映画ときどき海外ドラマ

映画のあらすじ、たま~に雑学

隠れた名作サスペンス!映画『バニー・レークは行方不明』あらすじ!みんな嘘つき?それとも妄想?

隠れた名作サスペンス!映画『バニー・レークは行方不明』あらすじ!トラウマ級

心理サスペンスの隠れた名作で、トラウマ級の衝撃を与えてくれる映画『バニー・レークは行方不明』が、NHKのBSでテレビ放送されます。

この記事では、映画『バニー・レークは行方不明』のあらすじと見どころをご紹介します。

※なお、できるだけネタバレはしません。

 

サスペンス映画『バニー・レークは行方不明』NHKのBSでの放送はいつ?

 『バニー・レークは行方不明』は1965年のアメリカ映画。若い母親が失踪した娘の行方を探してゆくうち、さく乱状態に追い込まれてゆく心理サスペンスです。

映画『バニー・レークは行方不明』
原題 Bunny Lake Is Missing
製作国 アメリカ
公開年 1965年
上映時間 107分
監督 オットー・プレミンジャー(『悲しみよこんにちは』)
原作 イヴリン・パイパー『バニー・レークは行方不明』
脚本 ジョン・モーティマー、ペネロープ・モーティマー
出演 キャロル・リンレー、キア・デュリア、ローレンス・オリヴィエ

 『バニー・レークは行方不明』のテレビ放送は、2021年5月25日(火)。NHKのBSの「BSプレミアム」にて。

13:00 ~ 14:48

映画『バニー・レークは行方不明』あらすじ【ネタバレなし】

 ロンドンの郊外。

外国からやってきたアン・レーク(キャロル・リンレー)は、4歳の娘バニーとこの街に住み始めたばかり。ある日の午後、アンは保育園にあずけておいた娘を迎えにゆきます。

ところが、保育園の先生は口をそろえて

「バニーという子なんて、見た覚えがない」

 と、言うのです。

 

我を失ったアンは雑誌社に勤める兄・スティーブン(キア・デュリア)に助けを求め、二人で保育園を捜索します。4歳児の担当だった先生は歯医者へ出かけており、屋上で物書きをしているフォード先生はどう考えても変人です。

らちがあかなくなったアンとスティーブンは、ニューハウス警部(ローレンス・オリヴィエ)に捜査を依頼。アンは、調理師のおばさんに娘を頼んでおいたはずだと証言しますが、その調理師も姿を消しています。

さらに、アンが自宅に戻ると・・・バスローブ、スリッパ、熊のぬいぐるみなど、家を出る前はあったはずの「バニーの持ち物」が全部消えていたのです。

 

「そもそも、最初からバニーという娘なんて存在してなかったのでは?」

警察はアンの妄想ではないか、と疑い始めます。

 

ニューハウス警部は、聞きこみで興味深い情報を入手します。子どものとき孤独だったアンは、イマジナリーフレンド(想像上の友だち)を持っていたらしく・・・

みんな嘘つき?それとも妄想?“行方不明者が見つからない”映画の名作!!

 行方不明者を必死に探すものの、誰もその存在すら知らない・・・みんながグルになって主人公をダマしているのか? それとも情緒不安定な主人公の妄想か?

 

この型をもつサスペンス映画は、昔からよく作られています。

  • 『バルカン超特急』(1938年)・・・列車で知り合った婦人がこつ然と姿を消す
  • 『フォーガットン』(2004年)・・・最愛の息子が“いなかった”ことになってる
  • 『フライトプラン』(2005年)・・・飛行機内で娘が失踪
  • 『チェンジリング』(2008年)・・・消えた息子が戻ってくるが、別人
  • 『女神は二度微笑む』(2015年)・・・失踪した夫は、別人だった説

中には、前半はスリリングだけど真相を知るとツッコミどころがいっぱい、という作品も少なくありません。『バニー・レークは行方不明』は、“失踪者が見つからない”映画の中でも、かなり完成度の高い作品です。

特に優れているのが、カメラワーク。娘の持ち物が次々と消えてゆく場面では、アンの視点。ニューハウス警部が捜査する場面では第三者視点でアンを映しており、“視点の切り替え”が異様な緊張感をもたらしています。

あまり余計な情報を入れずに見て、震えてほしい。

 2021年5月現在、Amazonプライムで299円の「有料レンタル作品」として配信されています。