映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』配信はどこ?なぜ酷評されてるの?

スポンサーリンク

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』配信はどこ?なぜ酷評されるてるの?

国民的ゲーム『ドラゴンクエスト』を3DCGアニメ化した映画、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のネット配信が始まりました。

 

この記事は、映画『ドラゴンクエスト ユアストーリー』のフル動画が配信されているサイトについてお伝えします。また、この映画は賛否両論の評価があり、特にゲームファンからは酷評の嵐が吹き荒れました。

 ネタバレしない範囲で、その理由についてもお伝えします。

 

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』概要

 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は、2019年に公開された3DCGアニメーション映画。 国民的人気ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』の第5作、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が原作となっています。

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』
公開年 2019年8月
配給 東宝
上映時間 103分
興行収入 14.2億円
総監督 山崎貴
監督 八木竜一、花房真
脚本 山崎貴
声の出演 佐藤健、有村架純、波留

 

 ゲームは1992年にスーパーファミコン(SFC)で発売され、その後、PS2やニンテンドーDSなどでリメイクされています。親子3代に渡る壮大なストーリーで、モンスター仲間システムを搭載。プレイヤーに“結婚の選択をせまる”という仕かけは、当時のゲームファンを悩ませました。

Amazonプライム? Netflix?『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』配信はどこ? 

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』はどの配信サイトで見られるのか? 有料の動画サービスの配信状況です。 

サービス名 配信 月額(税込み) 無料体験 特徴
Amazonプライム 500円 30日間 通販も安く
U-NEXT 2,189円 31日間 韓国ドラマが充実
Netflix 990円~1980円 なし 海外ドラマに強み
dtv 550円 31日間 ケータイ向け動画が充実
Hulu 1,026円 2週間 日テレドラマと連動
Paravi 1,017円 2週間 TBS+テレ東+WOWOW
FODプレミアム 976円 2週間 フジのドラマやバラエティ
ABEMAプレミアム 960円 2週間 リアルタイム番組とオンデマンド
DISNEY+ 770円 31日間 ディズニー+マーベル+ピクサー
dアニメストア 440円 31日間 アニメ専門
バンダイチャンネル 1,100円 初月無料 放送中アニメから名作まで
ビデオマーケット 550円~ 初月無料 新作ドラマ、アニメに強み

  ※2021年2月10日時点のデータ。

 オンライン上ですぐにでも『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を見たいなら、Netflix(ネットフリックス)一択になります。 

Netflix (ネットフリックス) 日本 - 大好きな映画やドラマを楽しもう!

 

 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』あらすじ【ネタバレなし】

かつて、天空人(てんくうびと)たちは、大魔王ミルドラースを魔界の門の向こうへ封印しました。

ふたたび門を開こうとする者が現われないよう、天空人は「てんくうのつるぎ」を残しました。このつるぎは魔界の門を閉じるちからを持ち、天空の血を引く勇者だけが装備できます・・・

 

・・・少年リュカは、屈強な父・パパスと旅をつづけていました。その目的は、ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母・マーサを救い出すこと。

 

旅を続けるうち、ついにゲマを見つけ出し、パパスは魔物たちをけちらします。しかし、ゲマに不意をつかれ、リュカが人質にとられてしまいます。手出しができなくなったパパスは、息子の目の前で息絶えてしまうのでした。

リュカとヘンリー王子はゲマに捕まり、魔物たちの神殿づくりのため、奴隷として働かされることになるのでした。

 

・・・それから10年後。

 リュカとヘンリー王子は建設中の神殿から脱走します。リュカは、幼い頃に父・パパスと過ごしたサンタローズの村に戻ってきます。パパスが残した日記には、こう記されていました。

「ゲマは魔界の門をひらく呪文を知りたくて、マーサを幽閉している。天空のつるぎと勇者を探し出せば、マーサを救うことができる」

 

自分の使命を知ったリュカは、キラーパンサーやスライムを仲間にして、旅をつづけます。

そしてリュカは、サラボナという街にやってきます。 この街に住む富豪・ルドマンは、「てんくうのつるぎ」を所持していました。リュカは、

「この街を脅かす怪物・ブオーン倒せば、ルドマンの娘・フローラと結婚し、ルドマン家の後継ぎになれる」

という話を聞きつけます。

 

フローラは街でも評判の美人。彼女と結婚できれば、てんくうのつるぎも手に入るかもしれない・・・

リュカはブオーン退治に向かいますが、あっさり返り討ちにあいます。ボロボロになって戻ってきたリュカですが、酒場で倒れてしまいます。そんなリュカに薬草をくれたのは、ビアンカという幼なじみの女の子でした・・・

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』キャラクター&声優

 映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』では、キャラクターの大部分はプロの声優さんではなく、知名度のある俳優さんが起用されています。

リュカ・・・佐藤 健(さとう たける)

 主人公。ゲマの野望を止めて、母・マーサと再会するために旅をつづける。ビアンカとフローラ、2人の女性をめぐる究極の選択を迫られることに・・・ 

ビアンカ・・・有村 架純(ありむら かすみ) 

リュカの幼なじみの女の子。 子供のころ、リュカと一緒におばけ退治をしたことがある。男勝りだが、リュカが心をひらける相手。

フローラ・・・波留(はる) 

サラボナに住む大富豪・ルドマンのひとり娘。気立てのよい美人。ビアンカの気持ちに気づいてる?

