映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマを通して、もっと映画を好きになれるブログ

『ある愛の詩』あらすじ【身分違いの恋&親の反対!ヒロイン役のアリ・マッグローとは?】

  当サイトにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク

恋愛映画『ある愛の詩』あらすじ【身分違いの恋&親の反対!ヒロイン役のアリ・マッグローとは?】

「愛とは決して後悔しないこと」

 

あまりにも有名な名セリフ。耳から離れないテーマ曲。恋愛映画の金字塔『ある愛の詩』が、BSでテレビ放送されます。

この記事では、映画『ある愛の詩』のあらすじと、ヒロイン役の女優アリ・マッグローについてご紹介します。

映画『ある愛の詩』テレビ放送(2023)はいつ?ピアノ曲のタイトルは?

 『ある愛の詩』は1970年のアメリカ映画。

おぼっちゃまと苦学生。家柄の違う男女が恋に落ちるものの、過酷な試練が待ち受けている恋愛映画です。

映画『ある愛の詩』
原題 Love Story
公開 1970年
ジャンル 恋愛
上映時間 99分
監督 アーサー・ヒラー(『大陸横断超特急』)
音楽 フランシス・レイ(『男と女』『愛と哀しみのボレロ』)
出演 アリ・マッグロー、ライアン・オニール
受賞歴 アカデミー助作曲賞(フランシス・レイ)

哀愁ただようテーマ曲は、「ある愛の詩」(原題:Love Story-Theme)です。数々の映画音楽を手がけたフランシス・レイが、作曲しています。

 『ある愛の詩』のテレビ放送は、2023年12月21日(木)。NHK BS(旧BSプレミアム)の「BSシネマ」にて。
13:00 ~ 14:41

『ある愛の詩』あらすじ【身分違いの恋&親の反対!恋愛映画の泣ける要素満載】

オリバー(ライアン・オニール)は、ハーバード大学で法律を学ぶ通うおぼっちゃま。曽祖父が大学の講堂を寄付したという、名家の出身です。

いっぽう。移民出身のジェニー(アリ・マッグロー)は、貧しい音楽大生。

二人は大学の図書館で知り合い、恋に落ちます。

 

オリバーとジェニーは親たちの反対を押し切って、同棲をはじめます。ジェニーは教師をしながら、学費を出してもらえないオリバーは苦学しながら、新婚生活をスタートさせます。

ところが、オリバーとジェニーが24歳になったある日のこと。子供をもうけたい二人でしたが・・・

▲クリックすると動画が読み込まれます。

ヒロイン役のアリ・マッグローとは?トミーリー・ジョーンズが出演している、ってホント?

『ある愛の詩』でヒロインを演じた女優は、アリ・マッグローです。ニューヨーク州で生まれたアリ・マッグローは、1968年の『ボディガード』で映画デビュー。

 

アクション映画『ゲッタウェイ』(1972)でスティーブ・マックイーンの妻を演じ、実生活でも結婚しています。『ゲッタウェイ』でマッグローが演じたのは、“夫にぶたれたら殴り返す妻”という強烈な役。

 

「妻は夫に黙ってしたがうもの」

という、古い結婚観が変わりつつあった世相を反映しています。

 

アリ・マッグローの女優としての活動は限定的で、

・サム・ペキンパーのアクション映画『コンボイ』(1978)

・大富豪の愛憎劇を描いたドラマ『ダイナスティ』(1981~1989)のゲスト

・ブロードウェイの舞台劇『Festen』(2006)

など、出演作も数えるほどしかありません。

 

また、『ある愛の詩』には、缶コーヒーのBOSSのCMでおなじみのトミーリー・ジョーンズも出演しています。

 

トミーリー・ジョーンズは、オリバーのハーバード大の友だち、ハンクという役。冒頭でタバコをくわえ、トランプ(ポーカー?)をしている学生です。意外にも、ワイルドでハンサム!

 

なお、『ある愛の詩』には続編があります。『続ある愛の詩』(1978)というタイトルで、オリバーの“その後”を描いています。

>> Amazonプライムビデオ『続ある愛の詩』(字幕版)

 

ライアン・オニールはそのまま出演していますが、アリ・マッグローは出てきません。