映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

実写『ピーターラビット』地上波放送!吹き替え声優と内容!フル動画の配信はどこ?

実写『ピーターラビット』地上波放送!吹き替え声優と内容!フル動画の配信はどこ?

世界的ベストセラーとなった児童書を実写化した映画『ピーターラビット』が、地上波テレビ放送されます。

この記事では、映画『ピーターラビット』のストーリーと吹き替え声優をご紹介。インターネットの配信サービスで、フル動画を視聴する方法についてもお伝えします。

 

実写映画『ピーターラビット』地上波テレビ放送(2021)はいつ?上映時間は?

 『ピーターラビット』は2018年のアメリカ、イギリス、オーストラリア合作の映画。森や湖に囲まれたイギリスの「湖水地方」を舞台に、いたずら好きのウサギ一家と動物嫌いの青年がくり広げる大騒動を描いたコメディです。

映画『ピーターラビット』
原題 Peter Rabbit
製作年 2018年
製作国 アメリカ、オーストラリア、イギリス
ジャンル ブラックコメディ、アクション
上映時間 95分
監督 ウィル・グラック(『小悪魔はなぜモテる?!』『ANNIE/アニー』)
原作 ビアトリクス・ポター「ピーターラビットのおはなし」など
脚本 ロブ・ライバー、ウィル・グラック
出演 ドーナル・グリーソン、ローズ・バーン、サム・ニール

原作は、イギリスの絵本作家ビアトリクス・ポターです。

映画版は、ピーターラビット(ウサギ)とマクレガー(人間)が生活圏をめぐって爆弾を投げ合うような過激な内容。ブラックなギャグを楽しめるかどうかが、評価の分かれ目となりそうです。

 

実写映画『ピーターラビット』の地上波放送は、2021年6月25日(金)。日本テレビ系列「金曜ロードショー」にて。

21:00 ~ 22:54

 

 

実写映画『ピーターラビット』(吹き替え版)フル動画を配信しているサイトはどこ?

 実写映画『ピーターラビット』(吹き替え)のフル動画を配信しているサイトは? おもな映画サイトの配信状況です。

サービス名 字幕 吹き替え 月額(税込み) 無料体験 特徴
Amazonプライム

300円~

300円~ 500円 30日間 音楽や通販の時間指定などの特典も!
U-NEXT 2,189円 31日間 韓国ドラマ、芸術映画をたくさん配信
Netflix 990円~1980円 なし オリジナル映画、オリジナルドラマが面白い!
dtv 550円 初月無料 ケータイ向けコンテンツやLive映像も
Hulu 1,026円 2週間 日テレドラマ、子供向けアニメ
Paravi 440円 440円 1,017円 2週間 TBS+テレ東+WOWOW
FODプレミアム 976円 2週間 フジの昔のドラマ、バラエティも
ABEMAプレミアム 350円 350円 960円 2週間 釣り、将棋、アニメ、格闘など多チャンネル

 ※2021年5月25日時点のデータ。配信のラインナップは定期的に入れ替わります。最新の配信状況については、公式サイトをご確認ください。

 

300円、440円などの金額は、サービス加入者でも視聴には個別料金のかかる「有料レンタル」作品であることを示しています。

『ピーターラビット』の吹き替え版を見放題で視聴するなら、おすすめはU-NEXT(ユーネクスト)。U-NEXTでは、この他にも子供さん向けの映画をたくさん視聴できます。

  • 『シュレック(2001年)・・・2021年10月7日まで配信
  • 『怪盗グルーの月泥棒』(2010年)・・・2021年9月9日まで配信
  • 『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)・・・2021年8月31日まで配信

 

  \ キッズ映画や子供向けアニメも!/

 

実写映画『ピーターラビット』あらすじ【ネタバレなし】

のどかで美しい風景が広がる、イギリスの「湖水地方」。

うさぎのピーターは、三つ子の妹フロプシー、モプシー、カトンテールと、いとこのベンジャミンと一緒に、大きな木の根っこのそばで暮らしています。

 

ピーターたちには宿敵がいました。近所に大きな畑を持っているマクレガーおじさんです。ピーターたちは、マクレガーおじさんの畑に忍びこみ、度々おいしい野菜を盗んでいました。

おじさんに捕まりそうになった時は、近所に住む絵描きのビア(ローズ・バーン)が助けてくれていました。

 

あるとき、ピーターはマクレガーおじさんに見つかり、逃げるときに青いジャケットを置いてきてしまいます。ジャケットを取り戻そうと庭に入ったピーターは、マクレガーおじさんに両足をつかまれ、絶対絶命!

と思ったら、おじさんは心臓発作で亡くなってしまいます。

 

やった~!!