ヘンリー王子・・・坂口 健太郎 

ラインハット城の王子。リュカと一緒にゲマに囚われ、奴隷として働くことになる。ゲームでは王位継承をめぐる争いに巻きこまれていたが、映画では描かれず。

パパス・・・山田 孝之(やまだ たかゆき) 

リュカの父。屈強な戦士ふうだが、魔法も使いこなす。高貴な身分であることを隠し、妻マーサの行方を探していた。

マーサ・・・賀来千香子(かく ちかこ) 

リュカの母で、パパスの妻。魔物にさらわれ、どこかに幽閉されている。

サンチョ・・・ケンドーコバヤシ 

パパスの付き人。リュカのことを「ぼっちゃん」と呼ぶ。サンチョが仲間になってすぐに、ルイーダの酒場に送ったプレイヤーも多いはず。

ルドマン・・・松尾 スズキ 

 サラボナの大富豪で、フローラの父。ちょっと早とちり。

 ゲマ・・・吉田 鋼太郎(よしだ こうたろう)

魔界の門の封印をとき、大魔王ミルドラースの復活をたくらむ魔物たちの総帥。リュカを人質にとり、パパスを死に追いやる。

 

なぜ酷評ばかり? 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の評価

Yahoo!映画:★★☆☆☆ 2.5

映画.com:★★☆☆☆ 2.2

 Filmarks:★★★☆☆ 2.9 

面白いという意見

  •  作りこまれたCGも音楽もスゴい。懐かしさで泣きそう
  • あの長いストーリをよくまとめている

 ひどいという意見 

  • ラスト10分ですべて台無し!
  • 『ドラクエV』に対するリスペクトが感じられない

 

酷評の理由のひとつとなっているのが、終盤のあるキャラクターのメッセージです。

「いつまでも、子供の頃にやっていたゲームの思い出にすがるな!」

とも受け取れる主張をするのです。

 これを含め、原作となった『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』には、全くなかった予想外の展開が付け足されています。脚本を書いた山崎貴 氏が発案した部分です。

 これには、『ドラクエV』に思い入れがある人、いまでもゲームを楽しんでいる人から

「思い出を汚された!」

「やるなら、自分のオリジナル作品でやってくれ!」

という厳しい意見が寄せられています。

 

SFCの『ドラクエV』を100時間はプレーした筆者も、ラストの展開にはぶったまげました。ただ、批判を覚悟した上であのオチにしているわけで、「度胸あるな~」と感心もしました。 

気になる“脚本家”・山崎貴 氏のワードセンス! もっと、堀井氏の名セリフが聞きたかった! 

気になったとすれば、セリフの部分。 

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』には、ゲームのシナリオを書いた堀井雄二 氏のセリフと、映画の脚本を書いた山崎貴 氏のセリフが混在しています。

 

2人のライターのセリフが混じっているため、山崎貴 氏の書いたセリフの軽さが浮きだってしまうのです。

「うわー、ウンコくっさー」

「バカなの? アホなの? 何してんの?」

「泣くなサンチョ。それよりお前、老けたな」 

・・・う~ん、このワードセンス。小学生が書いたみたい。本を読まない人なんだろうな。雑誌ライター出身の堀井氏のセリフとは言葉のセンスが違います。

 

映画には出てきませんが、ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズには、短いのに味がある“堀井節”がたくさん出てきます。

「へんじがない。ただのしかばねのようだ」

「まことのゆうしゃなら ぬすみなどせぬはずだ」

「それ いいすぎ!」  

「なんと! このわしが好きと申すか!? そ それはいかん! もう一度 考えてみなさい」

「おはようございます。ゆうべはおたのしみでしたね」

「おやめくださいませ! しゅじんがみてますわ」

 こういうフレーズをもう少し聞きたかったな~。

 

でも、映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は楽しめました。思い出の『ドラクエV』のキャラクター達がぬるぬる動く映像美と、すぎやまこういち氏の音楽は感動ものです。

  • 『ドラゴンクエスト』シリーズをプレーしたことがない人。
  • 大人になって、ゲームを卒業した人。

こういった人には、むしろ楽しめる作品かもしれません。映画の評価なんて自分が決めればいいので、食わず嫌いはもったいないです。