映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

『オーシャンと十一人の仲間』感想!皮肉と洗練されたセリフ!オシャレな会話に心も弾む!

『オーシャンと十一人の仲間』感想!皮肉と洗練されたセリフ!

今の映画と昔の映画は、テンポが全く違います。そこだけで評価してしまうのは、勿体ないと思います。

 

今回ご紹介するのは、『オーシャンと十一人の仲間』。ジョージ・クルーニー主演の『オーシャンズ11』の元になった作品です。現代映画のスピード感に慣れているとスローテンポに感じるかもしれませんが、オリジナルならではの良さもあります。

 

映画『オーシャンと十一人の仲間』概要

 

 『オーシャンと十一人の仲間』は、1960年に公開されたコメディタッチの犯罪映画。2001年に公開された『オーシャンズ11』は、この作品のリメイクとなります。

 

オーシャンと十一人の仲間
原題 Ocean's Eleven
製作国 アメリカ
公開年 1960年
上映時間 130分
監督 ルイス・マイルストン
脚本 チャールズ・レデラー
出演 フランク・シナトラ、ディーン・マーティン

 フランク・シナトラ、ディーン・マーティン、サミー・デイヴィスJr.といった歌手が出演しているのが特徴で、劇中、彼らの歌唱シーンも見どころとなっています。

 

監督はルイス・マイルストン。文芸映画『廿日鼠(はつかねずみ)と人間』(1939)や戦争映画『西部戦線異状なし』(1930)で知られています。

 

『オーシャンと十一人の仲間』あらすじ

 

 クリスマス1週間前のビバリーヒルズ。ギャングのアシーボスはラスベガスのカジノから現金を強奪する計画を立て、元空挺部隊のダニー・オーシャンに依頼します。

 

初めは乗り気でなかったダニーでしたが、大金が得られると知り、気が変わります。ダニーはかつての戦友たちに声をかけ、メンバーを集めます。戦争から15年たち、ダニーの仲間たちも生活は困窮していました。

 

アシーボスのアジトに戦友を集めたダニーは、計画を説明します。それは、大晦日の夜12時に街を停電させ、ラスベガスにある5つのカジノに同時に盗みに入るという、大胆なものだったのです・・・

 

 

『オーシャンと十一人の仲間』登場人物とキャスト

 

 オーシャンと仲間たち

 

ダニー・オーシャン(演:フランク・シナトラ)

主人公で、元82空挺部隊の軍曹。

 

サム・ハーモン(演:ディーン・マーティン)

 ダニーの右腕で、参謀役。広い人脈を持ち、ピアノでの弾き語りを得意とする。

 

ジョシュ・ハワード(演:サミー・デイヴィスJr.)

元・野球選手で、歌も得意。片目の視力が下がったのが悩み。現金の運び屋を任される。

 

ジミー・フォスター(演:ピーター・ローフォード)

金持ちの息子。母親は恋多き女性で、6度目の結婚をひかえている。

 

“カーリー”・ステファンズ(演:リチャード・ベネディクト)

巻き毛の元オートレーサー。

 

アンソニー・バーグドーフ(演:リチャード・コンテ)

電気技師。偽装盗難事件を起こし、刑務所に入れられていた。

 

ロジャー・コーニール(演:ヘンリー・シルヴァ)

サーカス団員。妻はショーパブで踊るミュージカル女優。

 

ヴィンス・マスラー(演:バディ・レスター)

 

“マシー”・オコナーズ(演:ジョーイ・ビショップ)

 

ピーター・レイマー(演:ノーマン・フェル)

 

ルイス・ジャクソン(演:クレム・ハーヴェイ)

 

その他の登場人物

 

アシーボス(演:エイキム・タミロフ)

カジノからの現金強奪計画の立案者。ダニーから冗談を言われては、真に受けてしまう。

 

ビートリス・オーシャン(演:アンジー・ディキンソン)

ダニーの別れた妻。ダニーに対して未練がある。

 

デューク・サントス(演:シーザー・ロメロ)

ジミーの母親との結婚を考えている資産家。

 

酔っぱらった女性(演:シャーリー・マクレーン)

大晦日のカウントダウン前に、ダニーが駐車場で出会う女。

 

 

感想!皮肉と洗練されたセリフ!オシャレな会話に心も弾む!

 

みんな旧知の仲だからこその、空気感!

 

 『オーシャンズ11』を見てからこの作品を知り、さかのぼって鑑賞する人も多いと思います。ですが、綿密な犯罪計画と、警備の目をかいくぐるスリルを求めても、ガッカリするでしょう。

 

まだ監視カメラもない時代。計画を立てるほうも杜撰(ずさん)ならば、盗まれるほうものんびり。犯罪映画としてのハラハラドキドキは皆無です。

 

それを補ってあまりあるのが、オシャレすぎる会話。とにかく、ああ言えばこう言う。皮肉には皮肉で返し、たとえ話には乗っかってあげ、クールな冗談にふっと笑う。一時代をともに生きた戦友だから醸し出せる空気感が、心地よいのです。

 

洗練されたセリフのやり取りを、一部紹介します。

 

刑務所から出てきたアンソニーに、ロジャーがひと言。

「あんたがアンソニーか。第82空挺部隊で、最初にドイツ娘と寝た男」

 

 

ジミー「ハワイの話を聞かせろ。いつも晴れか?」

サム「雨が降る時もあれば、日がかげる時もある」

ジミー「女は?」

サム「雨が降る時もあれば、日がかげる時もある」

 

 

ジョシュ「オレの辞書じゃ、“勇気”と“マヌケ”は同義語だ」

 

 

デューク「俺がお金の稼ぎ方を教えてやる」

ジミー「僕は、僕のやり方でやる。裕福な親を持つのさ」

 

 

リメイクされた『オーシャンズ11』では、初めから知り合いだったのはダニー(ジョージ・クルーニー)とラスティ(ブラッド・ピット)だけ。元々の知り合いでもないし、金で集められたメンバーなので、かけ合いの面白さはありません。

 

セリフを楽しめない人はつまらなく感じるでしょうが、私は断然オリジナル派!

 

 

大女優シャーリー・マクレーンの登場に、テンションMAX!

 

現金強奪計画を実行する直前。ダニーは、駐車場で酔っぱらった女に絡まれます。大晦日のカウントダウンの後、街の人々は「蛍の光」をみんなで歌います。

 

 

この酔った女性を演じるのは、シャーリー・マクレーン。

 

このシーンは、彼女が出演した名作『アパートの鍵貸します』へのオマージュとなっています。『アパートの鍵貸します』でも、新年を迎えた街の人々が「蛍の光」を歌うシーンがあるのです。