映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

『オーシャンズ8』地上波放送!メンバーの能力&カメオ出演のセレブ達

スポンサーリンク

『オーシャンズ8』地上波放送!メンバーの能力&カメオ出演のセレブ達

女性だけの泥棒チームの活躍を描いた『オーシャンズ8』がテレビ放送されます。クライマックスとなるファッション・イベントのシーンでは、本物のセレブたちが本人役で登場します。

 

この記事では、華麗な犯罪チーム『オーシャンズ8』のメンバーと能力、カメオ出演するセレブの登場シーンについてお伝えします。

 

 『オーシャンズ8』地上波テレビ放送(2020)は、ノーカット?

 

『オーシャンズ8』は、2020年の7月10日(金)に日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」にて放送されます。

 

21:00 ~ 22:54

 

 

『オーシャンズ8』が公開されたのは2018年。劇場での上映時間は110分でした。テレビ放送時にはCMもありますので、10分ほどのカットが予想されます。

 

『オーシャンズ8』は、オーシャンズ・シリーズの第4弾にあたります。過去作『オーシャンズ11』『オーシャンズ12』『オーシャンズ13』では、男性の泥棒チームが活躍しました。今回はキャストを変更して、新たに女性だけのチームが組まれます。

 

関連:シリーズを初めて見る人でも楽しめる?

www.entafukuzou.com

 

 『オーシャンズ8』簡単なあらすじ

 

有名な強盗ダニー・オーシャンの妹であるデビーは、刑務所から仮出所します。デビーは昔の泥棒仲間・ルーのもとを訪れ、ある計画を話します。それは、メトロポリタン美術館で催されるファッション・イベントで、セレブの女優が身に着けるダイヤのネックレスを盗み出すこと。

 

 

 美術館には、監視カメラがびっしり設置されています。盗んでもすぐにバレないようにするにはレプリカを作り、本物とすり替える必要もあります。

 

「最低でも、7人は必要になるわ」

デビーは強盗計画を実行するため、能力のある仲間を集めることにしますが・・・

 

 

 『オーシャンズ8』登場人物と能力、吹き替え声優

 

登場キャラクターと吹き替え声優をご紹介します。役名の下に、演じる俳優/吹き替え声優の順番で表記しています。

 

泥棒チーム『オーシャンズ8』のメンバーと能力

 

① デビー・オーシャン

サンドラ・ブロック/本田 貴子

 

 

主人公。伝説的な大泥棒ダニー・オーシャンの妹。美術商のベッカーにダマされ、刑務所に入れられていた。

 

巧みな話術をもった詐欺師。

 

② ルー・ミラー

ケイト・ブランシェット/塩田 朋子

 

 

デビーの相棒。幅広い人脈をもち、人を見定める力がある。

 

③  ローズ・ワイル

ヘレナ・ボナム=カーター/高野 麗(たかの うらら)

 

 落ちぶれたファッション・デザイナー。セレブ女優ダフネのドレスをデザインすることから、チームに誘われる。

 

④ アミータ

ミンディ・カリング/釘宮 理恵(くぎみや りえ)

 

ジュエリーの職人。ずば抜けた宝石の加工技術をもつ。ネックレスの模造品を作るために大活躍する。

 

⑤ コンスタンス

オークワフィナ/杉浦 慶子(すぎうら けいこ)

 

 

天才的な腕をもつスリ師。アジア系。

 

⑥ タミー

サラ・ポールソン/園崎 未恵(そのざき みえ)

 

デビーのかつての仲間。今でも盗品売買をやっている。ビジネススキルにすぐれ、情報収集のためにファッション雑誌に潜入する。

 

⑦ ナインボール

リアーナ/村中 知(むらなか とも)

 

 

天才ハッカー。イベント会場の監視カメラの弱点を探す。科学に詳しい妹がいる。

 

 

ここまでで7人。あれ? 8人じゃないの? それは、映画を最後まで見ればわかります。

 

 

その他の登場人物

 

クロード・ベッカー

 リチャード・アーミティッジ/大塚 明夫(おおつか あきお)

 

悪徳な美術商で、デビーの元カレ。絵画詐欺の罪をデビーになすりつけ、デビーを刑務所送りにした。

 

ダフネ・クルーガー

アン・ハサウェイ/甲斐田 裕子(かいだ ゆうこ)

 

 

ファッション・イベントのホストを務めるハリウッド女優。イベント当日は、ダイヤのネックレス“トゥーサン”を身に着けることになっている。

 

プライドが高いが、ときおり情緒不安定になる。

 

ペネロペ・スターン

ダコタ・ファニング/大津 愛理(おおつ あいり)

 

若手女優。イベント当日、ローズ・ワイルのドレスを着ることになっていた。

 

ジョン・フレイジャー

ジェームズ・コーデン/かぬか 光明(かぬか みつあき)

 

