう。

ジョージ・マクフライ

演:クリスピン・グローヴァー/吹き替え:富山 敬(とみやま けい)

マーティの父。ビフにからかわれても、言い返せない。

元々は、ロレインの父の車にひかれたことが原因で、ロレインと親密になるはずだった。

 

 

【バック・トゥ・ザ・フューチャーPART1 相関図】

【相関図つき】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズあらすじ&登場人物

ゴールディー・ウィルソン

演:ドナルド・フュリラブ/吹き替え:秋元 羊介(あきもと ようすけ)

ヒルバレーの市長。

1955年のときは、レストランでウェイターをしている。

ジェニファー・パーカー

演:クローディア・ウェルズ/吹き替え:勝生 真沙子(かつき まさこ)

マーティの彼女。

アインシュタイン

ドクの飼っている犬。【デロリアン】に乗って、初めてタイムスリップを経験する。

ドクは、1955年のときはコペルニクスという犬を飼っている。

 

関連:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』吹き替えは昔のテレビ放送と違う?三ツ矢版のDVDやブルーレイを買うには? 

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』簡単なあらすじ【ネタバレなし】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』PART2 概要
原題 Back to the Future Part II
製作年 1989年
ジャンル SF
上映時間 108分
監督 ロバート・ゼメキス(『永遠に美しく』)
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
出演 マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、エリザベス・シュー

 

タイムスリップから戻ってきたマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)の前に、【デロリアン】に乗ったドクが現われ、警告します。

「マーティ、君の未来が大変なことになってるぞ!」

マーティの息子が逮捕されたことがきっかけとなり、マクフライ家が破滅するというのです。

 

【デロリアン】で2015年にタイムスリップしたマーティは、息子になりすましてトラブルを回避。マクフライ家のピンチを防ぎます。

マーティは、おみやげにスポーツ年鑑を買って、1985年に戻ろうとします。

しかし、ドクに

「スポーツの結果を知って、賭けでもうけるつもるだな?」

と怒られ、ドクはスポーツ年鑑をゴミ箱に捨てます。

 

ところが、マーティとドクの会話を、ビフ・タネン老人(=トーマス・F・ウィルソン)に聞かれていました。

ビフ老人はスポーツ年鑑を拾うと、こっそり【デロリアン】に乗って1955年にタイムスリップします。

 

そうとも知らず、マーティたちは1985年の夜に戻ります。ところが、マーティの自宅には別の家族が住んでいます。自動車会社のヒラ社員だったはずのビフは、大金持ちになっています。

そればかりか、父・ジョージは死亡しており、母・ロレインはビフと再婚していました。

ドクの話によれば、過去のどこかで時空の線がゆがみ、“もうひとつの1985年”が作り出されてしまったというのですが・・・

【相関図付き】『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』登場人物&キャスト【イライジャウッドやフリーも出演?】

マーティ

演:マイケル・J・フォックス/吹き替え:山寺 宏一

ドク

演:クリストファー・ロイド/吹き替え:青野 武(あおの たけし)

ビフ・タネン

演:トーマス・F・ウィルソン/吹き替え:谷口 節(たにぐち たかし)

【デロリアン】を使って1955年の過去にタイムスリップし、若い頃の自分にスポーツ年鑑を渡す。競馬で万馬券をあて、ヒルバレーの大地主となる。

ジェラルド・ストリックランド

演:ジェームズ・トールカン

ヒルバレー高校の教頭先生。ビフには厳しい。

 

【バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 相関図】

【相関図つき】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズあらすじ&登場人物【PART2には,イライジャウッドやフリーも出演?】

ジェニファー・パーカー

演:エリザベス・シュー/吹き替え:勝生 真沙子(かつき まさこ)

マーティの恋人。2015年にタイムスリップし、未来の息子たちとニアミスする。

PART2から、キャストは『リービング・ラスベガス』のエリザベス・シューに交代。

ニードルス

演:フリー(またはマイケル・ピーター・バルザリー)

