映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

「ルパン ルパ~ン♪」じゃなくて、「ルパン ザ サード♪」ですから!

スポンサーリンク

「ルパン ルパ~ン♪」じゃなくて、「ルパン ザ サード♪」ですから!

アニメ『ルパン三世』のおなじみのオープニング曲。イントロのすぐ後の第一声は、

「ルパン ルパ~ン♪」

ではなくて、

「ルパン ザ サード♪」

なのはご存知でしょうか?

 

『ルパン三世』のオープニング・テーマは、『LUPIN THE THIRD』

 

このオープニング・テーマ曲名は、「ルパン三世のテーマ」「THEME FROM LUPIN III」「LUPIN THE THIRD」など、作品によって呼び方が変わります。

 

その中で、「LUPIN THE THIRD」というタイトルに注目すると・・・

【 ルパン the 3rd 】=【ルパン三世】

ということになります。

 

the third は、「第3の、3番目の」を意味する言葉ですが、「3代目」という意味でも使われます。

 

 

わたしが子どもの頃、アニメ『ルパン三世』が夕方の再放送で流れていたときの話です。オープニングの歌詞をめぐって、子供たちのあいだで論争がありました。

「ルパン ルパ~ン♪ 」だ!

いやいや、「ルパン ザ サ~ン(なぜ太陽?)」だ!

 

 

私は、【 ザ サ~ン 】派でしたが、結局どっちも間違っていたことになります。

 

 

サビの歌詞を引用すると、

男には 自分の世界がある たとえるなら

空をかける ひとすじの流れ星

(ルパン ザ サード)

 

 となります。

 

歌詞付きのテーマでは、チャーリー・コーセーさんやピートマック・ジュニアの「ルパン三世のテーマ」が親しまれています。

 

 

「ルパン三世」~テーマ・ヒストリー CD

 

 

個人的には、パチンコ版限定の島谷ひとみさんバージョンの「LUPIN THE THIRD」が好きなんですよね。高音と低音の使い分けが、耳に心地よいです。不二子が歌ってるみたい。イントロも超絶カッコいいし、深夜の首都高を走りながら聴くのにピッタリ!

 

 

ルパン三世のテーマ 島谷ひとみ

 

 

 「二世」は、英語で【 the Second 】?

 

 三世が【 the third 】(3rd)。それなら、二世は【 the second 】(2nd)?

 

たとえば、ウィリアム・シェイクスピアの作品に、『リチャード二世』という戯曲があります。イギリスの王が政権を奪い取られ、没落していく様子を描いた物語です。

 

『リチャード二世』の原題は、【 King Richard the Second 】となります。たんに、【 Richard Ⅱ】という表記をする場合もあります。

 

じゃあ、四世が【 the fourth】(4th)で、五世は【 the fifith 】(5th)・・・?

 

と思ったら、同じシェイクスピアに『ヘンリー八世』という戯曲がありました。こちらは、6人と結婚したといわれる悪名高きイギリスの王の物語。

 

『ヘンリー八世』の原題は、【 The Famous History of the Life of King Henry the Eighth 】となります。やはり、【 the eighth 】(8th)で八世をあらわしています。