映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

南野所属!リバプールの試合を視聴できるのは、DAZN?スカパー?

スポンサーリンク

スポーツ中継

2019年の12月。オーストリアのザルツブルクに所属していた日本代表MF南野拓実(みなみの たくみ)選手がプレミアリーグの強豪・リバプールに移籍しました。

 

この記事では、南野選手の試合をみる方法、リバプールの基本布陣をまとめました。

 

イケメン南野所属!リバプールの試合は、DAZNで放送!

 

南野拓実 選手が移籍したのは、プレミアリーグの「リバプールFC」。プレミリーグには、莫大な放映権料を背景に、世界中から優秀な選手が集まっています。

 

 

リバプールの試合は、テレビ放送されません。

 

試合の多くは、ライブスポーツを扱った動画サービス・DAZN(ダゾーン)で視聴できます。DAZNには、プロ野球、Jリーグ、海外サッカー、F1、テニスなどのスポーツコンテンツが充実しています。ライブ中継はもちろん、ハイライト動画などもあります。

 

DAZNは、月額1750円(税抜き)。1か月お試しを利用すれば、その期間内は0円で視聴できます。

 

 

南野選手が所属するリバプールが、2019-2020シーズンにたたかう大会は、おもに以下の3つです。

 

イングランド「プレミアリーグ」はDAZNで視聴できる!

 

「プレミアリーグ」は、イングランドの国内サッカーの1部リーグです。日本でのJ1リーグにあたります。リーグ自体の創設は、1992年。参加クラブは、現在20クラブです。

 

「マンチェスター・ユナイテッド」「アーセナル」「リバプール」「チェルシー」、そして「マンチェスター・シティ」「トッテナム」の6クラブが優勝争いに加わることが多いことため、『ビッグ6』と呼ばれます。

 

南野 選手の所属するリバプールは、昨シーズン2位。今シーズンも絶好調で、2020年1月現在、首位を独走しています。

 

「プレミアリーグ」は、DAZN(ダゾーン)で放送されます。DAZNは、2019-2020シーズンから2021-2022シーズンまでの3年にわたって、プレミアリーグと独占契約を結んでいます。

 

『UEFAチャンピオンズ・リーグ』はDAZNで視聴できる!

 

 

「UEFAチャンピオンズ・リーグ」は、ヨーロッパのクラブ一を決める大会。ヨーロッパの各国リーグの上位クラブ32チームが参加。予選リーグを行ない、勝ち抜いた16チームが決勝トーナメントを戦います。

 

世界各国の代表選手・名監督が集まるこの大会は、ワールドカップよりハイレベルだと言われています。

 

南野拓実 選手の所属するリバプールは、2018-2019シーズンの優勝クラブです。

 

「UEFAチャンピオンズ・リーグ」は、2018-2019シーズンから2020-2021シーズンまでの3年間、DAZN(ダゾーン)と独占契約を結んでいます。

 

 

イングランド「FAカップ」

 

「FAカップ」とは、イングランドのカップ戦です。1871年に創設された歴史ある大会で、プロもアマチュアも参加できます。ホーム&アウェー方式ではなく、一発勝負。引き分けだった場合には、再試合が組まれます。

 

日本の「天皇杯」も、この大会を参考に作られました。リバプールは7回の優勝経験がありますが、最後に優勝したのは2005-2006シーズンです。

 

DAZN(ダゾーン)では、このFAカップも放送されます。

 

 関連:堂安や久保建英の試合はどこで見られる?

www.entafukuzou.com

 

 

南野はポジション争いに勝って、試合に出られるのか?

 

 せっかくDAZN(ダゾーン)の視聴サービスに加入しても、南野選手が試合に出場できないのでは、楽しみも半減します。はたして、出場できるのでしょうか?

 

リヴァプールの基本フォーメーション

 

リヴァプールの基本的なフォーメーションは、4-3-3 。中盤の3枚のうち、1人は守備的なMF、あとの二人は攻撃的なMFを配置することが多くなっています。

 

そして、FWは3トップ。両サイドには、マネ(セネガル代表)・サラー(エジプト代表)という世界屈指のスピードあるアタッカーを配します。

 

 

 

そして、3トップの中央にはフィルミーノ(ブラジル代表)を置きます。

 

 3トップの中央というと、ひと昔前までは、つなぎの時はポストプレーでためを作り、サイドからのセンタリングにヘディングで合わす、というのが役割でした。いまはこの役割が変わりつつあります。

 

つなぎの時には中盤まで下がって、前にスペースを空けます。空いたスペースに両サイドのFWが走りこんで、得点に絡みます。相手にボールを奪われたときには、1stディフェンダーとなって、プレスをかけます。

 

味方に得点をとらせる、献身性。奪われたらすぐに守備に走れる、泥臭さ。これらをハイレベルでこなすのが、フィルミーノです。南野が評価されたのは、同じ役割ができるからでしょう。しかし、現状の南野はこの3トップの中央・フィルミーノの控えという位置づけです。

 

 

 

また、日本代表と同じ、4-2-3-1 というフォーメーションの採用も考えられます。この場合、1トップにフィルミーノ、右サイドにサラー、左サイドにマネ、トップ下に南野が入るというもの。

 

プレミアリーグは、日程がタイト!

 

リヴァプールは、週末はプレミアリーグ、平日はFAカップまたはチャンピオンズ・リーグという厳しい日程をこなさなければなりません。

 

これはリヴァプールに限ったことではありませんが、プレミアの強豪クラブは、めったにベストメンバーを組みません。試合数が多いので、ローテーションで主力を少しずつ休ませながら使います。

 

加えて、リヴァプールは少数精鋭型。余剰戦力をかかえて、出られない選手がたくさんいるチームとは異なります。南野選手は、サイドでも1トップでもトップ下でもプレーできます。そのユーティリティ性もプラスにはたらくでしょう。

 

監督のクロップは、新加入選手を慎重に使うタイプではありますが、厳しい日程を考えれば、南野選手の出番は増えてきそうです。