映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマの紹介、教育

青春映画『旅立ちの時』あらすじ!伝説の俳優リバー・フェニックスがかっこよすぎる

スポンサーリンク

青春映画『旅立ちの時』あらすじ!伝説の俳優リバー・フェニックスがかっこよすぎる

出典:Amazon.co.jp

「なぜ、他人の重荷まで背負ってるの?」

「父親なんだ」

 

訳アリの両親をかばう息子。子供たちを束縛していることに葛藤する両親。

リバー・フェニックスの好演が光る映画『旅立ちの時』が、BSでテレビ放送されます。

 

この記事では、青春映画『旅立ちの時』のあらすじと魅力をご紹介します。

映画『旅立ちの時』テレビ放送(2022)はいつ?

 『旅立ちの時』は1988年のアメリカ映画。

反戦運動に参加した両親をもつ青年が、逃亡生活をつづける中で大人へと成長してゆく青春映画です。

映画『旅立ちの時』
原題 Running on Empty
公開 1988年
ジャンル 青春、ヒューマンドラマ
上映時間 116分
監督 シドニー・ルメット(『十二人の怒れる男』)
音楽 トニー・モットーラ
出演 リヴァー・フェニックス、ジャド・ハーシュ、クリスティーン・ラーティ、マーサ・プリンプトン
受賞歴 アカデミー助演男優賞ノミネート(リヴァー・フェニックス)
 『旅立ちの時』のテレビ放送は、2022年10月31日(月)。NHKのBSプレミアム「BSシネマ」にて。
21:00 ~ 22:57

『旅立ちの時』あらすじ【転校ばかりの青年に訪れた音楽との出会い,そして恋】

いなかに住むダニー(リバー・フェニックス)は一見すると、ごく普通の青年。

父・アーサー(ジャド・ハーシュ)、母・アニー(クリスティーン・ラーティ)、そして弟のハリー。4人は仲のよい家族です。

しかし、ダニーの両親は、1960年代のベトナム反戦運動のメンバーでした。ダニーの両親はナパーム弾を開発した研究所を爆破したあと、潜伏。FBIから指名手配されたため、逃亡生活をつづけていたのです。このため、ダニーも弟も引っ越しばかりでした。

 

さて。ダニーは、ニュージャージーにある高校へ転校します。ダニーは音楽教師のフィリップスに感化され、ピアノを弾く楽しさに目覚めます。

ある日のこと。フィリップス先生の自宅をたずねたダニーは、先生の娘・ローナ(マーサ・プリンプトン)と知り合います。恋に落ちるダニーでしたが・・・

▲クリックすると動画が読み込まれます。

感想【伝説の俳優リバー・フェニックスがかっこよすぎる】

リバー・フェニックスといえば、16歳のときに出演した『スタンド・バイ・ミー』のクリス役。正義感が強く腕っぷしも強いけれど、親友を慰める言葉もかけてやれる・・・映画ファンに鮮烈な印象を残すキャラクターでした。

 

『旅立ちの時』は、その2年後に出演した映画。

本作でリバー・フェニックスが演じたダニーは、繊細な青年です。ダニーは、両親が反戦運動のさなか、兵器工場を爆破した過去を知っています。それでも何一つ文句も言わず、逃亡生活につきあっています。

 

そんなダニーが音楽と出会い、初恋を経験したことで、自由への憧れを抱くようになります。でも、家族への愛情は揺るがない・・・

 

その“成長”と“迷い”が見事に同居しており、あらためて俳優リバー・フェニックスの魅力に気付かされます。23歳の若さでなくなったのが、本当に悔やまれる!

 

なお、映画自体のテーマは、過激な反戦運動に手を染めてしまった両親の葛藤にあります。

「自分たちの幸せのために、息子たちを束縛していいのか?」

 

特に、母のアニーが苦労をかけた父(=ダニーから見れば祖父)に会いにゆく場面はグッときます。イデオロギーの異なる父との対話。

「あれ(テロ行為)は戦争をやめさせるために取った行動よ」

「ママや私のことを考えたのか?」

 

人生の辛酸を舐めたからこそ出せる、大人の表情と娘としての顔。母親を演じたクリスティーン・ラーティの名演もあり、泣かせるシーンとなっています。

 

「みんな愛してるよ。自分の人生を生きるんだ」

観終わったあとに深い余韻が残る、佳作です。