映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

海外ドラマ『ヴェロニカ・マーズ』シーズン1のあらすじと魅力

スポンサーリンク

海外ドラマ『ヴェロニカ・マーズ』シーズン1のあらすじと魅力

アメリカのTVドラマはシビア。いかに批評家が絶賛しようとも、視聴率が取れなければ打ち切り。そのため、消化不良な終わり方をする作品が少なくありません。

 

そんな中、根強いファンの要望で映画版として復活 ⇨ シーズン延長というミラクルを起こしたドラマがあります。女子高生探偵の活躍を描いた『ヴェロニカ・マーズ』です。

 

海外ドラマ『ヴェロニカ・マーズ』概要と見る順番

 

『ヴェロニカ・マーズ』は、“青春+推理”ドラマ。女子高生のヴェロニカが、昼はセレブが集まる学校に通いながら、放課後は探偵としてさまざまな事件に挑みます。

『ヴェロニカ・マーズ』
ジャンル 青春+推理ドラマ
タイプ 1話完結もの
シーズン数 シーズン4+映画版
1話あたりの分数 41~43分
ショーランナー ロブ・トーマス
出演 クリスティン・ベル、ジェイソン・ドーリング

1話完結で小さな事件を解決しながら、シーズンを通して大きな事件の謎にも迫ってゆきます。推理はおまけ程度で、主人公ヴェロニカをめぐる恋愛要素がかなりの比重を占めます。

 

  • シーズン1・・・エピソード22話(2004~2005)
  • シーズン2・・・エピソード22話(2005~2006)
  • シーズン3・・・エピソード20話(2006~2007)
  • 『ヴェロニカ・マーズ[ザ・ムービー]』・・・107分(2014年)
  • シーズン4・・・エピソード8話(2019年)

 

 シーズン1と2は完成度が高いのですが、途中で打ち切られたこともあり、シーズン3は中途半端な終わり方をしています。

 

その後、復活を望むファンの声が絶えず、7年後に映画版で復活。さらに、動画配信サービスhulu(フールー)でシーズン4が制作されました。

 

『ヴェロニカ・マーズ』シーズン1 簡単なあらすじ

 

  ※DVDのコンプリート・バージョンは、シーズン1~3+映画版。シーズン4は未発売。

 

 

セレブが多く集まる街、カリフォルニア州のネプチューン。女子高生のヴェロニカは裕福ではないものの、快適なスクール・ライフを送っていました。ある事件が起こるまでは!

 

 

なんと、親友のリリーが何者かに殺されてしまったのです。


保安官だったヴェロニカの父・キースは大富豪のケイン家に疑いをかけます。これが街に住むセレブたちの怒りを買い、キースは失職。ヴェロニカの母は家出し、ヴェロニカはセレブの彼氏と別れるハメになります。

 

セレブから嫌われ、高校で孤立してしまうヴェロニカ。そんな彼女にさらなる追い打ちが! ある夜、クラスメートが集まるパーティのさなか、レイプされてしまうのです。



しかし、ヴェロニカは強い女の子。こんなことでは負けません。探偵事務所を始めた父を手伝いながら、親友をなき者にした真犯人に迫ってゆくのです・・・

 

 

かわいさとガッツを兼ね備えた最強女子高生!『ヴェロニカ・マーズ』の魅力

 

『ビバリーヒルズ高校白書』というドラマがあります。高級住宅街を舞台に、ティーンの家庭事情・恋愛・ドラッグ・人種差別などをリアルに描き、反響を呼んだ作品です。のちのドラマ制作にも大きな影響を与えています。

 

 

この流れをくんだドラマが、『ゴシップガール』『The O.C.』(ジ・オーシー)、そして『ヴェロニカ・マーズ』です。後発組のなかで『ヴェロニカ・マーズ』が特徴的なのが、セレブ高校生を取り巻く社会問題に加え、推理ドラマの要素を付け足したことです。

 

この作品の最大のウリは、主人公・ヴェロニカの魅力にあります。親友の死。彼氏との別れ。レイプ。母の家出・・・これ以上ない不幸に見舞われながら、とにかくへこたれない。

 

 

頭はキレるし、勇気とド根性を持ち合わせ、他人に偏見を持ちません。そんな彼女。決して目を引くような美人じゃないけど、やたらモテます。


未練が残ってそうな元カレ。探偵の依頼をしてきたイケメン。敵意むき出しだしの親友の彼氏。次々に男が寄ってきます。だけど、いい子なので嫌味がないんです。モテるけど、鼻につかない。それって、ポイント高いわけですよ。

 

 誰もが応援したくなる主人公。これこそ、『ヴェロニカ・マーズ』最大の魅力といえるでしょう。

 

※2020年8月現在、Amazonプライムビデオでシーズン1からシーズン3までと映画版が視聴できます。

Amazonプライムビデオ『ヴェロニカ・マーズ』シーズン1(字幕版)

 

 プライムビデオで扱っているのは、字幕版のみ。なぜかサムネがおばさんっぽいのですが、実際のヴェロニカはもっとキュートです。