映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

【ブログ運営】トップページの記事数、最適なのはいくつ?

【ブログ運営】トップページの記事数、最適なのはいくつ?はてなブログ

企業サイト・個人ブログに関わらず、トップページはそのサイトの“玄関口”となるページです。訪問してくれた読者さんはトップページを経由して、見たいページに飛びます。

それでは、トップページの記事数はいくつぐらいが最適なのでしょうか?

 

【トップページの記事数】各ブログサービスの初期設定は、いくつ?

 各ブログサービスによって、トップページの記事数の初期設定が違います。おもなブログサービスのデフォルトの設定を調べてみました。

《トップページの初期設定の記事数》

ブログサービス名 トップページの記事数
WordPress 10記事
はてなブログ 7記事
Amebaブログ 1記事
ライブドアブログ 3記事
FC2ブログ 5記事
楽天ブログ 7記事
Blogger 7記事

 データを取ったのは、7つのブログサービス。トップページの初期設定の記事数は、平均で5.7記事でした。

これらを参考にして、トップページの記事数を決めるのもひとつの方法でしょう。ただ、「いくつが最適か?」は運営者によっても変わります。

【最適なのはいくつ?】訪問者さんの「リピートの間隔」から、トップページの記事数を決める

 Googleアナリティクスでは、ブログの訪問者さんのリピートの回数、リピートの間隔を、レポートから知ることができます。

Googleアナリティクスの左側のメニューより、「ユーザー」⇨ 「行動」⇨ 「リピートの回数や間隔」の順でクリック。

ページ左上の「分布」から、「セッションの間隔(日数)」をクリック。すると、以下のようなデータが表示されます。

セッションの間隔 セッション ページビュー数
0 3245 5432
1 428 567
2 156 289
3 128 256
4 92 235
5 88 256
6 72 222
7 64 201
8 ‐14 320 789
15 - 30 180 486
31 - 60 132 468
61 - 120 39 68
121-364 6 10

「セッション」とは訪問人数のことで、「ページビュー数」とはいくつのページが読まれたか、を示します。

  • セッションの間隔「0」とは、初めてブログを訪問した“新規ユーザー”であることを示します。
  • セッションの間隔「1」なら、昨日ブログを訪れて、今日もブログを訪問してくれた読者さん(=1日ぶりに訪問してくれた人)を示します。
  • セッションの間隔「8 - 14」なら、8日ぶり~14日ぶりにブログを再訪問してくれた人の総数を示します。

 このデータから、【どれぐらいの間隔で、再訪問してくれるリピータさんが多いのか?】を計算してみます。

 

セッションの間隔「0」は新規のユーザーさんなので、この数値は除外します。

「428 + 156 + 128 + 92 +・・・・・+ 39 + 6」 のように、リピータさんの総数を足し算してゆくと、「1705」。

ここから、何日ぶりに再訪問するリピーターさんが多いのか、全体における割合を調べます。

「1705」の60パーセントは、1705 ✕ 0.6 = 1023

「1705」の70パーセントは、1705 ✕ 0.7 =1193

「1705」の80パーセントは、1705 ✕ 0.8 =1364

【ブログ運営】トップページの記事数、最適なのはいくつ?はてなブログ、アナリティクス、セッションの間隔

上の図では、セッションの間隔(日数)が「1日」から「7日」までのセッション数を足し算してゆくと、「1028」。リピーターの総数の6割にあたる「1023」にもっとも近い数値になります。

セッションの間隔(日数)が「1日」から「8日~14日」までのセッション数を足し算すると、「1348」。リピーターの総数の7割にあたる「1193」の数値をはるかに越えました。

 

上のデータの場合、7日以内に再訪問するリピーターが全リピーターの7割ちかくを占めていることになります。

仮に毎日1記事更新する場合、トップページに8記事あれば、リピーターさんの多くに新着記事の存在をアピールできることになります。

アナリティクス、セッションの間隔(日数)、トップページの記事数

【最適なのはいくつ?】更新頻度やサブカテゴリの数から、トップページの記事数を決める

更新頻度が週に2~3記事なら、トップページの記事数が4つあれば、ほとんどのリピーターさんに新着記事の存在をもれなく知らせることができます。

(※7日以内に再訪問する人が多いブログの場合)

 

また、「更新頻度」とは別の考え方で、トップページの記事数を決める方法もあります。

雑記ブログの場合、メインカテゴリの更新に比べると、サブカテゴリの更新はどうしても少なめになります。

たとえば、メインカテゴリが「旅行」で、サブカテゴリ①が「英語」、サブカテゴリ②が「料理」というブログがあったとします。

【ブログ運営】トップページの記事数、最適なのはいくつ?はてなブログ、雑記ブログ、サブジャンル

メインカテゴリである「旅行」にはそれほど興味がないけれど、サブカテゴリである「英語」記事は読みたい。そんな読者さんに対しては、トップページの記事数がある程度あったほうが、サブカテゴリの新着記事を見つけやすくなります。

 

ただし、あまりに記事数が多いと、表示したアイキャッチ画像のぶんだけトップページが重くなってしまいます。

「PageSpeed Insights」などのツールでトップページの表示速度を測定し、表示速度が遅くならないよう記事数を調整する必要があります。

developers.google.com

 このあたり、人気ブロガーさんたちはどのような対策をしているのでしょうか?

【トップページの記事数】有名ブロガーさんの平均値は、いくつ? 

 有名ブロガーさん達のトップページの記事数、トップページに表示している項目を調査してみました。

  • マナブさんの「manablog」・・・10記事(WordPress)
  • ヒトデさんの「今日はヒトデ祭りだぞ!」・・・12記事(WordPress)
  • クロネさんの「クロネのブログ講座」・・・10記事(WordPress)
  • ヨスさんの「ヨッ!センス」・・・5記事(WordPress)
  • ポジ熊さんの「羆の人生記」・・・15記事(はてなブログ)
  • らくからちゃさんの「ゆとりずむ」・・・10記事(はてなブログ)
  • はあちゅうさんの「お買い物日記」・・・10記事(Ameba)
  • 辻希美さんの「のんピース」・・・2記事(Ameba)
  • burubon。さんの「うららか☆ものづくりCafe」・・・16記事(FC2)
  • シンプル愛さんの「もっと楽に暮らしたいブログ」・・・7記事(FC2)

 ※2021年6月調べ。

ランダムに選んだので一概には言えませんが、人気ブロガーさんのトップページの記事数の平均値は、9.7記事。

 

有名ブロガーさんのトップページをよく見ると、ある共通点が浮かび上がります。それは、トップページに“広告を貼りすぎていない”こと。

インフィード広告(記事と記事のあいだのアドセンス)も、サイドバーのアフィリエイト広告も貼れば貼るほど、表示速度を遅くする原因となります。

有名ブロガーさんは、カテゴリ別の新着記事やグローバルメニュー(ページ上部の案内メニュー)を、見やすく設置しています。余計なパーツはつけてません

 

広告をベタ貼りして目先の収益を上げるより、“使いやすさ”に配慮して、リピート率やブログ内部の回遊率を上げているのがわかります。

まとめ

 トップページの記事数を決めるときは、以下のような指標が目安になります。

  • 再訪問してくれる読者さんの多くが、新着記事をもれなく見つけられる数
  • 更新頻度
  • メインカテゴリとサブカテゴリの兼ね合い(雑記ブログの場合)
  •  表示速度が遅くなり過ぎない数(広告を外せば、ページは軽くなる)

 

これらを踏まえると、トップページの記事数として最適なのは、8~10記事といえるでしょう。