保険調査員。ダイヤのネックレス“トゥーサン”が盗まれたあと、その行方を探すために雇われた。かつて、ダニーを捕まえたこともあり、デビーとも面識がある。

 

ルーベン・ティシュコフ

エリオット・グールド/富田 耕生(とみた こうせい)

 

カジノホテルの経営者で、ダニー・オーシャンの仲間。出所したデビーが、兄の墓を訪れたときに出会う。

 

イエン

シャオボー・チン

 

中国の雑技団出身の軽業師(かるわざし)。身のこなしが軽く、カバンの中に入ることもできる。ダニー・オーシャンの仲間。今回どんな活躍をするかは、見てのお楽しみ。

 

『オーシャンズ8』カメオ出演するセレブと、登場時間

 

『オーシャンズ8』には、ファッション・モデルやデザイナー、スポーツ選手などのセレブたちが本人役で出演しています。ほとんどのセレブは、美術館で催されるファッション・イベントに登場するので、比較的見つけやすいです。

 

記載した時間は、字幕版のDVDが基準。ストーリーに関わる重要シーンではないので、テレビ放送時にはカットされているかもしれません。

 

 

ダコタ・ファニング

 

若手女優ペネロペ役で出演している、ダコタ・ファニング。子役のころは『宇宙戦争』(2005年)でなどで活躍しました。そんな彼女の、子役のころをモチーフとした絵が登場します。

 

41分前後

 

デビーたちがネックレスを盗みに入ることになる、メトロポリタン美術館。デビーたちは計画決行の数週間前に美術館にある1枚の絵を盗み出し、警備体システムを混乱させます。

 

この一連のシーンの冒頭。美術館に飾られている数々の絵が、パッパッと映されます。一番最初に映る、ふり返る少女の絵がそれ。

 

セリーナ・ウィリアムズ

 

1時間7分27秒

 

ファッション・イベント会場にて。女子テニス・プレイヤー、セリーナ・ウィリアムズが、真っ赤なドレスに身を包んでインタビューを受けています。

 

ハイディ・クルム

 

1時間7分37秒

 

ファッション・イベント会場にて。招待客に扮したデビーが、すれ違ったモデルの女性と外国語で語りかける場面があります。

 

 

相手は、ドイツ出身のスーパーモデル、ハイディ・クルム。『シャンプー台の向こうに』(2000年)『ズーランダー』(2001年)などの映画出演もあります。

 

アナ・ウィンター

 

1時間8分34秒

 

階段を上ってくるダフネとハグするのは、ファッション雑誌『ヴォーグ』の編集長だったアナ・ウィンター。

 

アナは、映画『プラダの悪魔』に登場する鬼編集長のモデルとなった人物。ダフネ役のアン・ハサウェイは鬼編集長のアシスタント役だったこともあり、2人はもともと交流がありました。

 

ケイティ・ホームズ

 

1時間12分8秒

 

女優ダフネと、同じテーブルで会食している黒髪の女性。

 

『バットマン ビギンズ』(2005年)でヒロインを演じ、トム・クルーズと結婚した女優ケイティ・ホームズです(⇦ 結婚していたのは、2006~2012年まで)。

 

マリア・シャラポワ

 

1時間17分3秒

 

デビーたちの手によって高級ネックレスが盗まれ、警備員たちは大あわて。招待されたセレブ客たちは、いったん会場の外に出されます。

 

このとき、大勢の招待客に混じって、ひときわ背の高い女性が歩いてきます。元・女子テニスプレイヤー、マリア・シャラポワです。2020年2月、引退を発表したのは記憶に新しいところ。

 

ダニーの仲間たちのカメオ出演シーン

 

 『オーシャンズ8』には、『オーシャンズ11』に登場していたダニー・オーシャンの仲間たちも登場します。

 

上述した通り、ホテル経営者のルーベンが冒頭のお墓のシーンで。中国雑技団にいた曲芸師イエンが、クライマックス後の種明かしの場面で。

 

この他にも2人、カメオ出演する・・・はずでした

 

ソール・ブルーム(演:カール・ライナー)

 

1時間42分22秒

 

ビリヤードを沈めたナインボールは、サングラスをかけた初老の男とがっちり握手します。『オーシャンズ11』『オーシャンズ12』『オーシャンズ13』でダニー・オーシャンの仲間として登場した、伝説の詐欺師ソール・ブルームです。

 

ソールを演じたカール・ライナーはコメディアン・映画監督として活躍しましたが、2020年6月に亡くなりました。

 

マット・デイモンの出演シーンはどこ?

 

本来なら、マット・デイモン演じるスリ師のライナスも、カメオ出演するはずでした。ところが、あるスキャンダルを起こしてしまいます。

 

 アメリカで映画プロデューサーや大物議員のセクハラが次々と告発され、「#Me Too」運動が吹き荒れていた2017年。マット・デイモンは一部の男性を擁護する発言をしてしまったのです。重く見た製作陣は、彼の出演シーンを丸々カットしました。