映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

Netflix映画『シカゴ7裁判』ネタバレなしのあらすじと感想&吹き替え声優

スポンサーリンク

Netflix映画『シカゴ7裁判』ネタバレなしのあらすじと吹き替え声優&感想
トロント国際映画祭で話題となり、2021年度のアカデミー作品賞の呼び声も高い映画『シカゴ7裁判』の配信が始まりました。

 

この記事では、ネタバレなしの簡単なあらすじとキャストをご紹介します。

 

映画『シカゴ7裁判』概要

 

『シカゴ7裁判』は、2020年のドラマ映画。ベトナム戦争に対する抗議デモを企てたため、逮捕された8人の裁判の行方を描いています。

映画『シカゴ7裁判』
原題 The Trial of the Chicago 7
製作国 アメリカ
配信開始 2020年
上映時間 130分
監督 アラン・ソーキン
脚本 アラン・ソーキン
出演 エディ・レッドメイン、サシャ・バロン・コーエン

 動画配信サービスNetflixのオリジナル映画で、2020年10月16日より配信されています。また、10月9日より一部の劇場で限定公開されています。

 

 

映画『シカゴ7裁判』あらすじ【ネタバレなし】

 

 1968年。シカゴで、民主党の全国大会が開かれます。会場の近くでは、抗議活動を行なうために、ベトナム戦争に反対する市民や活動家たちが集まっていました。

 

平和的に行われるはずだった抗議デモは、次第にエスカレート。警官隊との間に、激しい衝突が起こってしまいます。

 

 

デモ参加者のうち、アビー・ホフマン、トーマス・ヘイデンら“8人”の男たちが起訴されます。ただし、ブラックパンサー党の委員長で唯一の黒人であるボビー・シールだけは、弁護士をつけさせてもらえません。不当な扱いを受け、異議を申し立てると猿ぐつわを付けられてしまいます。

 

 その他の7人たちは《シカゴセブン》と呼ばれ、法廷のようすは全国に報道されるようになります。判事のジュリアス・ホフマンは、完全に検察側の味方。《シカゴセブン》は、圧倒的に不利な裁判を闘うはめになり・・・

 

 

Netflix『シカゴ7裁判』キャスト&吹き替え声優

 

 役名、出演俳優/吹き替え声優の順番にご紹介します。

 

トーマス・ヘイデン

エディ・レッドメイン/平川 大輔

 

 

民主社会学生同盟で反戦運動をしていた青年。《シカゴセブン》の中でも特におだやかで、模範的な態度で法廷に臨む。

 

レニー・デイヴィス

アレックス・シャープ/虎島 貴明

 

民主社会学生同盟のメンバー。

 

アビー・ホフマン

サシャ・バロン・コーエン/新垣 樽助

 

 

青年国際党のリーダー。警察を“ブタ”呼ばわりし、過激な抗議活動を行なっていた。

 

ジェリー・ルービン

ジェレミー・ストロング/上田 櫂司

 

アビーと行動を共にしていた青年国際党のメンバー。

 

ウィリアム・クンスラー

マーク・ライランス/原 康義

 

トーマス・ヘイデンら《シカゴ・セブン》の被告代理人。圧倒的不利な裁判に立ち向かう、魂の弁護人。

 

ボビー・シール

ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世/濱野 大輝

 

民族解放運動を展開していた「ブラックパンサー党」の全国委員長。大陪審に起訴された8人のうち、唯一の黒人男性。弁護士を立てることも許されず、不当な扱いを受ける。

 

ジュリアス・ホフマン

フランク・ランジェラ/浦山 迅

 

「シカゴ7裁判」の判事。被告人たちに厳しく、進行を妨げられると“法廷侮辱罪”を連発する。

 

リチャード・シュルツ

ジョセフ・ゴードン=レヴィット/川島 得愛(かわしま とくよし)

 

イリノイ州の連邦検事。33歳の若さで、「シカゴ7裁判」の主任検事に大抜擢された。

 

ラムゼイ・クラーク

 マイケル・キートン/田中 正彦

 

ジョンソン政権下で司法長官だった人物。「シカゴ7裁判」のカギを握る重要な証言をする。

 

 

ちょこっと感想

 

『シカゴ7裁判』は、かなりトリッキーな構成になっています。冒頭からいきなり裁判が始まって、法的劇を中心に話は進みます。

 

「起訴された8人は、共同謀議で暴動を扇動したのか?」

が大きな謎となっており、法廷に呼ばれた証人が証言をするたび、事件の夜に何があったのかが少しずつ明かされてゆきます。“ミステリー仕立ての人間ドラマ”という印象。

 

 

登場人物はかなり多く、観るのに集中力を要します。

 

また、物語の舞台となる1969年には、民主党のジョンソン政権から共和党のニクソンへと政権が代わり、ベトナム戦争も引き継がれています。政権の交代前には閣僚が“自発的に辞める”ことが慣例となっており、この慣例をめぐる解釈が「シカゴ7裁判」の遠因となっています。

 

 

劇中、やたらと

「リベラルだ!」

「左派だ!」

という言葉が出てきます。

 

 

「民主党=リベラル」で「共和党=保守」だと知っていても、両党の違いが私たち日本人にはわかりづらいところ。多様な価値観を認め合おうとするのが民主党で、伝統を重んじるのが共和党。それなのに、ベトナム戦争を始めたのが民主党で、終わらせたのが共和党。

 

???

 

この辺りは、『民主党のアメリカ 共和党のアメリカ』という本に、民主党と共和党の思想の変遷みたいなものが詳しく載っています。

 

 

 『シカゴ7裁判』では、特にどちらかの立場に肩入れはせず、“民主主義を諦めなかった男たち”という触れ込みで《シカゴセブン》を描いています。

 

 

 

それにしても、スピーディな会話劇がエンタメになるなんて! 監督・脚本のアーロン・ソーキンの演出力には驚かされます。

 

アーロン・ソーキンは脚本家としてのキャリアのほうが有名で、『ソーシャル・ネットワーク』や『マネーボール』、ドラマ『ザ・ホワイトハウス』の台本を書いています。

 

 

 関連:Netflixで配信中の政治ドキュメンタリー。

www.entafukuzou.com

政治の世界に飛びこんだ女性たちの、勇気あふれる姿を描いています。サンダンス映画祭で観客賞を受賞。