映画ときどき海外ドラマ

映画のあらすじ、たま~に雑学

『トータル・リコール』おばさんの名前は?「離婚成立だ」「パーティで会おうぜ」のセリフが聴けるブルーレイやDVDはどれ?

スポンサーリンク

『トータル・リコール』おばさんの名前は?「離婚成立だ」「パーティで会おうぜ」のセリフが聴けるブルーレイやDVDはどれ?
シュワルツェネッガーが主演し、意表をつく展開とグロ満載のアクションが話題を呼んだ『トータル・リコール』が、NHKのBSでテレビ放送されます。

この記事では、同作でひときわ印象的な“おばさん”を演じた女優さんの名前とセリフをご紹介します。

また、映画『トータル・リコール』の吹き替えには2バージョンあります。「離婚成立だ」「パーティで会おうぜ!」などの名セリフが聴けるバージョンのDVDやブルーレイについてご紹介します。

 

『トータル・リコール』(1990)NHKのBSでのテレビ放送は、いつ?

 『トータル・リコール』は1990年のアメリカ映画。偽の記憶を植え付けられたと知った男が、真実を求めて火星に向かうSFです。

2012年にはコリン・ファレル主演でリメイクされていますが、悪趣味といえるグロ描写や、シャロン・ストーンの色っぽいけど不格好なアクション・・・クセの強さは1990年版のほうが上。

シュワルツェネッガー主演『トータル・リコール』
原題 Total Recall
製作年 1990年
製作国 アメリカ
ジャンル

SF、アクション

上映時間 113分
監督 ポール・バーホーベン(『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』)
原作 フィリップ・K・ディック『追憶売ります』
出演 アーノルド・シュワルツェネッガー、シャロン・ストーン、マイケル・アイアンサイド

『トータル・リコール』(1990)のテレビ放送は、2021年7月5日(月)。NHKのBSプレミアムの「BSシネマ」にて。

21:00 ~ 22:54

字幕スーパー、レターボックス・サイズ(画面の上下に黒い帯が入る)での放送です。

 シュワちゃん版『トータル・リコール』内容【ネタバレなし】

 建設作業員のダグラス・クエイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、妻のローリー(シャロン・ストーン)と二人暮らし。なぜか、行ったこともないはずの火星の夢を見ては、毎晩うなされていました。

ある日のこと。

「お望みの記憶、売ります」というリコール社の広告を見たダグラスは、同社で「火星旅行」体験のプログラムを試します。しかし、眠りにつこうとしたダグラスは、とつぜん大暴れします。身体が拒否反応を起こしたのです。

 

火星の夢を見ていたのは偶然ではない。火星で諜報活動をしていたことがある?

 

偽の記憶を埋め込まれたと知ったクエイドは、自分が“何者か”を知るために、火星へ向かいますが・・・

 『トータル・リコール』(1990)と言えばコレ! 顔割れおばさんの名前とセリフは?

▲クリックすると動画が読み込まれます。

『トータル・リコール』の名シーンのひとつ。大柄なおばさんの顔が割れ、中からシュワちゃんが出てくる場面です。

 

火星に向かうロケットに乗るには、入国管理局をパスしなければなりません。シュワちゃんの行方を追うリクター達も、入国管理局で待ち伏せしました。

すると、挙動不審なおばさんが現われ、管理官と次のようなセリフを交わします。

 

入国管理官「くだものや野菜をお持ちですか?」

おばさん「2週間」

 

入国管理官「なんです?」

おばさん「2週間・・・んん・・・2週間・・・」

 

おばさん、口に中指をつっこんで、うめき出す。怪しむリクターたち。

おばさんのかつらが取れ、顔が割れてゆき、シュワちゃん登場!! シュワちゃん、“おばさんの顔”を、リクターの部下に向かって投げます。

 

 おばさんの顔「さあ、用意はい~い?」

 

 どか~ん!!

 

 (⇦  Netflixで配信されていた、“ソフト版”の吹き替えのセリフです)

 

このおばさんは、クレジットでは「fat lady」(太った婦人)と表記されています。名前までは設定されていません。演じているのは、プリシア・アレンという女優さん。『トータル・リコール』以外に3本の映画に出演していますが、いずれも日本未公開の作品ばかりです。

  •  『The Naked Truth』(1992年)・・・エッチなコメディ映画(『ターミネーター』のパロディあり)、探偵役で登場
  • 『Let Others Suffer』(2007年)・・・フェミニズムがテーマのドキュメンタリー
  • 『Fell, Jumped or Pushed』(2016年)・・・失踪した軍曹の行方をめぐるドキュメンタリータッチのドラマ。 

「パーティで会おうぜ!」「離婚成立だ」の吹き替えを聴けるDVDやブルーレイは、どれ?

シュワちゃん版『トータル・リコール』は、日本語吹き替えも魅力です。

 

ローリー「まさか、私を撃たないでしょ? 一度は夫婦だったのよ」

(銃声)

クエイド「離婚成立だ」

 

機械にはさまれ、両腕がもがれたリクター。クエイド、両腕を投げ捨て、言い放つ。

「パーティで会おうぜ!」

 

実は、『トータル・リコール』の吹き替えには、2つのバージョンが存在します。VHS・DVDなどの「ソフト版」と、日曜洋画劇場で放送されたときの「テレビ朝日版」の2種類です。

おもな配役は、以下の通り。

役名 肩書き 俳優 DVD版 テレビ朝日版
クエイド 主人公 アーノルド・シュワルツェネッガー 屋良有作 玄田哲章
ローリー シャロン・ストーン 高島雅羅 小山茉美
メリーナ ヒロイン レイチェル・ティコティン 戸田恵子 弥永和子
リクター コーヘイゲンの部下 マイケル・アイアンサイド 内海賢二 羽佐間道夫
コーヘイゲン 採掘会社の総督 ロニー・コックス 家弓家正 中村正
ベニー 陽気なタクシー運転手 メル・ジョンソン・Jr 田中亮一 樋浦勉
太った婦人 おばさん プリシラ・アレン 片岡富枝 さとうあい

DVDなどのソフト版とテレビ朝日版では、微妙にセリフも違います。

  • ソフト版「これで離婚だ」
  • テレビ朝日版「離婚成立だ」
  • ソフト版「さあ、用意はい~い?」
  • テレビ朝日版「びっくりするのはこれから」

 

「離婚成立だ」「火星へようこそ」などの印象的なセリフ回しがあるのは、テレビ朝日版のほう。シュワちゃんの声を玄田哲章さんがあててるバージョンです。

 

おすすめは、2019年にKADOKAWAより発売されたブルーレイです。この商品には、ソフト版とテレビ朝日版(しかもノーカット)の2種類の吹き替えが収められています。

調査した限り、テレビ朝日版の吹き替えが収録されたDVDは見つかりませんでした。Netflix(ネットフリックス)やAmazonプライムなどの動画配信の吹き替えも、ソフト版です。

なお、2020年に公開された玄田哲章さん吹き替えの「 4kデジタルリマスター版」は、まだ円盤化されていません。