映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマの紹介、教育

ドラマ『薔薇の名前』NHKのBS4Kで再放送!動画の見逃し配信はどこで見られる?

スポンサーリンク

ドラマ『薔薇の名前』NHKのBSで再放送!動画の見逃し配信はどこで見られる?ウンベルト・エーコ、原作、なぜか文庫化されない

※この記事は、2022年10月に更新しました。

「謎が難解すぎて、推理ファンが考察に夢中になったベストセラー!!」

 

ウンベルト・エーコ原作の推理小説を映像化したドラマ、『薔薇の名前』がNHKのBS4Kで放送されます。

この記事では、ドラマ『薔薇の名前』のテレビ放送の日程と、第1話のあらすじをご紹介。また、インターネットで『薔薇の名前』を配信している動画サービスと、視聴するための手順をくわしくご紹介します。

ドラマ『薔薇の名前』NHKのBS4Kでのテレビ放送(2021)は、いつ?原作の文庫はある?

 『薔薇の名前』は、イタリアの連続ドラマ。

14世紀イタリアの修道院を舞台に、修道士とその弟子が連続怪死事件の謎にいどむミステリーです。

海外ドラマ『薔薇の名前』
原題 The Name of the Rose
制作国 イタリア、ドイツ
ジャンル ミステリー
放送期間 2019年
シーズン数 シーズン1
話数 全8話
原作 ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」
出演  ジョン・タトゥーロ、ルパート・エヴェレット、ダミアン・ハルドン

海外ドラマドラマ『薔薇の名前』の放送は、2021年11月7日()、11月14日()、11月21日()、11月28日()。NHKのBS4Kにて。

全8話を、1日につき2話ずつ放送してゆきます。

 

  • 第1話・・・11/7(日)午後10時50分~午後11時38分
  • 第2話・・・11/7(日)午後11時38分~午前0時29分
  • 第3話・・・11/14(日)午後10時50分~午後11時37分
  • 第4話・・・11/14(日)午後11時37分~午前0時24分
  • 第5話・・・11/21(日)午後10時50分~午後11時38分
  • 第6話・・・11/21(日)午後11時38分~午前0時25分
  • 第7話・・・11/28(日)午後11時20分~午前0時08分
  • 第8話・・・11/29(月)午前0時08分~午前1時

最終日だけ、放送開始時間が変わります。

 

 

ドラマ『薔薇の名前』の原作は、ウンベルト・エーコの同名小説です。エーコは小説家であるだけでなく、哲学者・記号学者・中世の歴史研究者でもありました。

原作『薔薇の名前』には、異端審問や普遍論争といった歴手的事実あり、聖書やキリスト教神学からの引用あり、さらにホームズなど探偵小説へのオマージュあり、てんこ盛りの要素があります。

 

あまりに膨大な知識が含まれているので、読むのは超・難解!!

でも、キリスト教の歴史を勉強したり、小説のレパートリーが増えてから読むと、だんだん面白さがわかってきます。読むたびに発見がある、スルメのような書物です。

 

ただし、『薔薇の名前』は世界中の推理ファンを熱狂させた大ベストセラーなのに、なぜか文庫化されていません。

アマゾンプライム?Netflix? ドラマ『薔薇の名前』見逃し配信はどこ? サブスクで視聴するには?

 ドラマ『薔薇の名前』の見逃し配信は、サブスクリプション(=定額制の配信サービス)で視聴できるのか? おもなサービスの配信状況です。

サービス名 配信 月額 無料体験 特徴
Amazonプライム 1話220円 500円 30日間 コスパ最強!音楽の聴き放題もあり
U-NEXT 2,189円 31日間 圧倒的な映画の配信数!
Netflix 990円~1980円 なし 海外ドラマに強い
dtv 550円 初月無料 倍速再生できる
Hulu 1,026円 2週間 日テレドラマのスピンオフ
Paravi 1,017円 2週間 TBS+テレ東+WOWOW
FODプレミアム 976円 2週間 フジのドラマやバラエティ中心
ABEMAプレミアム 960円 2週間 リアルタイム放送と録画番組
DISNEY+ 770円 31日間 ディズニー+マーベル+ピクサー
ビデオマーケット 550円~ 初月無料 新作ドラマに強み

※2022年10月3日調べ。動画サービスの配信作品は定期的に入れ替わりますので、最新の配信作品は公式サイトをご確認ください。

 

記事執筆時点(10/3)では、ドラマ『薔薇の名前』はU-NEXT(ユーネクスト)FODプレミアムで配信されています。

 

 

 

【用語解説つき】海外ドラマ『薔薇の名前』あらすじ【ネタバレなし】

※たくさん専門用語が出てくるので、ところどころ解説を入れてます。

 

 

14世紀はじめのイタリア。

ヨーロッパでは、異端審問(いたんしんもん)の嵐が吹き荒れています。教皇ヨハネス22世と神聖ローマ皇帝は、はげしい権力争いをしていました。

(⇦ “異端審問”とは、カトリックの正教会とは違う宗派を信じている人を裁くこと)

 

皇帝の指示をうけたフランシスコ会の修道士・ウィリアムは、ど田舎の修道院へ向かっていました。

(⇦ “フランシスコ会”とは、正式名称「小さき兄弟たちの修道会」。貧しかったキリストの生涯を手本にして、財産は持たずに信徒からのほどこしを受けて、活動していた)

 

ウィリアムの目的は、皇帝に反発し、フランシスコ会とも対立する教皇ヨハネス22世の使節団と神学論争をするため。

(⇦ ここでいう神学論争とは、清貧論争のこと。お金持ちの信者から寄付を受けて私腹を肥やす修道院と、富を求めず清らかで貧しい生活を理想とする一派のあいだで、論争があった)

 

ウィリアムは、途中で若き見習い修道士・アドソと知り合い、一緒に連れてゆきます。

 

 

 

 

▲クリックすると動画が読み込まれます。

さて、ウィリアムとアドソがベネディクト会修道院に到着すると、修道院長のアッボーネは迎え入れてくれます。しかし、修道院内は大さわぎになっていました。

前の晩に、装飾士の修道士・アデルモが変死体で見つかったのです!!

 

ウィリアムは話を聞くため、修道院内にある写字室を訪れます。

(⇦ “写字室”とは、写本を作るための部屋。当時はまだ印刷による複製技術が広まってなかったため、重要な書物を“書き写して”いた)

 

ウィリアムはそこで、図書館長のマラキーアやギリシャ文学の専門家・ヴェナンツィオ、修辞学者のベンチョ、目の見えない修道士・ホルヘと知り合います。

(⇦ “修辞学”とは、修道士の基本的な学問で、読み手・聞き手を感動させるような表現や言い回しのテクニックを研究すること)

ベンチョの証言によれば、アデルモが描いた絵をめぐって、ホルヘとヴェナンツィオが議論を交わしており、その中に「アフリカ」という言葉が出てきたといいます。

 

次の朝。

豚小屋で、第2の犠牲者が見つかり・・・