映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

映画『悪魔の毒々モンスター』カルト化したB級ホラーのあらすじと配信情報

スポンサーリンク

 

映画『悪魔の毒々モンスター』カルト化したB級ホラーのあらすじと配信情報

“カルト映画”という言葉があります。公開当時は散々な評価を受けながら、独特な表現・特異なキャラが受けて、熱狂的なファンを獲得する映画のことです。

 

今回ご紹介する『悪魔の毒々モンスター』もそんなカルト映画のひとつ。エッチでグロくてナンセンスな笑いのある、B級ホラーです。

 

B級ホラー映画『悪魔の毒々モンスター』の概要

 

映画『悪魔の毒々モンスター』は、1984年に製作されたスプラッター・コメディ。不良グループにバカにされていた青年が、醜悪な“悪魔の毒々モンスター”に変身。ひどいやり方で復讐をはたしてゆきます。

『悪魔の毒々モンスター』
原題 The Toxic Avenger
製作国 アメリカ
製作年 1984年
制作会社 トロマ・エンターテインメント
上映時間 92分
監督 ロイド・カウフマン
出演 マーク・トーグル、ミッチェル・コーエン

 全体の雰囲気は、ナンセンスなコメディ。だけど、ゾッとするようなグロ描写がところどころ登場します。制作元の「トロマ・エンターテインメント」は、B級ホラー映画をたくさん手がけている会社です。

 

 『悪魔の毒々モンスター』あらすじ

 

 フィットネス・ジムで働くメルヴィンは、いじめられっ子。頭が弱く、顔もブサイクな彼は、常連客の不良グループ(=男2人、女2人)から、からかわれていました。それでもメルヴィンは、おとなしくモップで床を掃除します。

 

ある日のこと。不良グループの女が、メルヴィンを色仕掛けで誘惑。だまされたメルヴィンは、大勢の客から笑い者にされます。

 

逃げるメルヴィンを追いかける不良ども。パニックになったメルヴィンは窓を突き破って、地面に落下。下にあったドラム缶に、頭ごと突っ込んでしまいます。それは、有毒な廃棄物を違法投棄していたドラム缶でした。

 

化学反応によって、メルヴィンの顔はみにくく変化してゆきます。胸や腕まわりの筋肉も肥大。メルヴィンは、醜悪な見た目の“悪魔の毒々モンスター”となってしまったのです。

 

怪物となったメルヴィンの復讐の物語が、幕をあけます・・・

 

 

カルト映画『悪魔の毒々モンスター』の魅力

 

 この映画をみた時の第一印象は、「『ロボコップ』(1984)みたいだな」でした。悪役もけっこう残虐な行為をしますが、主人公も敵に容赦しません。まさに、“毒をもって毒を制す”。

 

たとえば、不良グループは道路で遊ぶ子どもを車で轢いて、さらに証拠隠滅のためにもう一度轢きます。また、足の不自由なおばあさんを杖でめった打ちして、車を盗んだりします。

 

いっぽうの“毒々モンスター”も、非道さでは負けていません。カフェで悪党が暴れたときは、一人の片腕をもぎとり、別の一人の腕をフライヤーで揚げてしまいます。ショッキングなグロ描写が、ちょこちょこ登場します。

 

そうかと思えば、“毒々モンスター”には優しい一面もあります。お年寄りの荷物を持ってあげたり、ジャムの瓶のフタを開けてあげたり・・・いじめられっ子なんだけど実はリア充で、カワイイ女の子と同棲もします。

(⇦ お前、ふざけんな~!!

 

ちなみに、DVDのパッケージで“毒々モンスター”が持っているのは、斧やカマじゃなくてモップです。わかりづらいけど。基本的には素手で闘います。正義の味方だからね

!!

 

映画の雰囲気は、80年代の学園コメディという感じ。健康的なオッパイがたくさん出てくるし、しょーもないギャグも連発されます。エロ・ナンセンス・グロ描写が絶妙なバランスで成り立っているのが、本作がカルト映画たる理由でしょう。

 

 

『悪魔の毒々モンスター』シリーズが、U-NEXT(ユーネクスト)で配信される!

 

『悪魔の毒々モンスター』は知る人ぞ知るカルト映画ですが、これまで配信で見ることはできませんでした。トロマ社の映画の多くは、日本ではDVDスルーさえされていません。

 

動画配信サービス・U-NEXT(ユーネクスト)では、「トロマ・エンターテインメント」社と独占契約。『悪魔の毒々モンスター』シリーズをはじめとする27作品を、独占配信することが決まっています。日本ではずっと見れなかった作品もあります。

 

配信は2020年9月19日(土)から。

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)で配信される『悪魔の毒々モンスター』シリーズ

  • 『悪魔の毒々モンスター』(1984年)
  • 『悪魔の毒々ハイスクール』(1986年)
  • 『悪魔の毒々おばあちゃん』(1988年)
  • 『悪魔の毒々プラトーン』(1988年)
  • 『悪魔の毒々モンスター 東京へ行く』(1989年)
  • 『悪魔の毒々モンスター 毒々最後の誘惑』(1989年)
  • 『悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル』(2000年)

 

タイトルから漂うB級感に、ニンマリが止まりません。

 

U-NEXTで配信されるトロマ社作品:それ以外の注目映画

  • 『ダスティン・ホフマンの100万$大捜査線』(1967)・・・ダスティン・ホフマン主演のクライム・コメディ。未公開。
  • 『悪魔のしたたり/ブラッドサッキング・フリークス』(1976)・・・小人たちが女性を拷問するグロ・ムービー。趣味わるっ!
  • 『死神ランボー』(1986)・・・ベトナムから帰ってきた兵士が格差社会に不満を爆発させる!B級ホラー版『タクシードライバー』?
  • 『サミュエル・L・ジャクソンinブラック・ヴァンパイア』(1990)・・・セクシーな女性をみて、欲望を抑えきれくなる聖職者の話。ジャクソンの登場は数分のみ。タイトル詐欺?
  • 『テラー・ファーマー』(1999)・・・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガンが脚本で参加したえぐいホラー。未公開。

 

トロマ社の映画は、社会問題とか人間の“業”(ごう=どうしようもない醜い部分)も描かれていて、けっこう見応えはあります。だけど、演出がひどすぎて・・・B級どころか“Z級”とネタにされる事もあります。

 

安っぽい演出、俳優さんの大げさな演技は当たり前。ハードルは低く設定しておきましょう。「チープだとわかってて見る」ことが大事です。