映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

働く女性におすすめの映画8選!恋に仕事に頑張る女子を応援!

スポンサーリンク

働く女性におすすめの映画8選!恋に仕事に頑張る女子を応援!
以前と比べて働きやすくなったとはいえ、働く女性はまだまだ大変な思いをしています。男性優位の職場。古い価値観の上司。そして、子育てと恋。

 

この記事では、そんな仕事に恋に頑張る女性を応援する映画をご紹介します。

 

 

『プラダを着た悪魔』(2006年)

働く女性におすすめ映画『プラダを着た悪魔』(2006年)

原題:The Devil Wears Prada

監督:デヴィッド・フランケル

脚本:アライン・ブローシュ・マッケンナ

出演:アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ

 

あらすじ

 

地方からニューヨークへやってきた、ジャーナリスト志望のアンドレア。ひょんなことから彼女は、ファッション誌の鬼編集長・ミランダのアシスタントに就くことになります。ところが与えられた仕事は、雑用と理不尽な要求ばかり。ファッションセンスを馬鹿にされながらも、キャリアのために奮闘するアンドレアでしたが・・・

 

見どころ

 

働く女性たちの心をつかみ、圧倒的な支持を受けたヒット作。ニューヨークの街並みも、うっとりするファッションも目を楽しませてくれます。みんな、始めからやりたい仕事なんてさせてもらえません。我慢、我慢!

 

関連:登場キャラクターや吹き替え声優などは、こちらでご紹介しています。

www.entafukuzou.com

 

 

『ワーキングガール』(1988年)

 

原題:Working Girl

監督:マイク・ニコルズ

出演:メラニー・グリフィス、ハリソン・フォード、シガニー・ウィーバー

 

あらすじ

 

夜学でビジネスを学び、投資銀行に職を得た頑張り屋のテス。ところが、上司はセクハラまがいの行為を連発。そんな中、重役のキャサリンが上司として赴任してきます。キャサリンは赴任早々、骨折して入院。テスは勝手に合併話を進めますが・・・

 

見どころ

 

キャリアウーマンの仕事と恋を描いた映画といえば、コレ。入院した上司の代理として大きな仕事を担当、さらにイケメンビジネスマンと知り合って・・・♡  80年代の音楽もファッションも、いま見ると新鮮です!

 

 

『キューティ・ブロンド』(2001年)

仕事を頑張る女子『キューティ・ブロンド』(2001年)

原題:Legally Blonde

監督:ロバート・ルケティック

出演:リース・ウィザースプーン、ルーク・ウィルソン

 

あらすじ

ファッションと美容だけはイケてる女の子・エル。しかし、彼氏は“頭の弱い”彼女をあっさりフッてしまいます。

「彼氏を見返してやりたい!」

エルは彼氏を追いかけ、名門ハーバード大学の法学部に合格するのですが・・・

 

見どころ

秀才たちからバカにされても、我が道をゆくエルに元気がもらえる一本。エルのように人の痛みがわかる弁護士さんがいたら、心強いだろうなぁ。

 

 

『エリン・ブロコビッチ』(2000年)

働く女性におすすめ映画『エリン・ブロコビッチ』(2000年)

原題:Erin Brochovich

監督:スティーブン・ソダーバーグ

出演:ジュリア・ロバーツ、アルバート・フィニー

 

あらすじ

3人の子供を抱えるシングルマザーのエリンは、ひょんなことから弁護士事務所に出入りするようになります。エリンは、法律の勉強なんてしたことありません。やがて、環境汚染に苦しむ人たちがいることを知った彼女は、巨大企業を相手に裁判を起こして・・・

 

見どころ

 

法律の学校を出ていないシングルマザーが、弱者のために奮闘する姿に胸を打たれます。

「資格で仕事してるんじゃない。人の役に立ちたい思いで、仕事をしてるんだ!」

そんな熱い思いが伝わってくる、魂のお仕事映画。ジュリア・ロバーツは本作の演技で、アカデミー主演女優賞を受賞。

 

 『幸せのレシピ』(2007年)

 

原題:No Reservations

監督:スコット・ヒックス

出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

 

あらすじ

 

マンハッタンの高級レストランで料理長をつとめるケイトは、姉を事故で失い、姪っ子を預かることになります。そんな中、新しい副料理長のニックが調理場にやってきます。仕事中に音楽を鳴らす陽気なニックに、我慢がならないケイトでしたが・・・

 

見どころ

 

料理長として完璧、私生活にもスキのないケイト。そんな主人公が1人の男性の出現で恋の沼にハマり、姪っ子の世話にあたふたする姿がとてもキュート! がんばりすぎた心に、潤いと癒しを与えてくれる一本。

 

『ブロードキャスト・ニュース』(1987年)

仕事を頑張る女子『ブロードキャスト・ニュース』(1987年)

原題:Broadcast News

監督:ジェームズ・L・ブルックス

出演:ホリー・ハンター、ウィリアム・ハート

 

あらすじ

 

テレビ局で働くジェーンは、敏腕プロデューサー。ニュースライターのアーロンとは息もぴったり。2人はつき合っている訳じゃないけど、友人としてうまくやっていた。ところが、地方局からハンサムなキャスターのトムがやってくる。ジェーンはトムに惹かれ始めて・・・

 

見どころ

 

熱い思いでプレゼンしたのに、誰も興味を示してくれない。そんな中、唯一拍手してくれたのは、転職してきたハンサムな男性。こんなシチュエーション、惹かれないわけないっ!!

 

メインとなるのはキャリアウーマンをめぐる三角関係ですが、3人の関係性がとても素敵で、爽やかな後味を残してくれます。アカデミー賞にノミネートされた佳作なのに、知名度低し。もったいない。みんな、観て!!

 

『恋とニュースの作り方』(2009年)

 

原題:Morning Glory

監督:ロジャー・ミッシェル

脚本:アライン・ブローシュ・マッケンナ

出演:レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード、ダイアン・キートン

 

 あらすじ

ニュース番組の低視聴率に苦しむ、女性プロデューサーのベッキー。このままじゃクビになっちゃう! ベッキーは起死回生を図り、有名なキャスターのマイクを雇います。ところが、マイクは“超”のつくトラブルメーカーだったのです・・・

見どころ

 

『プラダを着た悪魔』と同じ脚本家。邦題のせいで恋愛映画っぽい印象を受けますが、バリバリのキャリア・ウーマン映画です。若くして責任ある立場になった女性の苦悩を、コメディタッチで描いています。笑えて、ハッピーになれる!

 

 

 『マダム・イン・ニューヨーク』(2012年)

頑張る女子 『マダム・イン・ニューヨーク』(2012年)

原題:English Vinglish

監督:ガウリ・シンデー

出演:シュリデヴィ、メディ・ネヴー

 

 あらすじ

インドで夫と2人の子供と暮らす、主婦のシャシ。英語が話せないことを娘からバカにされていた彼女は、姪っ子の結婚式に参加するため、NYのマンハッタンへ。語学が必要だと感じたシャシは、英会話教室に参加して・・・

 

見どころ

主婦だって、立派な働く女性。ずっと社会に出ていなかった主人公が、一念発起して新しい世界に飛びこむ姿には、勇気をもらえます。シャシに家庭があることを知りつつ、恋してしまう語学学校の生徒の男性。彼の気持ちも切ない。