映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

映画『マラソンマン』BSプレミアムで放送!【トラウマ級サスペンス!歯医者が怖すぎる】

スポンサーリンク

映画『マラソンマン』BSプレミアムで放送!【トラウマ級サスペンス!歯医者が怖すぎる】ローレンス・オリヴィエ

「現在、歯の治療中の人は見ないでください」

歯医者さんに通うのがトラウマになりそうな映画『マラソンマン』が、テレビ放送されます。

 

この記事では、映画『マラソンマン』のあらすじと感想、動画配信についてお伝えします。

映画『マラソンマン』BSプレミアムでのテレビ放送はいつ?原作の小説は?

『マラソンマン』は1976年のアメリカ映画。大学院生が、ユダヤとナチスの因縁が絡んだ事件に巻き込まれてゆくサスペンスです。

映画『マラソンマン』
原題 Marathon Man
製作 1976年
製作国 アメリカ
ジャンル サスペンス
上映時間 125分
監督 ジョン・シュレシンジャー(『真夜中のカーボーイ』)
原作 ウィリアム・ゴールドマン『マラソンマン』
出演 ダスティン・ホフマン、ローレンス・オリヴィエ、ロイ・シャイダー

原作はウィリアム・ゴールドマンの同名小説。たたみかける爽快感は、映画版よりあるかも。

 

映画『マラソンマン』のテレビ放送は、2021年10月14日(木)。NHKのBSプレミアムの「BSシネマ」にて。

13:00 ~ 15:06

 

字幕スーパーでの放送となります。

Amazonプライムでも見られる? 映画『マラソンマン』動画配信はどこ?

映画『マラソンマン』を、インターネットで視聴できるのか?大手サービスの配信状況です。

映画『悪い種子』配信状況
サービス名 U-NEXT Amazon Netflix Hulu ユーチューブ
無料体験期間 31日間 30日間 なし 2週間 -
字幕版 299円~ 300円~
吹き替え版

 ※2021年9月26日時点のデータ。動画サービスの配信作品は、定期的に入れ替わります。最新の配信状況は、各サイトにてご確認ください。

 

Amazonプライムビデオでは、299円の「有料レンタル」作品として『マラソンマン』を視聴できます。配信しているのは字幕版のみです。

 

U-NEXT(ユーネクスト)では、「見放題」作品として『マラソンマン』を字幕版のみ配信しています。

初めてU-NEXTをご利用する場合に限り、31日間の無料体験ができます。無料期間内に視聴した上で解約すれば、視聴料金はかかりません。

 

\公式サイトを見てみる/

サスペンス映画『マラソンマン』あらすじ【ネタバレなし】

ニューヨークの人通りが多い街中。

銀行から出てきたドイツ人の老人が、ユダヤ人の老人と言い合いになります。いざこざは、2人がお互いの車に乗ってからも収まらりません。

ついには自動車事故を起こして、2人とも亡くなってしまいます。

 

大学院で歴史学を学ぶベーブ(ダスティン・ホフマン)の趣味は、ジョギングをすること。この日もニューヨークの街を走っていたら、たまたま事故を目撃しました。

すると、その日から恐ろしいことが、ベーブの身の回りで起こり始めます。

 

まず、夜道を歩いていたベーブと恋人のエルサ(マルト・ケラー)は、謎の男たちから暴行を受けます。

 

さらに数日後。

ベーブの兄で実業家だったドク(ロイ・シャイダー)が、何者かに命を奪われてしまいます。ドクには、ベーブも知らない裏の顔がありました。

やがて、謎の組織に誘拐されたベーブは、身に覚えがないことで尋問されることに・・・

映画『マラソンマン』感想:【トラウマ級サスペンス!歯医者が怖すぎる】

映画.com:★★★☆☆ 3.2/5

Yahoo!映画:★★★★☆ 3.6/5

Amazon:★★★★☆ 4.5/5

  • 心理サスペンスの傑作だが、題名で損してる
  • なぜマラソンなのか? なぜ大学院生がナチスの残党に狙われるのか? 必然性が見えてこない

映画サイトには、こんな感想が寄せられていました。

 

主人公のベーブは、ローレンス・オリヴィエ演じるゼル博士から、拷問を受けるハメになります。兄のドクが関わっていたこと、お前も知ってるだろ? という感じで、巻き込まれてしまうのです。

 

組織の男たちから身動きできないように抑えつけられた、ベーブ。ゼル博士はおもむろに歯科医用の器具を取り出すと、1回目は虫歯をつっつき、2回目は健康な歯にドリルで穴を開けようとします。

 

時間でいうと、

  • 1時間14分ごろ
  • 1時間24分ごろ

の2回。

映画『マラソンマン』BSプレミアムで放送!【トラウマ級サスペンス!歯医者が怖すぎる】ローレンス・オリヴィエ

目を背けたくなるほどの描写ではないものの、ローレンス・オリヴィエのたたずまいが怖すぎる!!

 

ゼル博士は、イスに縛り付けられたベーブに対して、

「Is it safe?」(安全か?)

と、尋ねてきます。それも何度も何度も。

 

会話が通じない恐怖!!

何のことに対しての“安全”なのか、意味がわからないベーブ。途中で答えを変えると、拷問が始まり・・・

 

 

なお、サスペンス映画としては、集中力が必要な作品です。

前半にはバラバラに思えたエピソードが、後半になると繋がってゆくのですが・・・

「これが伏線ですよ」と、わかりやすくヒントをくれる訳ではないので、かじりついて見てないと理解しづらいかも。

 

それを補って余りあるのが、名優の演技です。

主人公ベーブ役・・・ダスティン・ホフマン(『卒業』『真夜中のカーボーイ』)
悪役ゼル博士 役・・・ローレンス・オリヴィエ(『ハムレット』『ヘンリィ五世』)

舞台出身の2人が対決するクライマックスは、異常な緊張感に満ちています。

 

 

ちなみに、ナチスの残党が出てくる映画としては、『ブラジルからきた少年』(1978)という傑作があります。

ナチスの残党を追いかけていた青年が、ナチス親衛隊による身の毛もよだつような計画を知る、というサスペンス。中盤に感じた違和感が、トラウマ級の終盤につながってゆきます。

ローレンス・オリヴィエはこちらでは主人公を演じ、『ローマの休日』のグレゴリー・ペックが悪役を演じています。

 

2021年9月現在、『マラソンマン』も『ブラジルからきた少年』も、U-NEXT で視聴することができます。