映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマを通して、もっと映画を好きになれるブログ

『バラ色の選択』あらすじ&キャスト【マイケル・J・フォックス主演!爽やかな恋愛コメディ映画】

  当サイトにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク

『バラ色の選択』あらすじ&キャスト、ガブリエル・アンウォー、ルーズベルト島

「彼のために尻ぬぐいなんか・・・」

「彼が必要なんだ」

 

本当に必要なのはお金?それとも愛?

マイケル・J・フォックス主演、ハッピーな気持ちになれるラブコメ映画『バラ色の選択』がテレビ放送されます。

この記事では、『バラ色の選択』のあらすじとキャストについてお伝えします。

『バラ色の選択』NHKのBSプレミアムでの放送(2023)はいつ?原題は?女優は誰?

『バラ色の選択』は1993年のアメリカ映画。

「自分のホテルを持ちたい!」と夢見るホテルの接客係が、出資者と思いを寄せる女性のあいだで揺れる、という恋愛コメディです。

映画『バラ色の選択』
原題 For Love or Money
上映時間 96分
監督 バリー・ソネンフェルド(『アダムス・ファミリー』)
ジャンル ロマンティック・コメディ
音楽 フィオレンツォ・カルピ
出演

 マイケル・J・フォックス、ガブリエル・アンウォー

 『バラ色の選択』のテレビ放送は、2023年4月11日(火)。NHKのBSプレミアム「BSシネマ」にて。
13:00 ~ 14:36

字幕スーパーでの放送です。

 

原題は『For Love or Money』。「for love or money」は否定文とともに使われる慣用句で、「どんな状況でも(~しない)、損得抜きで~する」という意味です。

 

主演はバック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのマイケル・J・フォックス。相手役の女優は、ガブリエル・アンウォーです。

ガブリエル・アンウォーは90年代にLUXスーパーリッチのCMに出ており、日本でも知名度がありました。

『バラ色の選択』あらすじ【マイケル・J・フォックス主演!爽やかな恋愛コメディ映画】

ダグ(マイケル・J・フォックスは)は、ニューヨークのホテル【ブラッドベリー】の接客係。

夫婦仲がこじれた宿泊客の奥さんにプレゼントを贈ったり、舞台のチケットを用意してあげたり・・・ダグは宿泊客の心をつかみ、チップをもらうのが上手でした。

 

ダグには、「自分のホテルを持ちたい!」という夢があります。すでにルーズベルト島に古い建物を購入ずみ。あと300万ドルの開業資金が必要で、スポンサーを探していました。

 

そんなダグに朗報が!

宿泊客のひとりで、資産家のクリスチャン(アンソニー・ヒギンズ)がダグの計画に興味を持ってくれたのです。

ダグは、クリスチャンから頼みごとをされます。クリスチャンには若い愛人がおり、彼女の機嫌を損ねないように、“相手をしてやってほしい”と頼まれたのです。

 

クリスチャンの部屋に呼び出された愛人を見て、ダグはびっくり!

現れたのは、ホテルの香水売り場で働くアンディ(ガブリエル・アンウォー)。ダグが思いを寄せる、職場の同僚だったのです・・・

ガブリエル・アンウォーのおすすめ映画は?『バラ色の選択』キャスト

『バラ色の選択』のキャストと俳優、DVD版の吹き替え声優です。

(⇦ NHKのBSプレミアムでの放送は、字幕版です)

ダグ・アイルランド

演:マイケル・J・フォックス/吹き替え:関 俊彦

主人公。ニューヨークのホテル【ブラッドベリー】の接客係。同僚からは“ベル・ボーイ”とからかわれる。いつかはホテルのオーナーになりたい、と夢を持つ。

香水売り場のアンディに片思い。

 

ダグを演じたのは、マイケル・J・フォックス

80年代後半から90年代には、ハートフル・コメディの佳作に出演。『摩天楼はバラ色に』(1987)『ドク・ハリウッド』(1991)などで、爽やかな魅力を振りまいています。

アンディ・ハート

演:ガブリエル・アンウォー/吹き替え:冨永みーな

香水売り場の販売員。歌手になる夢を持ち、週末はクラブで歌う。クリスチャンの愛人。

 

アンディを演じたのは、アメリカの女優ガブリエル・アンウォー

彼女が若い頃の出演作といえば、おすすめは『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』です。

この作品で名優アル・パチーノと踊るタンゴ・ダンスは、映画史に残る名シーンです。

>> Amazonプライムビデオ『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』(字幕版)

 

また、ホラー映画『ボディ・スナッチャーズ』(1993)もおすすめ。アンウォーは、宇宙生物に追いつめられるヒロインを演じています。

(⇦ ホラー映画としては微妙だけど、アンウォーの美しさが際立っている!)

クリスチャン・ハノーヴァー

演:アンソニー・ヒギンズ/吹き替え:富山 敬(とみやま けい)

ホテルの宿泊客。ダグのホテル開発計画に、出資を申し出る。

妻がいるが、アンディと不倫中。

 

クリスチャンを演じたのは、イギリスの俳優アンソニー・ヒギンズ。『ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎』(1985)では、ホームズの宿敵・レイス(=のちのモリアーティ教授)を演じました。

ミルトン・グリックマン

演:フィヴァッシュ・フィンケル/吹き替え:上田 敏也

ホテルの年老いたポーター(=宿泊客の荷物をはこぶ人)。物忘れが激しいミルトンを、ダグはフォローしてあげる。

 

ミルトンを演じたのは、アメリカの俳優フィヴァッシュ・フィンケル。TVドラマ『ピケット・フェンス ブロック捜査メモ』に、弁護士役で出演しています。