映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

ホラー映画『ザ・リング』地上波テレビ放送!【ハリウッド版は怖くない?】

ホラー映画『ザ・リング』地上波テレビ放送!【ハリウッド版は怖くない?】

日本で大ヒットしたホラー映画をリメイクした『ザ・リング』が、地上波テレビ放送されます。

この記事では、『ザ・リング』のあらすじと、日本版『リング』との違いをお伝えします。

映画『ザ・リング』地上波テレビ放送はいつ? 原作は?

『ザ・リング』は2002年のアメリカ映画。雑誌社の女性記者が、「見たものは1週間後に死ぬ」という呪いのビデオの謎に迫るホラーです。

1998年に公開された日本映画『リング』のハリウッド版リメイクとなります。

ハリウッド版『ザ・リング』
原題 The Ring
製作 2002年
製作国 アメリカ
ジャンル ホラー
上映時間 116分
監督 ゴア・ヴァービンスキー(『パイレーツ・オブ・カリビアン』)
原作 鈴木光司『リング』
出演 ナオミ・ワッツ、マーティン・ヘンダーソン

映画『ザ・リング』の地上波テレビ放送は、2021年9月11日()の深夜から。テレビ東京「サタ☆シネ」にて。

27:15 ~ 29:00

(つまり、12()の午前 3:15 ~となります)

関東ローカルのみの放送です。

ホラー映画『ザ・リング』あらすじ【ネタバレなし】

学生のベッカとケイティは、ある都市伝説の噂話をしていました。

“呪いのビデオ”を見たあとに電話がかかってきて、

「7日後、お前は死ぬ」

と声の主から言われると、本当に死んでしまうというのです。

 

1週間前に仲良し4人でキャンプをしたケイティは、実際に“呪いのビデオ”を見ていました。ケイティは謎の死をとげます。

 

 

さて、雑誌社に勤めるレイチェル(ナオミ・ワッツ)は、ケイティの死を調査することにします。レイチェルは、精神病院に入院したベッカのもとを訪れます。すると、ケイティたち4人がうつった写真の顔だけが、変形していることに気づきます。

 

レイチェルは彼女たちが泊まったキャンプ場をつきとめますが、レイチェル自身も“呪いのビデオ”を見てしまうことに!

その直後、かかってきた電話をとると、レイチェルは死の宣告をされるのでした。

 

レイチェルは同僚のノア(マーティン・ヘンダーソン)とともに、“呪いのビデオ”の謎に調べます。“呪いのビデオ”の誕生には、サマラという不幸な女性が関わっていたらしく・・・

ハリウッド版は怖くない?日本版『リング』との違いは?

1998年に公開された日本版『リング』では、主人公をサポートする高山が“超能力者である”という設定でした。

ハリウッド版『ザ・リング』では、レイチェルの相棒となるノアに、特別な能力はありません。

 

恐怖演出自体は、ハリウッド版も邦画『リング』にかなり寄せています。湿った雨の雰囲気や明度を落としたライティングなど、日本版に近づけていますが・・・

やはり、じわじわとまとわりつくような恐怖感は、日本版『リング』のほうが上でしょう。

 

また、ハリウッド版『ザ・リング』は、息子との関係、元・交際相手であるノアとの関係を通じて、「家族愛」が裏テーマになっています。

対して日本版『リング』のほうは、原作が持っていた“核”の部分が描かれています。

 

貞子(日本版)=サマラ(ハリウッド版)

 

日本には、村八分(むらはちぶ)という言葉があります。秩序を乱すような村人がいると、他の村人たちが示し合わせて“のけ者”にするという行為です。

 

“呪いのビデオ”誕生のきっかけは、貞子が現世に恨みを抱いたまま亡くなったこと。

「変わった疾患をもっている人に対して、村社会は冷たい」

というのが、原作の持っているメインテーマです。

 

コミュニティの少ない田舎では、アメリカでも閉鎖性を感じます。人種や信仰に対する差別が、都会よりも色濃く出るからです。

ただし、日本の村社会とは性質が違うので、“核”の部分には迫れなかったのかもしれません。