映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

Netflix『シー・ユー・イエスタディ』評価と感想!まじめな時間旅行映画

Netflix『シーユー・イエスタディ』タイムトラベル映画の評価

タイムリープ。タイムトラベル。時間旅行は映画とも相性がよく、作り方によっては大傑作になる可能性を秘めてます。

 

今回ご紹介するのは、Netflix『シーユー・イエスタディ』。アフリカ系アメリカ人が活躍するタイムトラベル映画ですが・・・

 

Netflix映画『シーユー・イエスタディ』の概要

 

『シー・ユー・イエスタディ』は、2019年製作のSF映画。警察に撃たれてしまった兄を生き返らせるため、タイムマシンで昨日に戻る女子高生の姿を描いています。

 

シー・ユー・イエスタディ
原題 See You Yesterday
製作国 アメリカ
配信開始 2019年
上映時間 86分
監督 ステフォン・ブリストル
出演 エデン・ダンカン=スミス、ダンテ・クリッチロウ

 

 もともとは、新人監督ステフォン・ブリストルが作った同名の短編映画。これを、『マルコムX』のスパイク・リー監督のプロデュースのもと、長編に作り直した作品です。

 

動画配信サービスNetflixでのも、視聴できます。

www.youtube.com

 

 

『シー・ユー・イエスタディ』の内容

 

ブロンクス科学アカデミーに通う天CJは、天才女子高生。ブルックリンに住むアフリカ系アメリカ人です。CJは科学展に出品するため、友だちのセバスチャンと一緒に、タイムマシンを完成させます。

 

ある日のこと。CJの兄・カルビンが強盗と間違われて、白人警官に撃たれてしまいます。CJとセバスチャンは兄を救うため、1日前にタイムトラベルしますが・・・

 

 

『シー・ユー・イエスタディ』の評価

 

映画.com・・・★★★☆☆☆2.5

Filmarks・・・★★★☆☆2.9

 

IMDB・・・5.1/10

 

日本の映画サイトでは、5点満点中平均2.7。海外のデータベースでは、10点満点中5。評価は厳しめです。

 

 

感想:まじめすぎる時間旅行

 

前半をみた限り、「イマイチ」という世間の評価もうなづけます。この映画、社会問題を扱っています。残念なのは、

タイムトラベル > 人種問題

というバランスではないこと。

 

「今日は(1日前の)6月28日よ」

「強盗が発生したのは5:35、警察に通報したのは5:36」

みたいに全部セリフで説明してしまう。

 

時間ジャンプのワクワク感・疾走感が、映像から伝わってこないのです。それより、アフリカ系アメリカ人がデモを起こす場面とか、牧師がスピーチする場面が強調されます。

 

タイムトラベル < 人種問題

というバランスとなり、説教臭く感じてしまいます。

 

 

でも、終盤になるにつれ印象が変わります。CJは、1日前にタイムトラベルして、悲しい過去を改変しようとしますが、その度に新たな悲劇を招いてしまいます。

 

過去改変映画の名作『バタフライ・エフェクト』や、『ラン・ローラ・ラン』と似たパターンです。

 

関連:おすすめ時間旅行映画

www.entafukuzou.com

 

 

『シー・ユー・イエスタディ』が新鮮だったのは、何度も過去を変えようとする主人公に前向きなメッセージをこめたこと。

 

ハリウッドは、草創期からず~っと差別を描いてきました。人種問題しかり、性差別しかり。にも関わらず、社会から差別はなくなりません。

 

じゃあ、なくならないからといって、諦めるのか?

 

と言われたら、それはやっぱり違う。CJが何度失敗してもトライする姿から、

「差別がなくそうと声をあげることを、あきらめちゃダメだ!」

というポジティブなメッセージが伝わってきます。

 

 

 

この映画、冒頭にマイケル・J・フォックスが、先生役でカメオ出演しています。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』にオマージュを捧げているのです。あの傑作と比べたら出来はイマイチだけど、清々しいものを感じる一本でした。