映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

はてなブログから1年前の記事が届いた!「ふりかえりメール」から学ぶ収益化のヒントとは?

スポンサーリンク

はてなブログから1年前の記事が届いた!「ふりかえりメール」って何?

『はてなブログpro』でブログを開設して2年10カ月目になりますが、はてなブログさんからこんなメールが届いていました。

 

はてなブログから1年前のふり返りメール

 

「ふりかえりメール」とは、何でしょうか?

 

はてなブログの「ふりかえりメール」とは、何?

 

はてなブログを長く運営していると、1年前の同じ時期に投稿した自分の過去記事がピックアップされて送られる事があります。これが、「ふりかえりメール」です。

 

はてなさんの説明によると、

ふりかえりメールは、対象ユーザー様の一部の方にお送りしており、1人のユーザー様が受け取る頻度は最大でも月に1通程度です。

 

とのことです。

 

今回は、1年前の11月頃に投稿した過去記事から3つ、2年前に投稿した記事から3つ、抜粋されて送られてきました。6つの過去記事がたてに並んでいるだけで、それ以上でも以下でもありません。

 

1年前や2年前の過去記事をふり返ると、収益化のために試行錯誤した苦労が思い出されます。失敗をくり返し、右往左往しながら続けてきた負の歴史。

 

当ブログは、有料の『はてなブログpro』で運営しています。運営費は、「proの利用料+独自ドメインの使用料」で、月々1,200円程度。収益化を図るため、Googleアドセンスを運用しています。運営費を回収するのは想像の100倍難しく、書きたいことだけ書いていたら赤字になってしまいます。

 

この記事では、『はてなブログpro』で黒字運営を続けるためにという視点で、過去記事から得た教訓をまとめています。

 

 

収益化は難しい? 賞味期限の短いテレビネタ、ドラマネタ

 

“1年前に投稿していた記事”として送られてきたのは、いずれも朝ドラ『スカーレット』のあらすじ記事でした。

 

1話でも見逃した人のために、各回のあらすじを2~3分で確認できるようにまとめたものです。 記事では、公式さんのTwitterを引用させて頂いていますが、リンク切れを起こしています。

 

www.entafukuzou.com

 

アドセンス収益のカギとなるのが、アクセス数。テレビネタ・ドラマネタは瞬間的にアクセスを集めることはできますが、放送が終われば途端になくなります。賞味期限が短く、現在ではほぼ需要がありません。

 

 

検索エンジンは、アクセスのまったくない記事を“低品質コンテンツ”とみなしますので、鮮度の落ちた記事を100個も200個も抱えておくのはSEO的にはマイナスです。

 

  • 執筆者本人 ⇨ 思い入れがあって「価値がある」コンテンツ
  • 検索エンジン ⇨ アクセスがまったくなければ「低品質」コンテンツ

 

執筆者と検索エンジンで、見解の相違があるのが辛いところ。当ブログでは、定期的に鮮度の落ちたトレンド記事を削除しています。トータル200は消しました。そうやって新陳代謝を図らないと、サイト評価がどんどん下がってゆくからです。

 

この朝ドラ記事を扱う過程では、Googleアップデートを被弾しました。さらにデザインテーマ変更の影響も受け、Wでアクセスの激減を味わっています。

 

【はてなブログ】デザインテーマ変更の罠!アクセスが減ってゆく?

 

 

 

レアケースな映画ネタと、日常の何気ない疑問

 

 “2年前に投稿していた記事”として送られてきたものの中には、当ブログ(=映画ときどき海外ドラマ)のヒット記事もありました。

 

はてなブログ2年前の過去記事からふり返りメール

 

“時間の試練”に耐えうるレアな映画?

 

ひとつがコレ。今でもちょこちょこアクセスがあります。

 

www.entafukuzou.com

 

「日本語吹き替え版が面白い!」

と、映画ファンの間で語り草になっているアクション映画『コマンドー』のセリフをまとめたもの。

 

映画ネタも賞味期限は短め。アクセスがすぐに落ちるので、収益化が難しい分野です。『コマンドー』の公開は1985年。35年という“時間の試練”に耐え、いまなお需要があるのは超レアケースです。

 

映画やドラマを扱う場合は、ファンから愛され続ける作品を見極め、単なるレビューを越えた付加価値をつけないと相当厳しいです。切り口を変えるなり他ジャンルを混ぜるなり工夫しないと、『はてなブログpro』での収益化はまず無理。このジャンルは、広告単価が低いからです。

 

 

収益化のヒント? 何気ない疑問や個人的な経験に、思わぬ需要があった!

 

もうひとつが、コレ。

 

www.entafukuzou.com

 

わたしは浪人時代に英語学習にハマって、語源とか言葉の成り立ちに興味を抱くようになりました。これは、自分が疑問に思ったことを調べて記事にしただけです。戦略や勝算があって書いたわけじゃないのに、いつの間にか主力記事のひとつになっています。

 

実をいうと、こういった何気ない疑問とか、超・個人的な経験みたいなコンテンツが、意外と需要があったりします。

 

 

個人的な経験の例がこちら。いまだにガラケーを使っている私が、ドコモの補償サービスを利用したときの経緯をまとめた記事です。

www.entafukuzou.com

 

 

数うちゃ当たる? 「検索ボリューム」や小手先のテクニックだけでは読めないから、ブログは面白い!

 

「このキーワードにどれだけ需要があるか? 検索エンジンで何回ぐらい検索されるか?」

というように、検索数の多さを示す指標を“検索ボリューム”と呼びます。

 

企業サイトは前もってツールで検索ボリュームを調べて、キーワードを選定しています。とはいえ、個人ブログが企業サイトを真似てもうまくいきません。みんなが書くことばかり記事にしても、ドメインパワー(=検索エンジンからの評価)が低い個人ブログは不利だからです。

 

それよりも、何気ない疑問や、その人ならではの人生経験に思わぬ需要があったりします。自分では当たり前だと思っていることが、他の人からみたら価値ある情報かもしれない・・・ここにこそ、収益化のヒントがあるように思います。