映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマの紹介、教育

映画『レッド・ウォーター/サメ地獄』地上波放送!【川を上ってくる巨大ザメ?邦題とのギャップあり過ぎ】

スポンサーリンク

映画『レッド・ウォーター/サメ地獄』地上波放送!【川を上ってくる巨大ザメ?邦題とのギャップあり過ぎ】

海で生息するはずのサメが、何百キロも川をさかのぼってくる?

 

邦題から“地雷”臭がにじみ出てくるサメ映画、『レッド・ウォーター/サメ地獄』が地上波テレビ放送されます。

この記事では、映画『レッド・ウォーター/サメ地獄』のあらすじと評価、見どころについてお伝えします。

映画『レッド・ウォーター/サメ地獄』地上波テレビ放送はいつ?

 『レッド・ウォーター/サメ地獄』は、2003年のTV映画。

自然保護区での石油掘削をきっかけに、リゾート地に巨大ザメが出現! 元・技師と科学者らが川を上ってくるサメに襲われるという、パニック映画です。

映画『レッド・ウォーター/サメ地獄』
原題 Red Water
製作 2003年
製作国 アメリカ(TV映画)
上映時間 85分
監督 チャールズ・ロバート・カーナー
出演 ルー・ダイアモンド・フィリップス、クリスティ・スワンソン

 映画『レッド・ウォーター/サメ地獄』の地上波放送は、2022年1月29日()の深夜。テレビ東京「サタ☆シネ」にて放送されます。

27:15 ~ 29:00

(つまり、30()の午前 3:15 ~となります)

関東ローカルのみの放送となります。

川を上ってくる巨大ザメ? 映画『レッド・ウォーター/サメ地獄』あらすじ

ルイジアナ州のアチャファラヤ川の自然保護区。

 

漁師のジョン・サンダース(ルー・ダイアモンド・フィリップス)は、アチャファラヤ川下流の湖で、巨大ザメに襲われた男の子を助けます。

男の子は無事でしたが、おじいちゃんはサメに喰われちまった!! 淡水でも生息できるオオジロザメが、川を上ってきてるというのです。

 

いっぽう。石油掘削会社の博士ケリー・レイモンドは(クリスティ・スワンソン)は、別の目的でこの地を訪れます。石油が埋蔵されていると予測したケリーは、ジョンに調査を依頼したのです。

 

ジョンは、元・石油掘削会社の技師。しかも、ケリーとジョンは元・夫婦という関係性でした。

「ダメだ!自然保護区での掘削は禁じられている!」

いったんは協力を拒むジョンでしたが・・・

 

評価と見どころ:邦題とのギャップあり過ぎ!名のある俳優の演技を楽しむ社会派ドラマ

映画サイトの評価

Amazon:★★★☆☆ 3.2/5

映画.com:★★☆☆☆ 1.9/5

Yahoo!映画:★★★☆☆ 2.7/5

 

  • 淡水の川にサメが現われる設定は面白い。だが、それだけ。
  • TV映画の割には爆破シーンもあって豪華。でも、サメとは関係ない。
  • サメの撃退方法はひとひねりあって、楽しめた。

※ちなみに、本作のモチーフとなっているのはオオジロザメ。ニカラグア湖など、淡水の湖でも生息が確認された人喰いザメです。

見どころ:名のある俳優の演技を楽しむ社会派ドラマ?

巨大ザメに人々が次から次に襲われ、川だけど“血の海”に。ヒエェェ~!!

・・・って、全然そんな映画ではありません。

 

サメとのバトルは、最後にちょこっとあるだけ。

 

前半は、石油掘削の是非を問う社会派ドラマ。

中盤以降は、たまたま掘削現場に金を隠したギャング一味とのいざこざ。

 

サメとの死闘でスカッとしたい、という映画ファンにはストレスが溜まりそう。いくらなんでも、邦題とギャップがあり過ぎます。

 

 

ただし、役者の演技を見る楽しみはあります。

ます、主演のルー・ダイアモンド・フィリップス。『戦火の勇気』や『チリ33人 希望の軌跡』でも、脇役ながら存在感を見せてくれた名優です。

 

また、ジョンの元妻を演じたクリスティ・スワンソンもいい。『マネキン2』や『バッフィ/ザ・バンパイア・キラー』に主演した美人女優で、画面映えします。

なぜか、終盤になりかけているのにサービスショットも見せてくれるし・・・

 

 

クリスティ・スワンソンは、サメ映画『フライング・ジョーズ』にも主演しています。スタイル抜群の彼女が、でっかい銃を持って巨大ザメに向かってゆく。

それだけで目の保養。

サメ映画ファンには、こっちのほうが断然面白いはず。