映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

【隠れた名作】映画『トト・ザ・ヒーロー』解説!それでも人生は素晴らしい

スポンサーリンク

【隠れた名作】映画『トト・ザ・ヒーロー』解説!それでも人生も素晴らしい

人生が思い通りにいかないと、他人の成功がねたましくなります。コロナ禍の影響もあり、少しでも得をした人間を見つけては、袋叩きにするような風潮がまん延しています。

 

誰かに“言葉のナイフ”を向けたくなったら、観てほしい映画があります。ベルギー映画『トト・ザ・ヒーロー』です。

 

映画『トト・ザ・ヒーロー』の概要、公開日は?

 

 『トト・ザ・ヒーロー』は、1991年製作の映画。向かいの家の子どもと取り違えられた主人公が、成功した相手を恨み、復讐するまでを描いた人間ドラマです。

映画『トト・ザ・ヒーロー』
原題 Toto le heros
公開日 1991年5月16日
製作国 ベルギー、フランス、ドイツ
上映時間 92分
監督 ジャコ・バン・ドルマル
脚本 ジャコ・バン・ドルマル
出演 ミシェル・ブーケ、ジョー・ド・バケール

 

 

 映画『トト・ザ・ヒーロー』あらすじ

 

病院で取り違え? 幼なじみに向けられた憎悪の理由とは?

 

老人ホームで暮らす高齢者・トマは、向かいの家に住むアルフレッドを心の底から憎んでいました。トマとアルフレッドの生い立ちが語られてゆきます・・・

 

 

・・・トマとアルフレッドは、同じ病院で同じ日に生まれました。ところが火事が起き、新生児室の二人は取り違えられ、まったく別々の人生を歩むことになったのです。

 

トマの家族は、飛行士のパパと優しいママ、美人の姉とダウン症の弟。つつましいながらも、幸せな暮らしです。トマの夢は、テレビのヒーロー『名探偵トト』となって、世界中を冒険することでした。

 

僕の大好きな姉を奪うな!

 

いっぽうのアルフレッドは、スーパーを営む裕福なカント家の子どもとなります。

 

あるとき。カント家の依頼で、トマのパパは商品を輸入するため、飛行機で外国へ向かいます。しかし、雷雨に見舞われ、パパは帰らぬ人となってしまいます。

 

そして、トマの姉が思春期になったとき。姉は、近所のアルフレッドと恋仲になります。姉のことが大好きだったトマは、アルフレッドに激しく嫉妬して・・・

 

 

 

隠れた名作たる理由?『トト・ザ・ヒーロー』解説! ありえないシナリオの構成

 

娯楽映画の基本は、“因果関係の連鎖”

 

エンタメ映画の脚本は、通常は「因果関係の連鎖」で成り立っています。たとえば、メル・ギブソン主演の『マッド・マックス』を例にとると・・・

 

暴走族のチームが、パトカーを奪って逃げる

⇨ 警官のマックスが追いかけると、暴走族のボスは運転をミスって事故死
⇨ 逆恨みした暴走族の生き残りは、警察署を襲い、マックスの仲間がやられる
⇨ 恐怖を感じたマックスは家族と休暇をとり、旅に出る
⇨ 暴走族一味がマックスの妻に絡んできて、妻は重傷を負う
⇨ 怒ったマックスは、改造車で一味を追う

 

前のシーンの出来事が主人公(または悪役)の感情を揺さぶり、それが目的を生み、次のシーンの行動へと繋がるのです。

 

実際の人生は、“偶然の連続”

 

『トト・ザ・ヒーロー』は違います。前後のつながりがないエピソードを時系列順に並べています。私たちの実際の人生のように、「偶然の連続」で映画が構成されているのです。

 

本来、「偶然の連続」で物語を作ると、主人公の目的やテーマが見えづらくなり、感情移入できなくなってしまいます。 

 

そこで『トト・ザ・ヒーロー』は、導入部分をミステリー仕立てにしています。冒頭では、老人となったトマが、アルフレッドに拳銃を向ける場面が描かれます。

 

どうして、トマは幼なじみのアルフレッドを憎悪するようになったのか?

 

この謎がフックとなり、トマの怒りがどのように蓄積されていったのか、観客は推理しながら観ることができます。このため、バラバラのエピソードを並べているのに興味が持続するという、珍しい構成となっているのです。

 

『トト・ザ・ヒーロー』DVD

 

 

テーマは「人間賛歌」!それでも人生は素晴らしい!

 

他人にヘイトを向ける前に、自分の人生を肯定しよう

 

もし、病院で取り違えがなかったら、トマは裕福な家にもらわれていました。晩年になって老人ホームに入ることもなかったかもしれません。小さなビジネスのために父が出張することもなかったでしょう。

 

そして、“最愛の人”である姉とは、姉弟ではなく赤の他人となっていたはず。恋愛対象として見てもらえた可能性があるのです。

 

自分が歩むはずだった成功者の人生を、謳歌している者がいる。それも、すぐ目の前に・・・

 

 

トマはアルフレッドを激しく憎み、不幸な生い立ちだったことを嘆きます。しかし、はたして本当に不幸だったのか? そう思いこんでいるだけではないのか?

(もっと言えば、病院の取り違えさえも、トマの“思いこみ”ではないのか?)

 

この映画を最後まで観ると伝わってくるのは、どんな人生だって、素晴らしいものなんだよ、というメッセージです。

 

不朽の名作『素晴らしき哉、人生!』のファンタジックな進化系!

 

アメリカのドラマ映画に、『素晴らしき哉、人生!』(1946年)という名作があります。不運ばかりの人生に絶望した主人公が、天使の助けを借りて自分の半生を回想するうちに、人生の価値を見つめ直すお話。

 

 

誰だって幸せな時間を過ごし、誰かを幸せにしてきたのではないか?

 

そんなことを投げかけてくれる作品です。どちらもテーマは人間賛歌。変わっている点を挙げるとしたら、監督のセンスでしょう。

 

『素晴らしき哉、人生!』のフランク・キャプラ監督は、人情喜劇の王道中の王道。ヒューマニズムにあふれ、誰もが幸せになるような作風です。

 

いっぽう。『トト・ザ・ヒーロー』のジャコ・バン・ドルマル監督は、映像センスに優れた鬼才。音楽に合わせて花が踊ったり、ミニチュアの兵士が振動することで不穏な空気を出したり・・・

 

CMディレクターのように、セリフに頼らず映像で何がしかを伝えてくれます。ラストの演出には、ぶったまげました。冒険者に憧れていたことが伏線となり、トマはあっと驚くような“体験”をするのです。

 

こんな表現方法があるなんて!!!

 

みんながお金持ちになれるわけではない。みんなが憧れの職業に就けるわけではない。それでも人生は素晴らしい! 『トト・ザ・ヒーロー』は、そんなことを思わせてくれる佳作です。