映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』地上波放送!あらすじと吹き替え声優

スポンサーリンク

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』地上波放送!あらすじと吹き替え声優

大ヒットSF映画シリーズの完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が地上波テレビ放送されます。

 この記事では、映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のあらすじと吹き替え声優、配信しているサイトについてお伝えします。

 

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』地上波テレビ放送はいつ?

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の地上波放送は、2021年2月26日。日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」にて。

 

よる9:00 ~ 11:44 

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の劇場公開時間は142分(2時間22分)でしたが、「金曜ロードSHOW!」では放送枠を拡大し、本編ノーカットでの放送となります。

 

次週3/5(金)の「金曜ロードSHOW!」は

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

『スター・ウォーズ』シリーズは、公開順と時系列順が違う!

 映画『スター・ウォーズ』は広大な宇宙を舞台にくり広げられる、ジェダイの騎士たちの戦いの物語。ジェダイの騎士は、“フォース”というエネルギーを使いこなすことができます。

 

これまで、“スカイウォーカー・サーガ”と呼ばれる本シリーズ9本と、スピンオフが2本公開されています。本シリーズは『スカイウォーカーの夜明け』で完結していますが、公開された順番と時系列の順番が違います。

 

映画『スター・ウォーズ』本シリーズ一覧“スカイウォーカー・サーガ”

公開順 タイトル 公開年 分類 主人公 時系列順
1 スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 1977年 旧三部作 ルーク 4
2 スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 1980年 旧三部作 ルーク 5
3 スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 1983年 旧三部作 ルーク 6
4 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 1999年 新三部作 アナキン 1
5 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 2002年 新三部作 アナキン 2
6 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 2005年 新三部作 アナキン 3
7 スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7) 2015年 続三部作 レイ 7
8 スター・ウォーズ/最後のジェダイ(エピソード8) 2017年 続三部作 レイ 8
9 スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(エピソード9) 2019年 続三部作 レイ 9

  シリーズ作品を見るときは、公開順にみても時系列の順番にみても楽しめます。ただ、どちらかといえば、公開順にみたほうが楽しめるでしょう。

 

今回テレビ放送される『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を見るにあたっては、できればエピソード4からエピソード8までの5本を見ておきたいところ(時系列でいうところの、4番目から8番目。表の太字で示した作品です)。

レイア姫やルークやハン・ソロ、チューバッカといった、エピソード4~6に出てきたキャラクターも物語に関わってくるからです。

 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』あらすじ【ネタバレなし】

 

悪の化身・パルパティーン皇帝が生きていた?

 銀河中にジェダイの騎士への復讐を誓う銀河皇帝・パルパティーンの声が響き渡ります。

 

レジスタンス(抵抗軍)のレイア将軍は調査隊を派遣し、パルパティーンに対する情報取集を行なっていました。

 ジェダイの騎士・最後の希望であるレイは、そのレイア将軍のもと、訓練に明け暮れていました。冷酷なファースト・オーダー(=帝国の生き残りがつくった国)との決戦に備えるためです。

 

いっぽう。宇宙の支配者となったカイロ・レンは、惑星エクセゴルで銀河皇帝・パルパティーンの幻影と出会います。パルパティーンは、カイロ・レンに告げます。

「あの娘(レイ)を倒したら、お前に新たな帝国をやろう」 

パルパティーン皇帝のいる、惑星エクセゴルの位置をつかめ!

 亡くなったはずのパルパティーンが復活したと知ったレイは、惑星エクセゴルへ行く方法を探すため、仲間のフィンやポー、チューバッカとともに砂の惑星パサーナへ向かいます。

 

レイたちは惑星パサーナで、流砂に飲みこまれますが、その地下でシスの言語が刻まれた剣を発見します。

 C-3PO(金色のアンドロイド)は、シス語を翻訳しようとしますができません。どうも、C-3POプログラムに制限がかかっているようです。 

 レイのフォースが暴走? チューバッカァーーーー!!

 さて、レイたちが地上へ戻ると、カイロ・レンとファースト・オーダー(=帝国の残党がつくった軍事組織)が襲いかかってきます。戦いのさなか、チューバッカが捕まり、敵の輸送船で連れて行かれそうになります。

 

レイはチューバッカを助けようとしますが、“フォース”を制御できず、輸送船ごと爆破してしまいます。

「ああっ! チューバッカァーーー」

 レイは自分のせいだ、と責めます。ポーたちはそんなレイを連れ、C-3POのメモリを初期化するため、惑星キジミへ向かいます。

 

惑星キジミに着いたレイたちは、遂に惑星エクセゴルの座標(=宇宙空間における位置)を突き止めます。

「さあ! 惑星エクセゴルへ向かうぞ!」 

レイたちが出発しようとした時でした。再びカイロ・レンが、レイの前に現れたのです。レイは、フォースバトルで応戦しますが・・・

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』登場人物と吹き替え声優

 役名、俳優、吹き替え声優の順番でご紹介します。シリーズをまったく見てない人のために、できるだけ過去作のネタバレもしないように説明します。(で、できるかな?) 