天敵がいなくなって、ピーターは大喜び。ピーターは近くに住む動物たちも招いて、マクレガーおじさんの家でお祭り騒ぎです。

 

 

その頃。ロンドンのおもちゃ店【ハロッズ】に勤めるトーマス・マクレガーは、ショックを受けていました。副支配人への昇進をめざしていたのに、ライバルに先を越されたからです。

トーマスは、支配人から親戚のおじさんが亡くなったことも告げられます。相続権を持っていたトーマスは屋敷の価値を調べるため、「湖水地方」にやってきます。

  

ところが、マクレガーおじさんの屋敷に到着したトーマスは、びっくり!

家の中は、動物たちであふれ返っていたからです。潔癖症のトーマスは動物たちを追い出し、庭に入ってこれないように柵をつくります。

 

ピーターたちは、動物嫌いの“新しい隣人”がやってきたことに、不安を抱きます。そこでウサギたちと仲の良いビアが、トーマスのようすを探りにゆきます。

ビアはトーマスに双眼鏡をプレゼントし、バードウォッチングをすすめます。鳥に興味を持ってもらい、動物たちと仲良くしてもらおうと考えたのです。

 

しかし、動物嫌いのトーマスは頑丈な柵を完成させます。反発したピーターとベンジャミンは庭に侵入し、野菜を盗もうとします。ところが、トーマスはベンジャミンを捕まえると袋詰めにして、小型トラックでどこかへ連れ去ろうとします。

 

ベンジャミンが危ないっ!!

 

ピーターと妹たちは急いでトラックの荷台に飛び乗り、ベンジャミンを救出しようとしますが・・・

実写映画『ピーターラビット』キャラクター紹介と、吹き替え声優

実は、字幕版のキャスティングもかなり豪華。特に、ピーターの妹たちの声は、若手の注目女優が起用されています。

ウサギたち

ピーターラビット

声:ジェームズ・コーデン/吹き替え:千葉 雄大(ちば ゆうだい)

主人公。いたずら好きのウサギ。お父さんをミートパイにして食べてしまったマクレガーおじさんに、恨みを持っている。トレードマークのジャケットの色は、

吹き替えは、俳優の千葉雄大さん。朝ドラ『わろてんか』では、ヒロインの兄・新一を演じました。

ベンジャミン

声:コリン・ムーディー/吹き替え:吉田ウーロン太

ピーターのいとこ。茶色い服を着ている。

吹き替えは、お笑いタレントの吉田ウーロン太さん。

フロプシー

声:マーゴット・ロビー/吹き替え:清水 理沙

ピーターの妹。三姉妹の長女。モプシーより“16秒”早く生まれたことが自慢。

ジャケットの色は、

字幕版の声を担当したマーゴット・ロビーは、映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役で有名。

吹き替えは、アニメ『神撃のバハムートGENESIS』のアーミラ役、清水理沙さん。

モプシー

声:エリザベス・デビッキ/吹き替え:木下 紗華(きのした さやか)

三姉妹の次女。ジャケットの色は、黄色

字幕版の声を担当したエリザベス・デビッキは、『TENET テネット』で絵画の鑑定士・キャットを演じた女優。

吹き替えは、『ONE PIECE』のモロロン女王 役、木下 紗華さん。

カトンテール

声:デイジー・リドリー/吹き替え:下田 レイ

三姉妹の三女。きゅうりを持って、ファイティングポーズをとる。

ジャケットの色は、青緑色

字幕の声は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』レイ役、デイジー・リドリー。

吹き替えは、ゲーム『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のウルボザ役、下田 レイさん。

人間たち

トーマス・マクレガー

演:ドーナル・グリーソン/声:浅沼 晋太郎(あさぬま しんたろう)

ロンドンの百貨店【ハロッズ】のおもちゃ部門の責任者。昇進レースにやぶれたあと、親戚のマクレガーおじさんが亡くなったことを知る。

トイレの水が飲めるほどキレイにする潔癖症で、動物もキライ。ピーターと激しいバトルをくり広げる。

演じるのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のハックス将軍 役、ドーナル・グリーソン。

吹き替えは、アニメ『東京喰種トーキョーグール』西尾錦 役、浅沼 晋太郎さん。

ビア

演:ローズ・バーン/声:渋谷 はるか

森や湖に囲まれた「湖水地方」で暮らす絵描き。マクレガーおじさんに捕まったピーターを助けてくれる。本気で描いた抽象画は理解されないが、ウサギたちをスケッチした絵はトーマスの心をもつかむ。

演じるのは、海外ドラマ『ダメージ』やミュージカル映画『ANNIE/アニー』の演技派女優ローズ・バーン。

吹き替えは、ジブリ映画『風立ちぬ』のお絹さん役、渋谷 はるかさん。

マクレガーおじさん

演:サム・ニール/声:糸 博(いと ひろし)

「湖水地方」に屋敷を構え、レタスやラディッシュなどの野菜を作っているおじさん。元々は、ピーターのお父さんたちが住んでいた土地に後からやってきて、家を建てた。

演じるのは、『ジュラシック・パーク』(1993)の主人公・グラント博士役、サム・ニール。

吹き替えは、『天空の城ラピュタ』で鉱山の町の親方を演じた糸 博さん。