映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマを通して、もっと映画を好きになれるブログ

『パリは燃えているか』あらすじ【オールスター・キャスト!“パリ解放”を描く戦争映画の名作】

  当サイトにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク

『パリは燃えているか』あらすじ【オールスター・キャスト!“パリ解放”を描く戦争映画の名作】

アラン・ドロン、オーソン・ウェルズ、カーク・ダグラス、ジャン=ポール・ベルモンド・・・名だたるキャストが出演する戦争映画『パリは燃えているか』が、NHKのBSでテレビ放送されます。

この記事では、映画『パリは燃えているか』のあらすじをご紹介し、魅力を解説してゆきます。

映画『パリは燃えているか』BSプレミアムでのテレビ放送(2023)は,いつ?音楽は加古隆ではない?

『パリは燃えているか』は1966年のフランス・アメリカ合作映画。

ナチス占領下のパリが舞台。フランスの解放軍が蜂起して、連合国軍とともにパリを解放するまでを描く戦争映画です。

映画『パリは燃えているか』
原題 Paris brûle-t-il ?
製作 1966年
ジャンル 戦争
上映時間 173分(2時間53分)
監督 ルネ・クレマン(『禁じられた遊び』)
脚本 ゴア・ヴィダル、フランシス・フォード・コッポラ
音楽 モーリス・ジャール
出演  カーク・ダグラス、アラン・ドロン、ゲルト・フレーベ
 『パリは燃えているか』のテレビ放送は、2023年8月23日(水)。NHKのBSプレミアム「BSシネマ」にて。
13:00 ~ 15:54

音楽を担当したのは、フランスの作曲家モーリス・ジャールです。

 

なお、1995年から1996年にかけて、NHKで『映像の世紀』というドキュメンタリー番組が放送されました。この番組のメインテーマ曲として、加古隆さん作曲の「パリは燃えているか」が使われいます。しかし、映画とは直接の関係はありません。

 

「パリは燃えているか」というタイトルは、ドイツ降伏の際にヒトラーが発した言葉からの引用です。

>> 小社会 パリは燃えているか | 高知新聞

映画『パリは燃えているか』あらすじ【パリを瓦礫の山にしてはならない!反対派を説得せよ】

1944年8月。ドイツ占領下のパリに、勢いにのる連合国軍が迫っていました。

ヒトラーは、コルティッツ将軍(ゲルト・フレーベ)をパリの司令官に任命し、

「パリを敵の手に渡すな。撤退する場合は、パリの街を焼きつくせ!

と指示します。

 

いっぽう。パリでは、レジスタンス活動(=抵抗運動)を行なっていたデルマ(アラン・ドロン)たちが、話し合いをしていました。ド=ゴール派のデルマは、

「連合軍が到着するまで待ったほうがいい」

と意見します。これに対して自由フランス軍のロル大佐(ブリュノ・クレメール)は、

「銃や弾薬が手に入り次第、決起すべきだ!」

と、自分たちだけでのパリ解放を主張します。

 

デルマは、ロル大佐らを説得できるのはレジスタンスの指導者ベルナール・ラべだけだ、と考えます。しかし、頼みのラべは、“政治犯”として刑務所に入っています。

デルマは、中立国であるスウェーデン領事館のノルドリンク(オーソン・ウェルズ)にはたらきかけ、ラべ救出を試みますが・・・

 

▲クリックすると動画が読み込まれます。

『パリは燃えているか』オールスター・キャスト!“主役不在”の魅力とは?2021年には,全編吹き替えでブルーレイ化も!

『パリは燃えているか』には、おなじみの俳優たちが総出演しています。

  • アラン・ドロン(『太陽がいっぱい』)
  • オーソン・ウェルズ(『市民ケーン』)
  • カーク・ダグラス(『炎の人ゴッホ』)
  • ゲルト・フレーベ(『007ゴールドフィンガー』)
  • ジャン=ポール・ベルモンド(『勝手にしやがれ』)
  • シャルル・ボワイエ(『ガス燈』)
  • アンソニー・パーキンス(『サイコ』)
  • シモーヌ・シニョレ(『悪魔のような女』)

古い映画に詳しい人なら、名のある俳優を探す楽しみもあるでしょう。

しかし、本当の魅力は、オールスター・キャストによる“豪華さ”ではありません。

「レジスタン内部の意見の対立」

「スウェーデン領事とナチス司令官との交渉」

「市街戦を避けるため、迂回してパリに入ろうとする連合国軍」

「解放が近づき、浮足立つパリ市民」

映画はひっきりなしに場面転換し、スポットがあたる人物もめまぐるしく変わってゆきます。

いわゆる群像劇。特定の主人公はいません。

 

しかし、ドイツの将校からアメリカ人兵士、パリ市民に至るまで、登場人物が妙に人間くさい。

  • 軍服を着たまま、酔って電車に乗るドイツ軍兵士。
  • 降伏が決まり、「(暇になるから)『戦争と平和』を読めます」と語るドイツ将校。
  • ドイツ将校を捕虜にしたのが嬉しくて、パパに電話するレジスタンスの運動員。
  • 「4年も待ったのよ!」と、見ず知らずのアメリカ兵士に抱きつくパリっ娘。

さらに、パリ解放時のドキュメント映像も挟まれます。市民の表情は、俳優が演じたキャラクター以上に生き生きしています。

 

指導者から名もなき市民まで、扱いは平等。肩書や国籍によって、描き方が変わるわけでない・・・『パリは燃えているか』から伝わってくるのは、「歴史を作るのは為政者だけではない」というメッセージです。

ヒトラーの怒声が無人の指令室に響くシーンは、端的にそれを表しています。

 

監督は、ルネ・クレマン『禁じられた遊び』(1952)や『太陽がいっぱい』(1960)を撮った巨匠です。

 

『パリは燃えているか』はAmazonプライムやNetflixなど、動画サービス(VOD)では配信されていません。テレビでも滅多に放送されません。名作とふれる貴重な機会なので、BSでの放送を見逃さないでください。

 

関連:『パリは燃えているか』もレンタル可能!

www.entafukuzou.com

 

なお、2021年には『パリは燃えているか』全編吹き替えつきのブルーレイが発売されました。

吹き替え版は、1975年にテレビ放送された際のノーカット音源をもとに制作されています。字幕版の音声がほぼ英語だけなのは残念ですが、コレクターには嬉しいアイテムです。