 レイ

デイジー・リドリー/永宝 千晶(ながとみ ちあき) 

辺境の惑星・ジャクーの砂漠で、クズ鉄拾いをしていた女性。運命に導かれるようにフェイと出会い、レジスタンス(抵抗軍)とファースト・オーダー(=帝国の残党がつくった軍事組織)の戦いに巻きこまれてゆく。

強力なフォースの持ち主。

カイロ・レン

アダム・ドライバー/津田 健次郎

英雄の血を引いており、ジェダイの騎士になるべき逸材だったが、徐々に暗黒面に堕ちていったダーク・ジェダイ。 

フィン

ジョン・ボイエガ/杉村 憲司

ファースト・オーダーのストーム・トルーパー(=白いアーマーに身を包んだ兵士)だったが、ポーを助けたことをきっかけにレジスタンス(抵抗軍)に入る。陽気で頼もしいレイの仲間。

ポー・ダメロン

オスカー・アイザック/小松 史則(こまつ ふみのり)

 レジスタンス(抵抗軍)の飛行部隊を率いるリーダーで、宇宙一のパイロット。レイア将軍の信頼を得ているが、ときに命令を無視し、暴走することもある。 

チューバッカ 

愛称チューイ。200歳を越えるといわれるウーキー族。ミレニアム・ファルコン号の副操縦士として、ハン・ソロと行動をともにしてきた。

いまはレイに同行している。

C-P3O(シーピースリーオー)

アンソニー・ダニエルズ/岩崎 ひろし 

アナキン・スカイウォーカーが幼い頃、クズ鉄を集めて作った金色のアンドロイド。おしゃべりなヤツ。「ドロイド」という言葉はロボット全般を指します。 

R2-D2(アールツー ディーツー) 

暗号解読ができ、宇宙船の操縦もこなすロボット。C-P3Oとともに、スカイウォーカー家に仕える。人間の言葉はしゃべれないが、ガンコな性格。

 ストームトルーパー

 帝国に仕える、白いアーマーに身を包んだ歩兵たちのこと。バケツを逆さまにしたようなヘルメットを被っている姿から、ファンからは「バケツ頭」と敬意をこめて茶化されている(?)。 

レイア・オーガナ

キャリー・フィッシャー/高島 雅羅(たかしま がら)

惑星オルデランの議員ベイル・オーガナの養女として育ち、のちにレジスタンスを率いる。エピソード4のヒロイン。 

ルーク・スカイウォーカー

マーク・ハミル/島田 敏(しまだ びん) 

ジェダイの騎士として銀河内戦を戦い抜き、 内戦が終結したあとジェダイの養成機関を創設した伝説の男。教え子のベンが“カイロ・レン”となって暴走してからは、隠とん生活を送った。

 エピソード4~6の主人公。 

パルパティーン皇帝

イアン・マクダーミド/青森 伸

 強大な悪の化身。銀河共和国の元老院議員から議長、そして帝国の初代皇帝へとのぼりつめる。恐怖で銀河を支配する。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(吹き替え版)の配信は?

 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のフル動画を見たい、あるいは『スター・ウォーズ』シリーズの過去作を動画配信でいっきに見たいという場合は、

「ディズニープラス」

という動画サービス一択です。

 マーベル、ピクサー、スターウォーズといった作品はディズニーが権利を持っています。そのディズニーが運営するのが「ディズニープラス」という動画サービスだからです。 

【公式】ディズニープラス|はじめてなら初月無料

 

 『ディズニープラス』は、初月無料の月額770円(税込み)。動画の本数自体は他のサービスよりかなり少なめですが、『スター・ウォーズ』シリーズをいっき見するなら、いちばん安く視聴できます。

 

他の配信サービスでも『スター・ウォーズ』シリーズを見られなくはありませんが、個別レンタルという扱いで、サービス加入者でも“追加料金”がかかります。

 たとえば、月額500円のAmazonプライムビデオ。加入者の多いサービスで、2021年2月現在、 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』字幕版・吹き替え版ともに配信されています。ただし、視聴するにはどちらも399円のレンタル料金がかかります。

でも、Amazonプライムの『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』には、メイキングや撮影秘話などの特典映像があります。それも3時間ちかく!!  本編(2時間22分)より長いという・・・

 

市販のものとしては、シリーズ9作すべてを収めた『スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 4K UHD コンプリートBOX』が発売されています。ビデオがすり切れるほど見た『帝国の逆襲』が、こんな高画質で見られるなんて泣きそう!

ただしコレ、視聴するためには、「Ultra HD ブルーレイ」に対応した機器を持ってないとダメです。ふつうのブルーレイ再生機では見られないので注意!! またDVDでは、9作全部を集めたコンプリートBOXは発売されていません。