映画ときどき海外ドラマ

映画のあらすじ、たま~に雑学

映画『モータル・コンバット1&2』昔のシリーズをサブスクで配信しているのはどこ?

スポンサーリンク

映画『モータル・コンバット1&2』昔のシリーズをサブスクで配信している、フル動画、無料

人気格闘ゲームを実写化した映画『モータルコンバット』のリブート版が、2021年6月18日から公開されます。この作品は、1995年と1997年にも映画化されています。

『モータルコンバット』がどんな映画か、知りたい。

新作を見る前に昔のシリーズを見て、雰囲気をつかんでおきたい。

この記事ではそんな声にこたえるべく、昔のシリーズ『モータルコンバット』『モータルコンバット2』を配信で見る方法をご紹介します。

“フェイタリティ”がグロすぎる? 原作となったゲーム『モータル・コンバット』 とは?

 映画『モータルコンバット』の原作となっているのが、同名の対戦格闘ゲームです。

『ストリートファイターⅡ』が大ヒットし、空前の対戦格闘ブームが起こっていた1990年代前半。ゲーム『モータル・コンバット』は、アメリカのミッドウェイ社から発売されました。

もっとも特徴的なのが、グロッキー状態の相手にとどめを刺す“フェイタリティ”というシステムです。

炎で焼きつくしたり、凍りつかせて粉々に砕いたり、相手の脊髄(せきずい)を引っこ抜いたり・・・容赦ない残酷描写は、賛否を巻き起こしました。

 

 \ 閲覧注意!!過激な“フェイタリティ”技の数々/

▲クリックすると動画が読み込まれます。

アメリカでは人気の格闘ゲームで、11作目まで発売されています。日本でも、初期の作品はメガドライブやスーパーファミコンで遊ぶことができました。

しかし、あまりに過激な描写ゆえ、近年は日本向けには発売されていません。

 Amazonプライム?ネットフリックス? 『モータルコンバット1&2』昔のシリーズをサブスクで配信しているのはどこ?

 映画『モータルコンバット』(1995)や『モータルコンバット2』(1997)は、サブスクリプション(定額制の動画サービス)で視聴できるのか? 大手5つのサービスの配信状況です。

『モータルコンバット』昔のシリーズ 配信状況
サービス名 U-NEXT Amazon Netflix Hulu dtv
月額料金 2,189円 500円 990円~1,980円 1,026円 550円
無料体験 31日間 30日間 なし 2週間 初月無料
モータルコンバット 〇(字幕のみ) 100円(字幕のみ)
モータルコンバット2 〇(字幕のみ) 100円(字幕のみ)

 ※2021年6月13日時点のデータ。配信作品は定期的に入れ替わりますので、最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

Amazonプライムビデオでは、個別料金のかかる「有料レンタル作品」として配信されています。

U-NEXT(ユーネクスト)では、「見放題作品」として配信中! 初めて登録する場合に限り、31日間の無料トライアル期間内に見た上で解約すれば、無料で視聴できます。

  • 『モータルコンバット』・・・2021年10月20日まで配信予定
  • 『モータルコンバット2』・・・2021年10月20日まで配信予定

 

 \ 90年代のアクション映画をたくさん見るなら!/

 グロくない? 映画『モータル・コンバット』(1995)あらすじと見どころ

簡単なあらすじ

中国にある【光の寺院】で修業する武術家のリュウ(ロビン・ショウ)は、弟を何者かに殺されます。そんなリュウの前に、雷の使い手・ライデン(クリストファー・ランバート)が現われ、

「香港で行われる武術大会【モータル・コンバット】に、弟の魂を奪った格闘家が参加する」

と、告げます。

復讐を誓うリュウは、大会への参加を決めます。

 

いっぽう。ハリウッドでアクション俳優として活動するジョニー(リンデン・アシュビー)は、つまらない出演作に嫌気がさしていました。そこで、名声を得るため、強豪が集まる大会【モータル・コンバット】への出場を決めます。

 また、女性捜査官のソニア(ブリジット・ウィルソン)は、相棒を連れ去った犯罪組織を追って、香港にやってきていました。彼女もまた、『モータル・コンバット』への参加を決めます。

 

