映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

『ツイン・ピークス』旧作(シーズン1&2)を配信で見るには?ドラマの魅力も解説!

スポンサーリンク

90年代にWOWOWで放送され、熱狂的なファンを生んだドラマ『ツイン・ピークス』。2017年には新シーズン「ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ」も放送され、再び大きな反響を呼びました。

 

「ツインピークスの旧作(シーズン1とシーズン2)を配信で見るには?」

「ツインピークスの新シーズンも、ネットで見られるの?」

「そもそも、ツインピークスって何がそんなに凄いの?」

 

 この記事では、そんな質問に答えてゆきたいと思います。

 

新作・旧作の順番は?ドラマ『ツイン・ピークス』の概要

 『ツイン・ピークス』は、90年代に空前の社会現象を起こしたドラマです。

アメリカの田舎町【ツインピークス】で、女子高生ローラ・パーマーが死体で発見されます。FBIのクーパー捜査官が事件の謎を調べるうち、町の住民が抱える闇が次々と浮かび上がってゆきます。

 

 『ツイン・ピークス』シリーズ 順番と分類 位置づけ 話数 放送年(米国)
ツイン・ピークス パイロット版 序章 1話 1990年
ツイン・ピークス シーズン1 旧作 7話 1990年
ツイン・ピークス シーズン2 旧作 22話 1990~1991年
ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の七日間 映画版 - 1992年
ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ(The Return) 新シリーズ 18話 2017年

  最初の「パイロット版」とは、いわゆる“試作版”のことです。

 

アメリカのTVドラマは、「仮の第1話」だけ作って視聴者の反応を見て、好評だったらシーズン1(2話以降)が本格的に作られる、という流れがあります。DVDや動画サービスでは、パイロット版は「序章」としてシーズン1に組みこまれています。

 

『ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の七日間』は135分の映画で、シーズン1より前の出来事が描かれます。ただし、シーズン1&2を見ている前提で作られています。

 

2017年にアメリカで放送された『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』は、シーズン2から25年後が舞台。分類するなら、シーズン3にあたります。

 

サウスダコタ州で起こった残虐な2つの事件に、再びクーパー捜査官が挑みます。

“夢の世界”に囚われていたクーパーは、ドッペルゲンガー(=自らの分身)に遭遇。もう一人の自分が、事件解決のカギを握っていることを知ります。

『ツイン・ピークス』は映画版も含め、放送された順番に見るのが鉄則です。ただでさえ難解な作品なので、途中から見ても意味がないどころか、どれかひとつ未視聴でも面白さが半減します。

 Amazonプライム?Netflix?『ツイン・ピークス』旧作(シーズン1)を配信で見るには?

 1990年から1991年にかけて放送された、『ツイン・ピークス』のオリジナル・シリーズ(旧作)。シーズン1とシーズン2を配信しているのが、「U-NEXT(ユーネクスト)」「シネフィルWOWOWプラス」です。

 

「シネフィルWOWOWプラス」は、Amazonプライムビデオの有料オプション的なサービスです。Amazonプライムビデオとは別に、月額390円を払うことで、コアな映画ファンが満足するような映画や海外ドラマが見られるようになります。

Amazonプライムビデオチャンネルで、『シネフィルWOWOWプラス』を探す

 

  • 『ツイン・ピークス』シーズン1 全8話(パイロット版も含める)(字幕版・吹き替え版)
  • 『ツイン・ピークス』シーズン2 全22話(字幕版・吹き替え版)

 

いずれも、「U-NEXT(ユーネクスト)」と「シネフィルWOWOWプラス」で視聴できます。

U-NEXT(ユーネクスト)では配信期限も明記されており、シーズン1&2ともに2022年2月18日まで配信される予定です。

 

「シネフィルWOWOWプラス」は、Amazonプライムビデオの会員だけが加入できる追加のサービスです。月額390円のオプション契約を結ぶことによって、プライムビデオ視聴できる動画コンテンツの数が増えます。

新作『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』を配信している動画サービスは?

 『ツイン・ピークス』の新シーズン、「リミテッド・イベント・シリーズ(The Return)」を配信しているのは、U-NEXT(ユーネクスト)だけです。

最新シーズンはU-NEXTが独占配信をおこなっており、2022年2月18日まで配信予定です。字幕版・吹き替え版ともに視聴できます。

 

\ 海外ドラマの“狂った”傑作『ツイン・ピークス』全シーズン配信中!/

難解?意味不明?ドラマ『ツイン・ピークス』の魅力を解説!

 女子高生ローラ・パーマーの命を奪ったのは誰か?

 

『ツイン・ピークス』のオリジナル・シリーズ(旧作)では、クーパー捜査官による犯人探しが描かれます。1シーズンかけて、あるいはシーズンをまたいで犯人を暴くというスタイル自体、めずらしいものではありません。

海外ドラマでいうなら『THE KILLING / キリング 26日間』や、マシュー・マコノヒー主演の『TRUE DETECTIVE』、スウェーデンの『THE BRIDGE/ブリッジ』などがこのスタイルを採用しています。

 

しかし、『ツイン・ピークス』はこれらのドラマとは明らかに異質です。

町の住人は浮気をしているか、ヤバいビジネスに手を染めているか、そんなヤツらばかり。人間の“醜悪な面”を、これでもかと見せつけてきます。

 

では陰惨な話かというと、そうではありません。たとえば、眼帯をしている人妻・ネイディーン。彼女はクスリの副作用で怪力になり、なぜか高校のレスリング部に入部して大活躍します。

 また、空軍の少佐ガーランドは宇宙人と交信したあげく、円盤に連れ去られてしまいます。

 

あれっ? サスペンスだと思って見てたのに、ファンタジー? SF? コメディ?

 

ローラ・パーマー事件から大きく脱線し、まったく支離滅裂な方向へ話が飛ぶのです。あまりのトリップ感に、途中から犯人なんてどうでも良くなります。

 

『オートマティスム』(自動書記)という執筆法があります。霊能者が霊を降ろしてトランス状態でメッセージを書く方法です。『ツイン・ピークス』のデヴィッド・リンチは、ガチガチに構成を決めて脚本を書いたのではなく、無視意識下に浮かんだイメージを物語にしていった、というのです。

 

『ツイン・ピークス』には、伏線を貼って回収するタイプの脚本とはまるで違う、“どこへ脱線するかわからない”面白さがあります。