34分17秒

マーティの学生時代の同級生で、2015年のマーティとテレビ電話する。マーティをそそのかし、不正を持ちかける。

ニードルスを演じるのは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト、フリー(Flea)。

ビデオ・ゲームの少年#1

演:イライジャ・ウッド

15分36秒

2015年に行ったマーティが、カフェの店内にある古いビデオ・ゲーム(=ワイルド・ガンマン)をプレイします。このときの少年のひとりです。

イライジャ・ウッドは、『ロード・オブ・ザ・リング』の主演俳優。

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』簡単なあらすじ【ネタバレなし】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』PART3 概要
原題 Back to the Future Part III
製作年 1990年
ジャンル SF
上映時間 118分
監督 ロバート・ゼメキス(『ホワット・ライズ・ビニース』)
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
出演 マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、メアリー・スティーンバージェン

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』で、1985年から1955年にタイムスリップしてきたマーティドク

マクフライ家の未来を救ったマーティでしたが、【デロリアン】に乗ったドクは落雷に打たれ、1885年に飛ばされてしまいます。

 

その直後、マーティは過去に飛ばされたドクから、手紙を受け取ります。手紙によると、

・70年前に飛ばされたドクは1985年に戻ることをあきらめ、そのまま1885年に残るつもりだ
・タイムマシン【デロリアン】を鉱山に埋めた。マーティが1985年に戻ったあとは破壊してほしい

と書いてあります。

 

ところが! マーティと1955年のドクが鉱山に向かうと、ドクの名が刻まれた墓石があります。ドクは1885年の9月に、ビフ・タネンの先祖ビュフォード・タネン(トーマス・F・ウィルソン)に撃ち殺されたらしいのです。

 

マーティは修理してもらった【デロリアン】で、ドクが死ぬ5日前の1885年に向かいます。

 

 

さて、1885年に着いた直後。

ヒルバレーの街に向かったマーティは、酒場でビュフォード・タネンと遭遇します。タネンに目をつけられたマーティは、縄でつるし上げられます。

マーティを救ってくれたのが、先にタイムスリップしていたドクでした。

 

「ビュフォードに撃たれる前に“未来に”戻ろう!」

そう考えるマーティとドクでしたが、【デロリアン】のガソリンが切れています。そこで、蒸気機関車に【デロリアン】を押してもらい、タイムスリップに必要な時速145キロを出す計画を立てます。

そんなとき。

ドクは、若い教師クララ・クレイトン(メアリー・スティーンバージェン)が乗る馬車が、暴走しているのを発見します。ドクは間一髪でクララを助けます。

その瞬間、ドクとクララは互いにひと目ぼれして・・・

【相関図付き】『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』登場人物&キャスト【クリント・イーストウッドって誰?】

マーティ・マクフライ 

演:マイケル・J・フォックス/吹き替え:山寺 宏一

1885年にやってきて、ひいおばあさんに名前を聞かれたマーティ。とっさに

「あの・・・クリント・イーストウッドです」

と答えます。

マーティは、早撃ちガンマンの格好をしています。これは、『荒野の用心棒』(1964年)で俳優クリント・イーストウッドが演じたガンマンがモデル。

イーストウッドは、いまでは監督として精力的に活動しています。

エメット・ブラウン(愛称:ドク)

演:クリストファー・ロイド/吹き替え:青野 武(あおの たけし)

未来から1885年にやってきたが、帰れなくなっていた。峡谷に落ちて死ぬはずだったクララを助けて、ひと目ぼれ。

 

【バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3 相関図】

 

【相関図つき】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』PART3あらすじ&登場人物

ビュフォード・タネン(愛称:マッド・ドッグ)

演:トーマス・F・ウィルソン/吹き替え:谷口 節(たにぐち たかし)

ビフ・タネンのご先祖で、ならず者。“マッドドッグ”(=狂った犬)と呼ばれるのを嫌う。

クララ・クレイトン

演:メアリー・スティーンバージェン/吹き替え:吉田 理保子

国語教師。SF作家ジュール・ヴェルヌの小説が好き。

峡谷に落ちそうだったところをドクに救われ、運命的な出会いをはたす。