しかし、【モータル・コンバット】はただの武術大会ではありませんでした。主催者のシャン・ツン(ケイリー・ヒロユキ・タガワ)をはじめ、魔界の戦士たちも参加していたのです。

魔界の支配者の養女・キタナ王女や、腕4本の巨人・ゴロー、手の平から蛇がとびだす忍者・スコーピオンや、冷気をあやつる残酷な忍者・サブゼロなどなど。

 

魔界側が勝利しつづければ、地球は魔界のものとなってしまいます。リュウ、ジョニー、ソニアの3人は、シャン・ツンの野望をくい止めようとしますが・・・ 

 ⇧ 2021年6月公開のリブート版は、R15指定(15歳未満の人の入場、鑑賞は禁止)です。ただ、昔のシリーズ『モータル・コンバット1&2』には、年齢制限はありません。

グロくない? 『モータルコンバット』見どころ

原作となったゲームの最大の“売り”は、フラフラした相手に容赦なくとどめを刺す“フェイタリティ”システムでした。

ところが、映画の『モータル・コンバット』には、敵にとどめを刺すグロ描写はほぼありません。リュウの“フェイタリティ”技(=相手を剣の山につき落とす)は再現されていますが、直接的な表現は避けています。

 

【魔界】という世界観と、個性豊かなキャラクターを楽しむアクション映画となっています。

 

その代わり、主演のロビン・ショウのアクションは、見応えがあります。鍛え上げられた肉体から繰り出されるシャープな蹴り。日系アメリカ人、ケイリー・ヒロユキ・タガワとのラストバトルは、迫力満点です。

B級感が増したが、“フェイタリティ”技の再現度はup!  映画『モータル・コンバット2』(1997)あらすじと見どころ

簡単なあらすじ

格闘大会【モータル・コンバット】で人間であるリュウ(ロビン・ショウ)が優勝したことで、人類の安全は約束されたはずでした。

しかし、“魔界の皇帝”として恐れられるシャオ・カーン(ブライアン・トンプソン)が、その規則を破ってしまいます。シャオ・カーンは【魔界の門】をひらき、魔界の妖術師たちを人間界に送りこんできます。刺客の中には、キタナ王女(タリサ・ソト)の母親・シンデル女王もいました。

 

武術家・リュウ、彼の師であるライデン、女性捜査官・ソニア(サンドラ・ヘス)はシャオ・カーンの野望を阻止するため、それぞれ別行動することになります。

 

リュウは、いま以上の強さを身につけるため、獣人の格闘家・ナイトウルフの助言を聞きにゆきます。

ソニアは、元・軍人で相棒だったジャックスが生きていることを知り、彼に会いにゆきます。

そして、ライデンは“天の神々たち”が、

「なぜ、シャオ・カーンの横暴を見過ごしているのか?」

問いただしにゆきます。

 

旅の途中、リュウたちにある情報がもたらされます。

“魔界の門をとじるには、シンデル女王の魂を浄化させる必要がある”

 

 リュウたちはキタナ王女のチカラを借り、魔界から人間界を守ろうとしますが・・・

 ⇧ リブート版は、真田広之さん演じるスコーピオンのキャラクターが掘り下げられています。ただ、昔のシリーズ『モータル・コンバット1&2』では、スコーピオンはあくまで敵キャラの一人です。

“フェイタリティ”技の再現率は高し? 『モータルコンバット2』見どころ

水着の美女が「あなたの力になれるわ」と抱きついてきたり、死んだはずのサブゼロ(絶対零度)が現われと思ったら“弟・設定”だったり、伏線なしで恋愛モードに突入したり・・・どうしてもB級感は否めません。

 

 ただ、グロ要素はないものの、“フェイタリティ”技の再現度はかなり高くなっています。キタナ王女の扇(おうぎ)、ソニアの“炎の口づけ”、ジャックスの強烈なアッパーなど、ゲームに出てきたフィニッシュ技が再現されています。

 そして、ソニア役のサンドラ・ヘスのアクションが素晴らしい。スーパーモデル並みの長い手足から繰り広げられるド級のアクションの数々。主役のロビン・ショウを食うほどの存在感です。タンクトップに短パンという格好も、最高!!